香港から出られない

感染が拡大するヨーロッパやアメリカなど海外からのコロナウイルスの逆輸入を防ぐため、香港政府は中国本土、マカオ、台湾を除く全ての国・地域からの香港への全ての入境者に対して14日間の強制検疫隔離を開始しました。期間は3月19日から6月18日まで、なんと3ヶ月間。14日間の強制検疫ではセンサーの入ったリストバンドを付けられて監視される上に、違反した場合は最高で罰金2.5万香港ドル及び禁錮6カ月の罰則という恐ろしい体制です。

Hong Kong uses electronic wristbands to enforce coronavirus quarantine

一方で中国大陸では3月19日は国内での新規感染者がゼロだったり、現存感染者数も毎日けっこうなペースで減っていて、湖北省以外のほとんどの省は香港よりも数が少ない状況です。ちなみに広東省は人口1億人で現存感染者は約50人に対して、香港は人口700万人で約100人。個人的には娘の幼稚園の手続きとか、しばらくすると深センでの用事が発生するのでなるべく早く香港・深セン間のボーダーを開いて、中国本土からの入境者に対する強制検疫を解いてくれればと思っています。

ラマ島に行ってきた

香港に住み始めてもうすぐ7年経ちますが今さら初めてラマ島に行ってきました。香港らしからぬ高い建物が全くないのんびりした雰囲気の島。ビーチも人が少ないのでほぼプライベート状態で、すぐに気に入りました。色んな人にすすめられていたのに、なぜ今まで来なかったのか不思議でしょうがありません。

ものすごくローカルな雰囲気が漂ってるんですが、実態はそうでもないところが面白いところ。ラマ島は休日にのんびりしに行く場所であると同時に、セントラルからフェリーで30分弱の通勤圏ということで外国人に人気の居住エリアでもあります。昔フランス人の同僚が住んでいたこともありました。かつてラマ島のローカル小学校の子供の半数以上が中国語が喋れないという異常事態が発生したり、実はものすごくインターナショナルな島でもあります。

そういう住民構成もあって、こじんまりとしたローカルな雰囲気の街の中に小さなヨーロッパ風なカフェ・バーやパン屋などがあり、コンビニもスーパーもマクドナルドもスタバもない通りをぶらぶらしていると香港の街の喧騒を忘れてのんびりできます。しばらく香港から出られないので、週末は島めぐりしようと思います。

中国に行けない

コロナウイルスの拡散防止のために次々と各国が対策をしてますが、今度は中国政府が日本人のビザ免除を無期限に停止しました。中国は収束に向かっている状況で、外からウイルスを輸入するわけにはいかないというのは分かりますが、香港の「北海道から来た人に対して14日間の強制検疫」と比べるとかなり大掛かりです。

中国、日本人旅行客のビザなし訪問を一時停止 (写真=AP) :日本経済新聞

わたしは本来の計画なら仕事を含めて香港から深センへ生活拠点を本格的に移行し始めてるところだったんですが、しばらく香港にいるしかない状況となりました。不幸中の幸いで去年の後半と比べると仕事も生活もだいぶ落ち着いているので、しばらく最後の香港生活を楽しんで、今まで香港で行きたかったけど行ってなかった場所とかを制覇しようかなと思います。

北海道に行けない

香港政府が北海道からの渡航者への制限強化を発表しました。

3月14日(土)午前0時より,防疫上の強化措置として,過去14日以内に日本の北海道,フランス・ドイツ・スペインの一部地域及びイタリア全土に滞在歴のあるすべての入境者(香港居民であるか否かを問わない。)に対して、検疫センターに於いて14日間の検疫を実施する。

ということで、ヨーロッパ各地と北海道からの渡航者に対しては強制的な検疫を行うそうですが、検疫センターに一体どれだけのキャパシティがあるんでしょうか。中国本土からの渡航者への強制検疫は始まって1ヶ月以上経ち、香港に住所がない人は検疫センターで検疫すると言ってますが、下記サイトを見ると今でも1日に2000人弱が深セン湾から香港に渡っているので、ほとんどの人は自宅で待機するよう指示されている程度じゃないかと思います。色々な措置の話は聞くものの実際にどう実施されているのかは、やってみないことには実はよく分かりません。

Latest Update | 🤒COVID-19 in HK😷

日本に行けない

日本がコロナウイルスの検疫強化のため、香港含む中国や韓国からの日本への入国制限をはじめました。外国人はビザ停止で入国できなくなり、日本人は14日間隔離されるということです。ひとまず3月末までの処置ですが、延長される可能性もあるということで、ひとまず日本には行けなくなりました。

人の動き滞る世界 新型コロナ、日本は入国制限を発動 (写真=ロイター) :日本経済新聞

中国では湖北省からの人の出入りを制限して6週間が経ち、現存感染者数がどんどん減り始めてる中で、今このアクションは率直に「遅いな」と思いました。むしろ外国から見ると日本はここまで中国や香港ほど極端な制限をかけてこなかったので既に潜在的な感染者がいて、それが一気に国内そして国外に広がるのを恐れていたと思います。なので、どちらかというと日本人への海外への入国制限がさらに強くなる可能性を予想してたので逆を突かれました。

データを見る限り今のペースでいくと3月末には中国の現存感染者数はゼロに近づいてほぼ収束となってると思いますが、そのときには日本の感染者数が激増して入国制限を解いても誰も来ないみたいなことになってる可能性もなきにしもあらずだと思います。

コロナの国外感染と香港の対応

日本や韓国、イタリアでコロナウイルス感染者が増えていることを受けて、香港では今度はこれらの国からの入国者に対して14日間の検疫を勧めるとのことです。中国からの場合と違って今のところ必須ではないですが、感染者数がどこかのタイミングで急激に増えたら入国禁止とか検疫が必須とならないとは言えず、これ以上広がらないで欲しいと思うばかり。自分は特に香港と深センを自由に行き来出来ないと面倒な境遇に置かれてるので、早く収束してほしいところです。

中国及び全世界の感染者数をトラッキングしている中国のサイトを毎日のようにチェックしてますが、今現在コロナウイルス感染と診断されている人の数(現存確診)の数は湖北省中心に1日に2000-3000人というペースで急激に減っていて、このままのペースで行くと3-4週間後ぐらいには中国大陸はほぼ収束となるかもしれません。深センもこの現存確診の数字は既に100を切ってます。

全球新冠病毒最新实时疫情地图

中国が収まったころに他の国で大流行とならないように祈るばかりですが、韓国は数週間前は100人ぐらいだったのが今は一気に4000人越えなので、日本でも賛否両論色々あるようですが、できる限りの予防はしといたほうが良いと思います。個人的には満員電車が一番感染リスクが高いと思うので、企業が在宅勤務を認めたり、これを機にフレキシブルな働き方を発見してもらいたいものです。