「人新世の資本論」読了

家族に勧められて人新世の「資本論」 (集英社新書)という本を読みました。マルクスの資本論は聞いたことあるけど「人新世」ってどういう意味、そもそも読み方わからないっていうレベルの理解から読みました。この言葉の意味は本を読めば分かるとして、内容は圧巻というか、若い日本人の学者でこんなモノを書ける人がいるんだということにまず驚きました。膨大な研究から新しいアイデアを分かりやすい形で伝えるのは、読んでいる感じとしては欧米の学者が書いたモノに近いです。

読みながら思い出したのは、ちょっと前に読んだホモサピエンス全史。人類が自ら生み出した農耕技術によって逆に苦しめられているという分析は資本主義と通じるところがあります。種としてのホモサピエンスは農業革命や資本主義によってその数を膨大に増やし、それは遺伝子レベルでは繁栄したと言えるのかもしれませんが、一方で個体の幸福は損なわれさらに昨今は環境破壊によって持続可能性が脅かされるに至っています。

この本の根本にあるのは資本主義への強い批判ですが、新自由主義がキツいというのは自分も香港生活7年でけっこう身に沁みていて、全ての人に共通で必要なものを資本主義に任せるとどうなるのかというのは香港が体現しています。例えば香港ではカネがあるかないかで受けられる医療のレベルが大きく変わります。妻が1年半ほど前から使っている薬は深センでは公的医療保険の対象で、香港で同じモノを使うと10倍のコストがかかります。金持ちによる投資が集中する香港で住居が異常に高いのは知っての通り。医療や住居、水、電気、化石燃料といった生活に必要な共通の資源を資本主義に任せてはいけないというのは完全に同意します。

一方、本の中でGAFAやウーバー、Airbnbも「コモン」として共同管理すべしと書いてあって、これはイマイチどうやるのか想像も付きませんでした。従業員かユーザーが民主的に管理するとして、こういうグローバル企業は軽く数万人という従業員と何億というユーザーがいるわけで、その意見をどうまとめるのか。さらに仮に民主的に管理できたとしてもグローバル企業で働く人達が必ずしも皆環境の持続可能性を優先するわけではなく、ビジネスを伸ばして給料を増やしたいという短期的な視点で決断をする可能性も十分あります。このあたりは啓蒙活動で世論を作っていくしかないんでしょうが、コモンの民主的管理=脱成長・環境保護という風に一筋縄には行かないんじゃないかと思いました。

世界の民主主義国家が衆愚政治に陥ってしまうのを見るにあたり、それがコモンの民主的管理にも起こらないとは言えるのか。民主主義国家が自国の短期的利益のために争っているのと同じようなことが、コモンの管理においても起こり得るんじゃないか。民主的な決定をできるようになったととして、そのときに民が何を優先するかが重要で、その理解とレベルを引き上げていくことが大きな課題だと思います。

とても勉強になったと思いつつも、経済モデルの転換という大きすぎる話題の前に何が出来るのか分かりませんが、この本にある通り身の回りの出来ることからやっていくしかないのかなと思います。わたしはまさにGAFAのパートナーとして資本主義ドップリの世界で働いていて疲れるので、有機栽培とかして自給自足したいです。

 

深センでテスラModel 3初充電とコスト

先週納車したばかりのテスラModel 3に初めて充電してみました。今住んでいる場所の駐車場には自分用の充電器を設置することは出来ないのですが「绿侠充电」という電動車充電サービスの充電器があるので充電スタンドを探す必要はなく便利。WeChatのミニプログラムで操作して充電します。

電池残量約10%(航続距離残り40km)で充電を開始して容量の90% (航続距離380km)まで、44キロワットの充電にかかった時間は13時間で、費用は81.5元(約1300円)でした。340キロ分充電して1300円ということで、1キロあたり3.82円。1万km走って3.8万。これは日本のシュミレーションですが、ガソリン車(カローラ)だと1万kmで14万円以上ということで、費用は3分の1以下。

ちなみにWikipediaによると中国の電気の65%は石炭発電なので対して環境に優しくはないですが、コストの面で優れているのは間違いないようです。テスラの車体に太陽光発電パネルを載せて充電しながら走ればより持続可能なクリーンな車になるのにと思いました。

充電13時間は長いですが、テスラ公式サイトによると電池の寿命を延ばすには残量40%ぐらいになったら90%まで充電するのが良く、さらにスーパーチャージャーは速いですが電池の寿命を縮めるので必要な時だけ使うべしとのことです。40%(航続距離残り150kmぐらい)から充電を始めればおそらく8時間ぐらいで90%に達すると思います。

 

深センでテスラModel 3納車

旧正月休暇の最終日にテスラModel 3の納車がありました。蛇口にある受け渡しセンターに義弟と一緒に行って新車を運転して帰り、車を買った実感がやっと湧いてきました。

