もうすぐ夏

気づいたらもう4月。2021年も4分の1が終わりました。もう深センはほぼ夏で、日中30度を超える日も珍しくありません。5月には本格的に暑くなってプール開きになるので、外で遊ぶ=プールという季節に突入し、それが半年続きます。家の近所に屋外プールがいくつもあるんですが、去年深センに移住してきて隔離が開けたのが9月末でちょうどプールの季節を逃していたため、プール開きが楽しみです。

今はまだ屋外のプールは空いてないのですが、3連休で暇だったので家から車で20分ぐらいのところに屋内温室プールを見つけて昨日行ってみました。あまり広くはないですが子供を遊ばせてちょっと泳ぐぐらいなら十分。人も少なくて穴場でした。ついでに大きい子供のプレイエリアもあって、結果としてプールと合わせて半日そこで遊んでました。娘はプールとプレイエリアで身体を動かしまくり、疲れたのか夜はコロッと寝てました。3連休でしっかり運動して遊んで、だいぶリフレッシュ出来ました。

現地採用はやめとけ?

ちょっとドキッとする現地採用に関する記事を発見。内容を読んでみると、正確には自分も経験した「日系企業の現地採用はやめとけ」です。

『現地採用やめとけ』がやっぱり正しい5つの理由

給料が低いとか、キャリアパスがないとか、社会保証がないとか、それは事実なので否定はしませんが、実はTwitterとかよく見てみるとこの筆者自身も元は現地採用で働いた経験があって、現地でスキルやら何やら身につけつつ今は駐在員になったという人なので、やめとけといいつつ、そこからうまく行ったパターンです。

わたしも日系現地採用で働きながら現地で必要なスキルや学位を得て、転職して欧米企業の現地法人でにわかマネージャーとして働いてそこそこに暮らしていますが、日系現地採用という参入障壁の低い場所がなければそもそも海外の労働市場に入り込むことすら出来なかったわけです。

なので「日系企業の現地採用はやめとけ」は一般論としては正しいですが、その先に現地での転職に必要なスキルと永住権を取り、日系企業以外の現地の労働市場に参入できる状態になるためのステップとしてはありがたい存在とも言えます。もちろんそういうスキルとか経験が全く得られないブラックな職場も世の中にはあるでしょうが、そこは自分の目利きと運がモノを言います。

自分の場合は海外で最初に就職した日系現地法人が珍しく駐在員のいないローカライズされた拠点だったことに魅力を感じて入社しましたが、その勘はある意味正しく、当時の香港人社長が色々な仕事と役割をアサインしてくれたおかげで今があると言っても過言ではありません。というわけで、上記の通り現地採用は短期的にはキツイことが多いですが、中・長期的にどう転ぶかはその人の能力や運次第だと思います。

妻がバイトはじめました

妻が近所の中学生に英語を教える家庭教師のバイトを始めました。妻の妹がほぼフリーランスの家庭教師として生計を立てていて、スケジュール上引き受けられない子供を妻に回してくれたのでした。英語を教えた経験はないけどイギリスに5年留学してた経験があれば何とかなるだろうと。

妻にとっては娘を妊娠して以来初めて自分で稼いだ収入。金額の多寡よりも自分でお金を稼ぐことは達成感とか自己肯定感を得るという意味でも良いと思います。娘が幼稚園に通い始めて手がかからなくなり始めてどこかで働くことも考えていたみたいですが、フルタイムは厳しいので家庭教師のバイトはうってつけです。

わたしも将来セミリタイヤしたら半分趣味で英語、中国語、日本語の多言語教師として日銭を稼ぐのも悪くないなと妄想してました。ただ誰かに英語か中国語を教えるなら自分が外国語として学んだ経験があるのでそこそこ自信ありますが、日本語は母語として勝手に身についている部分がほとんどで、言語として体系的に学んでいないので教えるのは相当難しく、たまに日本語を学んでいる人に日本語の文法の質問を受けるとほぼ正確に答えられません。

香港が大規模ワクチンプログラム開始

香港がついに大規模なワクチンプログラムを開始しました。今まで医療関係者や高齢者などに限られていた対象者が30歳以上に大幅に下げられて550万人が対象となるそうです。香港の人口の8割近い数なので、ちゃんとワクチンの効果があれば香港は集団免疫獲得ということになります。

Coronavirus: Hong Kong expands vaccines to 5.5 million people, while experts find no evidence directly linking Sinovac jabs to seven deaths | South China Morning Post

ドバイは人口が少なくて大部分の人口にワクチンを打ち終わり、海外から飛行機で行って陰性証明があれば着いてから隔離がいらない数少ない都市の一つになってますが、国際都市である香港もそういう地域の1つになっていきたいのは間違いないと思います。大部分の人に打ち終わればまずは中国との往来は簡単になる見込みで、6月頃には広東省と香港間の往来は隔離がなくなるとの噂も出ています。

わたしも家族も一応香港居民なので予約して行けば打てるわけですが、今のところ隔離措置も変化がないのでしばらく様子見ですが、隔離がなくなればワクチン打ちに香港行っても良いかなと思ってます。ただ、今各国間で作ろうとしてるワクチンパスポートでは打ったワクチンの種類によって扱いが変わるはずなので、出来ることならシノバックなど中国製よりも早く国際的に認知されるであろうファイザーとか欧米企業のワクチンを打ちたいところです。

