香港から深センへ安く引っ越したい

香港の家の撤退準備をしています。家にある家具とか大きいものは輸送費が高くなるのであきらめて、服とか日用品を深センに送ろうとしてます。まずはクロスボーダーの引越し会社に見積を頼んだところ、ちょっと送るモノの価値に対してコストが高すぎて割に合わなかったのでお断り。次はSF Expressで国際輸送出来ないか聞いたところ、送るモノは税関のため全部インボイスが必要なので引っ越し目的では使えないということで断念。SFはあくまでビジネス向けという感じみたいです。

で、藁にもすがる思いで香港の郵便局に電話したら、今度はインボイスとか必要なくて自分で申告書に何が入ってるか書けばOKという話だったので、試しに段ボール1箱に娘の本やおもちゃを詰めて送ってみました。普通の国際郵便と同じフォームにモノの内容と値段を記入したら送れました。値段も20キロで400香港ドル以下と、SFの見積ツールより3割ほど安かったです。荷物を郵便局に持っていかないといけないのがネックですが、あと3週間ぐらいあるのでコツコツと送っていけば低コストで引っ越し完了できそうです。こういうのは短時間でガッツリやるより時間かけてコツコツやる方が好きなので、この方法は割と良いかもしれません。

さようなら香港

国慶節の連休から深センに行っていましたが、ここ3週間はまさに怒涛の日々でした。家族の健康上の問題が発覚して病院に入院となり、妻の実家からのサポートを受けつつ今はなんとか生活できていますが、香港での今まで通りの生活を続けるのは難しいという判断となりました。

というわけで急転直下で香港から深センに移住することにしました。仕事はとりあえずわたしが行ったり来たりすることで職場から了承を得たので、来月末には香港の家は引き払って妻の実家にひとまずお世話になり、落ち着いたところでまた家を探そうと思っています。

6年半も同じ町に住んだのは実家の埼玉の次に長い記録で、永住権までもう少しという状態で終わらざるを得ないのは無念ではありますが、人生というのは思ったようにはいかないものです。残念な一方で、香港の経済的・政治的プレッシャーからひとまず解放されるので、少しほっとしている自分もいます。というわけで、さようなら香港。