香港から脱出する人が増加中

昨日、中国全人代で「香港国家安全法」が制定され、先週から今週にかけて当然のようにまた大規模なデモが発生したりしています。これで一国二制度が2047年を待たずに形骸化して香港が現在の国際金融都市としての地位を失うと色々な懸念が取りだたされています。具体的に何が起こるのかは正直よく分かりませんが、リスクに備えて香港から脱出することを考える香港人が増えているようです。

香港から人材流出加速も 国家安全法に懸念 : 日本経済新聞

実際、外国人(わたし)や中国人(妻)が香港で生活するにあたって今イヤなのはデモであり、こういういざこざによって地元民の対中感情が悪くなって形見が狭くなることです。特に香港が娘を育てる環境としては選びたくない状態になっているのは寂しいことではあり、今の状況ではローカルな学校で地元の子供たちといれば親が中国人だからどうのこうのという話がどこかで出てくる可能性は間違いなくあると思います。

香港人までもが香港脱出を考えるこの時期に香港を離れることになったのは完全に偶然の一致でもともと意図していたわけではないですが、結果的に娘の幼稚園入園のタイミングともピッタリである意味ラッキーだなぁと思っています。

過去7年分の香港での納税証明書をもらってきた

永住権申請の準備で納税証明書をもらってきました。

オンライン(eTAX)でも申請したのですが、結果今年の分しか出てこず過去7年分を申請することは出来なそうだったので、香港永久居民(パーマネントID)取得の条件と手続方法という記事に書かれていた通り、湾仔のInland Revenue Departmentに行って過去7年分の納税証明書が欲しいと伝えると、比較的すんなりともらえました。

前の職場にも連絡して雇用証明をもらえたので、あとは今の職場から雇用証明をもらい、申請書に記入すれば必要な書類は揃ったことになります。「永住権」と聞くと重そうな感じがしますが、必要書類は意外と軽い感じがします。ちなみに申請書に「今後も香港を唯一の居住地として考えている」というような旨があり、本当はもうすぐ香港を離れる予定なんですが、まぁこれはどう考えても形式的のものなのでOKだと思います。

来週には全部書類が揃うので、実際に申請をしてみようと思います。

ビジネス中国語の訓練中

最近、中国語(普通話)でやる仕事が増えています。ほぼ毎日のように深センのお客と中国語で会議したり、契約書や提案書も英中翻訳まで。翻訳にはGoogle Translateと中国人の同僚の助けが欠かせません。一番難しいのは早口で喋る、アクセントが強い、もしくはその両方の人との会議。正直これは時間が解決してくれるのか分かりませんが、何言ってるか分からなくて何度も聞き直すのは気まずいです。

ちょっと大変ですが、深センへの移住に向けてこれは必要な変化として受け止めています。日常生活において中国語で困ることはほぼありませんが、今まで仕事でときどき単発で使うことはあっても何でも中国語でバリバリやっていたわけではないので、今年の後半から来年にかけてはビジネス中国語の能力を磨く期間になりそうです。

深センの雇用契約

深セン移住に向けて待ちに待っていた今の職場との深センでの雇用契約が大体固まってきました。新しい雇用契約書にサイン次第、必要な書類を揃えて就労ビザ申請という流れになりそうです。コロナウイルスでビザの申請も制限されていますが、ビザのサポートを依頼している会社によると、どうやら就労ビザの申請は出来そうな感じです。

まだ詳細は聞いていませんが、おそらく大学の卒業証書とか身体検査とか色んな書類が必要になるので、次のステップは書類集め。香港での永住権申請の件もあるので、今月来月は色んな書類を集めまくることになりそうです。日本から証明取ってくるとかいう話になると時間もかかるしコロナで移動は出来ないので、香港で完結する書類だといいなぁと願っています。

中国が入国規制を緩和開始

中国が入国制限の緩和を進めてるようで、韓国とは5月1日からPCR検査の結果など条件を満たせば中国に入国出来るプロセスを導入したそうです。同じような緩和策を日本にも打診しているそうで、これはわたしにとってはとても良いニュースです。

中国、入国制限緩和探る 日本に打診 「陰性」が条件 (写真=AP) :日本経済新聞

ただ詳細を見てみると対象は「中国にある韓国企業または中国企業」ということで、わたしの場合は働いてる会社が日本企業じゃないので、日本と中国の間に同じような緩和策が出来ても対象外になるかもしれません。同じ条件で行くとフランスと中国の間で緩和策が必要になるのでしょうか。