ちなみにワクチン接種の予約はここから出来るみたいで、香港にいる同僚の中にも打つ人が出始めています。

COVID-19 Vaccination Programme – Booking System

初めて朝活してみた

週1回のボクシングを始めたことでガッツリ運動すると頭がスッキリして良いということを今更ながら痛感し、朝活してみました。いつもより45分ほど早く起きて、自転車に乗って家の周りを疾走。家の周りはゴルフ場で信号が一つもなく、朝6時はまだちょっと薄暗かったですが車も走ってないので非常に快適でした。

初回ということでお手柔らかに20分ちょい、約6キロほど走って家に帰り、当然のことながら朝食のときにはもう完全にスイッチが入った状態に。娘の生活リズムに合わせて早く寝るので夜は時間もなければ気力もないですが、朝イチなら元気だし日中もエネルギーが増す感じがして朝活は最高です。今後ちょくちょくやろうと思います。

子供が言語を認識するとき

娘が最近「言語」という概念を理解したらしく、ときどき中国語で「コレ○○語で何ていうの?」と聞いてきます。娘は2歳ぐらいから相手によって中国語、英語、日本語を使い分けてましたが、4歳になった今は「世の中には複数の言語がある」ことを理解し、かつ「自分は今何語を話しているのか」ということを意識出来るようなったようです。

中英バイリンガルで日によって習う言語が違う幼稚園に通い始めたこともあって、今日は英語の日、明日は中国語の日という感じで日常的に言語を意識することが多い特殊な環境にいることも手伝っていると思いますが、4歳で理解出来るもんなんだなぁとちょっと関心しました。相変わらず日本語の維持のための施策が足りてないですが、来年からは毎週土曜日の日本語クラスに入れる年齢になるので、入れるようになったらすぐ入れようと思います。

朝活で運動したい

土曜日は先週雨で流れたボクシングのクラスに行ってきました。先生の家のルーフトップでやってるので雨が降ると中止になるのです。ガッツリ90分間運動して汗を流したら、先週仕事が忙しくてモヤモヤしてた頭がスカッとしました。筋肉痛が収まったら週の中頃にも1回ぐらい運動日を入れたくなってきました。通勤時間が長く夜は娘と一緒に9時過ぎにはベッドで横になってる生活を送ってるので、朝6時頃起きて運動するのが一番現実的な感じ。今はむしろ毎日9時間ぐらい寝ていて睡眠時間は十分なので、行ける気がします。

膝に不安があるので走るのはまだちょっと怖いですが、膝に優しい自転車で近所を走るか。あるいは縄跳びか。ボクシングのクラスのウォームアップに縄跳びするんですが、5分1セットを3回程度でも結構汗が出ます。縄跳びは走るよりちょっと軽いぐらいの負荷で上半身とか体幹を鍛えるのにも良いみたいです。今年はもう30代も後半に入り何もしないとどんどん衰えてくる頃だと思うので、身体を鍛え直していこうと思ってます。

また昇進と採用完了

2年前に昇進したばかりだったのですが、今年1月からまた昇進しました。これは香港から深センに異動するにあたって、サラリーグリッドが違う(中国の方が低い)ため、収入が下がらないようにという配慮をしてもらった結果。ちょうど異動の話をしているときに以前深センで同じポジションにいた人が辞めたので、その方向で進めると言われていたので驚きはなかったですが、その通りになってホッとしました。

ちなみにタイトルは変わるものの仕事の内容はほとんど変化なし。変わるのは評価の比重が今までよりも売上とマネジメント部分が増えてプロジェクト部分が減ること。売るのとマネジメントはあんまり自信ないのでちょっとプレッシャーや不安もありますが、まあせっかく昇進させてもらったので一先ず頑張ろうと思います。

さらに新しく部下となるコンサルタントの採用活動をしていたのですが、無事に採用が決まって今週から総勢4人のオフィスになりました。新しく入社したのはアメリカ帰りの新卒で年齢が一回り下の若者。去年9月は2人だったのが倍になり、嬉しいです。深センのオフィスでは自分は一番年上でシニアになってしまったので、小さいながらも一応オフィスの長という形になりました。

忙しい日々

最近仕事が忙しく更新頻度が減っています。年末に決まったプロジェクトがなかなか大変で、3月末頃まではこの忙しさが続きそうな状況。旧正月休みが明けてから1ヶ月も経っていないのに、早くも休みたくなってます。仕事量が多いので車で通勤することで通勤時間を短縮して、なんとか働く時間を伸ばしています。

4月頃にはこのプロジェクトも落ち着いて、だいぶ暖かくなっているだろうから、前に妹の結婚式で行った惠州のビーチにでも行こうかなと思ってます。あと一緒に回る人がいないのが難点ですが、久しぶりにゴルフのラウンドもしたいところです。ゴルフラウンドは必ず平日に有給使ってやると決めているので、これも4月かなぁと思います。

運動週末

先週末はよく運動しました。土曜日の朝は最近習い始めたボクシングのクラス。日曜日は昼間芝生でゴルフのアプローチを打ち、午後は家族とバドミントン。ボクシングは週1ですが運動強度が高く有酸素だけでなく筋トレにもなって、眠っていた運動神経と細胞が徐々に起き始めている感じがします。ずっと運動しないでいると動きたくなくなりますが、定期的にある程度強度のある運動を始めると不思議なものでもっと動きたいという欲が出てきます。

週末運動すると週の前半は筋肉痛ですが、これも徐々に改善してくるはず。慣れてきたら朝活で出勤前に軽く走ってみるのも良いかもしれません。深センはもうすぐ暑くなってくるので、4月か5月には近所のプールで水泳も出来るようになります。今年は30代も後半に入りますが、膝の状態も含めてフィジカル・コンディションをマラソン走った時のレベルまで戻したいところです。