中国のバスアプリ「車来了」がすごい

深センでも働くようになり通勤のためバスに乗ってるんですが、妻の妹に教えてもらった「車来了」というアプリがすごいです。ルート検索はもちろんのこと乗りたいバスがリアルタイムでどこにいてあと何分で着くか教えてくれたり、乗った後は降りる駅の近くに来たら通知が出るようにしたりも出来ます。どのバスに乗ればいいか、いつバスが来るか分かるし、降りる駅もはっきり分かるので初めて行く場所にでも不安なくバスで行けます。スマホにどんどん中国アプリが増えていっています。

「Nova Launcher」にハマる

同僚のスマホのホーム画面が普通のスマホの画面とは一味違ったカッコいいミニマルなデザインだったので、どうやったのか聞いてみました。Androidスマホのホーム画面のカスタマイズアプリ「Nova Launcher」というのを使ってカスタマイズしたもので、自分もさっそくダウンロードしてやってみました。

Nova Launcherの機能は山ほどありますが、別の人が作ったアプリのアイコンをダウンロードして使えるのが、見た目の面では一番大きな変化になると思います。わたしがいくつか試してみて一番良いと思ったアイコンパックが「Whicons – White Icon Pack」です。

アイコンパックによってはFacebookやUberなどユーザーが多いアイコンだけ独自デザインで他はデフォルトのままというものもあるんですが、Whiconsは全てのアイコンが白と灰色のミニマルデザインになります。ホーム画面を暗くした白黒写真にして白いアプリを並べると、白黒のみで構成されたシンプルで異常にカッコいいデザインになりました。カラフルなアイコンがたくさん並んだホーム画面が好きじゃなかったので、とても気に入っています。

他にもアプリが使いやすくなる機能がたくさんあり、色々な機能に関連するYouTubeビデオやブログも山ほどあるので詳細はそちらに譲りますが、Androidユーザーには間違いなくお勧めのアプリです。

香港版スキルマッチングアプリ「Hello Toby」

日本のスキルマッチングアプリ「Anytimes」とほぼ同じコンセプトの香港版コミュニティマーケットプレイス「HelloToby」を見つけました。家事代行とか子守、語学やヨガの先生まで見つけられます。子守はいつも頼みたいと思いつつ、なかなか手を出せず、他人に子供を預けるのはやっぱり気が引きます。うちはヘルパーなしなので、疲れたとき家事代行を頼みたいです。あとバイトで日本語の先生でもして小遣い稼ぎたいです。

HelloToby | Hire Freelancers and Local Service Businesses in Hong Kong| HelloToby

ビジネス向けPayMeが来る

ユーザー数が100万人を超え、香港での個人間の送金ではかなり浸透してきた感のあるPayMe。わたしも時々同僚にランチ代を払うときに使ってますが、ビジネス向けのサービスがもうすぐリリースされるみたいです。

PayMe for Business

リリース後3ヶ月は無料で、その後は取引額の1.5%課金。クレジットカード決済よりは安いですが、オクトパスとは同じ課金率です。オクトパスは少額決済だと繰り上げて1ドル課金されるらしいので多少は価格競争力ありですが、払う側はオクトパス慣れてるしアプリ立ち上げる必要もないので、払える場所を増やせない限りビジネス向けPayMeは微妙な気がします。

個人的にはどうにかタクシー会社を巻き込んでキャッシュレス化して欲しいです。

日本のスキルマッチングアプリ「Anytimes」が香港に来るかも

日本のスキルマッチングアプリ「Anytimes」の創業者の記事がうちの会社が入っているコワーキングスペースのサイトに上がってました。試しにアプリを落としてみましたが、まだ海外対応はしてないみたいでした。なぜここに記事が乗ってたのか謎ですが、海外展開を見据えてとりあえずコワーキングスペースで働いてるんでしょうか。

アプリの中はどこかで見たことあるクラウドソーシング的なあれですが、サービスの内容が「掃除します」とか「子供預かります」とか生活に近いところにフォーカスした感じ。「愚痴聞きます」とか色々なサービスがあって見てるとけっこう面白いです。

香港展開されたら、ニッチなニーズはある気がします。うちみたいにフルタイムのヘルパーは雇いたくないけどたまに手伝ってほしいとか、香港にいる日本人が子供預けるなら日本人の方が安心だとか、子供に日本語教えますとか。香港に来たら是非使ってみたいです。

「Tasteout」のプロモーションがすごい件

以前紹介したテイクアウトのアプリ「Tasteout」のThanks Givingプロモーションがスゴイです。12月3日まで、どのレストランでも1食39香港ドル。とにかく安いので今週すでに2日続けて使っています。このアプリの会社はユーザー獲得のために金をバラまきまくっててスゴイです。

Tasteout | Best Meals Around

香港の家計簿アプリ「Planto」

家計簿アプリと言えば日本ではマネーフォワードが人気ですが、香港にもついに同じようなアプリが登場しました。銀行やクレジットカードの口座と連携するとデータをとってきて、自動で仕分けして毎月の支出をカテゴリーごとに出してくれます。

Planto | Plan and Live the life you want

さっそく試してみたところ、かなりスムーズに動きました。今までマニュアルでざっくり総額だけ見ていたんですが、自動だし可視化されるのは面白いです。そして家賃が占める割合の大きさに改めて悲しさを感じました。いまのところ月単位で見る分には良いですが、特に年末は支出がかさむので将来的には年間とかもっと長いスパンで見たくなりそうな気がします。

ランチ代が節約できるアプリ「Tasteout」

同僚にランチ代が節約できるアプリを教えてもらいました。テイクアウトを買って食べることが多い人にはオススメです。面白いのはユーザーあたり1日1回しかオーダーできない設計になっていて、どの店から頼んでも1食56香港ドル均一という統一された価格設定。さらに有効期間30日で3食とか10食分まとめて買うと、1食あたり50ドル以下まで安くなります。ちなみに、いつまで使えるのか分かりませんが「CAMPFIRE」というクーポンコードを使うと、最初のオーダーが22香港ドル(約300円)になります。

Tasteout | Save on Every Takeaway

香港で無料でW杯が見られるサイトとアプリ

同僚に無料でW杯が見られるサイトを教えてもらいました。TVCatchup – Channelsというイギリスのテレビが見られるサイトでW杯の試合は「BBC one」か「itv」で見られます。全試合放送していて、わたしはまだ試してないですが同僚によるとかなりスムーズだそうです。

ちなみにアプリもあって、ここからダウンロード出来ます。夜遅い時間に放送の試合はコレで見ようと思います。

追記:日本ーセネガル戦をコレで観戦しましたが、後半は特に頻繁に映像が止まったり同じ映像を繰り返したりしてイマイチでした。どうしても見たい試合を観るときはあまりオススメできないかもしれません。