Fast Track Procedure available for applicable Koreans Entering China for business purpose View|Press ReleasesMinistry of Foreign Affairs, Republic of Korea

一方で上記プレスリリースの中に「今までケース毎に対応していた手続きを一般化した」と書いてあるので、実際にはビザの申請や中国への入国が完全に止まっていたわけでもなさそうです。わたしが申請することになる就労ビザも是非アドホックで対応してほしいと願う限りです。

The ROK and China have generalized the previous ad hoc procedure applicable on a case-by-case basis, which is expected to ensure economic activities of a larger number of Korean enterprises, including small- and medium-sized ones, in China.

もうすぐ永久居民

2020年も早いものでもう5月。わたしの香港での最初の就労ビザが発行されたのが2013年5月で、もうすぐ丸7年が経ちます。コロナの影響で動けなくなったのが幸いして、おそらく問題なく永久居民になれるのではないかと思います。将来どれだけ役に立つか分かりませんが、香港生まれの娘と同じステータスになれるし、香港生活のおわりに、このちょっとクレイジーな街でそこそこ頑張ったという証になる意味では良かったと思います。

まだちょっと早いのですが必要な書類など調べ始めてます。下記Immigration Departmentのサイトを見ていると、いくつか7年間の居住を証明する書類がいるようです。Income tax receiptはこのあいだ始めて使ったeTaxのサービスから申請出来たのでとりあえず申請しておきました。あと比較的簡単そうなのはemployment proofでしょうか。必須なのか分かりませんが、前の職場に連絡して証明をもらっておいてもよいかもしれません。ちょっとウェブや他のブログなんかで必要な情報や書類について引き続き調べてみようと思います。

(d) Non-Chinese citizen resident in Hong Kong for not less than 7 years
  • Proof of 7 years continuous ordinary residence in Hong Kong immediately before the date of the application for permanent resident status, such as school documents, employment proof, official receipts, bank statements or income tax receipts
  • Travel document showing entry to Hong Kong and the applicant’s current condition of stay in the HKSAR

Apply for Right of Abode in Hong Kong | Immigration Department

深センに引っ越したらやりたいこと

深セン移住計画停滞中で、ちょっと宙ぶらりんな状態が続いていますが、気持ちは既に深センでの新生活にあり、妻と一緒に引っ越したら今まで出来なかったアレやコレをしたいなぁという妄想を膨らませて過ごしています。香港から深センに移るにあたって生活面での一番大きな変化は、住居スペースがまず間違いなく広くなること。主に香港の極小住居スペースのせいで諦めていたことをやりたいなぁと思ってます。

例えばキッチン。コロナの影響で家にいる時間が長くなったことで、料理で時間を潰しつつ家で美味しいものを食べるのがマイブームですが、深センに引っ越したらキッチン環境が大幅改善されるのは間違いなく、欲しかったけど置くスペースがなかった調理器具とか揃えて色々作りたいです。

あとは楽器。香港では家に楽器を置くスペースがなかったですが、深センではギターや、もう少し娘が大きくなったらピアノとか習わせて家に電子ピアノでも置いて遊びたいなぁと思っています。前使っていた中古ギターはほぼ壊れてたので香港から一時撤退するときに処分したため、深センに引っ越したら新しいギターを買おうとタオバオでリサーチしてます。

最後はゴルフ。娘が入園予定になっている幼稚園のそばにゴルフ場があるので、その近くに住んでゴルフを再開する予定です。幼稚園でもゴルフを教えてくれるらしいので、娘が大きくなったら一緒に遊べるという魅力的な遊びの選択肢です。ゴルフクラブはわざわざ年末日本で買って深センに持っていったのに、直後にコロナ直撃で全く練習出来ていないという悲しい状況です。

こう考えてみると、やりたいことのほとんどは学生時代から趣味にしていたことばかりです。逆に言うと大学を出て働き始めた頃から増えた趣味とか活動はほぼ皆無。自分がそうだったというだけで一概には言えませんが、娘も小さい好奇心の塊のうちに色々試してやらせてみると、そのうち1つぐらいは生涯ずっと楽しめるんじゃないかと思っています。とか言いつつ自分の好きなことを幼少期に子供に刷り込んで大きくなったら一緒に遊びたいだけという気もしますが。