試乗以外では初めての電動車。ガソリン車の運転との大きな違いはブレーキだと思います。たいていの電動車にはアクセルを踏まないと減速して電力をバッテリーに戻す「回生ブレーキ」というのがついていて、ガソリン車の感覚である程度速度がついた時にアクセルから足を離すとぐっと減速します。特に駐車場の入り口でゆっくり走りつつ門の直前で止まるみたいな状況ではガソリン車に慣れてるとアクセル踏めなくて減速しすぎたりします。アクセルを離すとブレーキが効くので、慣れればほぼペダルを踏み変えることなくアクセルだけで運転できるようになり、ブレーキを使うのは完全に停車する時か急減速する時のみです。日産の新しい電動車はアクセルを踏まないでいると完全に停車する仕様になっているらしく、完全なワンペダルドライブが可能になるそうです。テスラは一応クリープするので完全に停止はしません。

自動運転補助も試してみました。速度と周囲の車との距離を保ちつつ車線に沿って自走し、ウインカーを出すだけで車線変更までこなします。カーブは速度を落としてハンドルを切るタイミングが自分の感覚と違うため若干怖いですが、高速の直線と渋滞時では渋滞中や高速では相当便利です。

テスラは完全自動運転も技術的には既に出来ると言っていて、実際私が買ったModel 3もソフトウェアアップデートで完全自動運転出来るハードウェアスペックを備えてます。正直それはまだちょっと怖いなあと思いつつも、深センでは実は既に中国企業の自動運転無人バスが試験運転されてたりするので、将来的には中国でも使えるようになるかもしれません。自分は特に運転が好きでも上手いわけでもないので、自動で安全に走ってくれるならそれに越したことはありません。

旧正月休暇終了

旧正月で1週間休暇でした。もともと旧正月は旅行名所はどこも混んでるのでどこにも行きたくないのですが、今年はコロナウイルスの感染防止のため幼稚園からなるべく深センから出ないようにとのお達しがあったこともあり、ずっと深センで今住んでいる区にいてひたすら暴飲暴食、芝生でゆったりピクニックを繰り返してました。

ゴルフ場の近くに住んでいて、近所に自由に入れるゴルフコースのメンテナンスが施された芝生の広場があるので、天気も良くてやることなかったので物凄く重宝しました。芝生で遠くまで見渡せるので娘は自由に走り回り、親は日光浴を楽しみつつ、わたしはゴルフウェッジを持っていって短い距離のアプローチ練習をしたりしてました。

平和な休暇もすぐに終わり、今日から出勤。また要求の多い中国のクライアントとの戦いの日々が始まります。4月ぐらいまでは大きめなプロジェクトが決まっていて結構忙しい予定。休み明けでちょっとまだやる気が出ませんが、早くスイッチを入れ替えて頑張ろうと思います。

社保卡GET

去年深センへの移住と共に中国の社会保障制度に加入しましたが、今日銀行に行って社保卡と呼ばれるカードをもらってきました。病院に行った時にコレがあると自己負担額が下がるので日本の健康保険証のような感じですが、同時に社会保障カードは色々な金融サービスと一体となっていて見た目は写真つきの銀行のカード、普通の銀行口座としての機能もあるため銀行に取りに行ってきたところです。

もともと中国の医療費は全体的に低いのですが、このカードがあるとさらに自己負担が下がり、香港時代のように強めの風邪薬をもらうために日本円にして5-6000円も払うことはありません。最近病院にかかってないですが、ただの風邪程度なら下手したら10分の1ぐらいで済むかもしれません。もちろん今はコロナで医者にかかるのも面倒なので多少の風邪なら市販の薬でなんとかしますが、一応安心です。

ちなみに車を買うのに頭を悩まされたナンバープレートについては外国人は2年以上社会保障に加入してないと自分の名前でナンバープレートを取ることは出来ない制限があります。既に妻の家族の名義を使って電気自動車のプレートを取る段取りになっているのであまり意味はないのですが、なので順調にいけば2022年末頃にはその資格を得て、家族のメンバーがさらに車を買うとなれば名義を変えるのは比較的簡単みたいです。

ボクシングしてきた

すごい隣人に会ったので、ボクシングのトライアルクラスに参加してきました。感想としては、予想していたよりも地味で、かつキツかったです。例えば教えてもらったボクシングの基本動作では踵を浮かせた状態で小幅でステップを踏みます。そのステップでひたすら前進を3分1セットで5セットぐらいやりましたが、2セット目ぐらいで太ももとふくらはぎの筋肉が悲鳴を上げ、左足のステップと同時に左ジャブを出し続けるメニューでは左の肩が焼けるようでした。

ボクシングはほぼ全身の筋肉を鍛えられるし、これを機にちゃんとフィジカルを鍛え直しておけば次の10年をバリバリ運動してアクティブに過ごせるかもしれません。昔フルマラソンを走った後遺症の右膝がずっと治らず、昨日も縄跳びメニューでちょっと痛みがあったのが不安材料なんですが、すごい隣人はスポーツ医学のPhDでリハビリは得意分野らしいです。想像よりキツくて怠け者でやりたくない自分もいますが、これはやった方がいいような気がしています。