ワクチン事情考察

このあいだ親戚とコロナウイルスのワクチンについて喋っていました。

2021年6月現在アメリカではワクチンの接種率が4割を超えてますが、新規感染者の数はピークからは大分落ち着いたもののまだ毎日1.5 – 2万人います。一方各州もう行動制限などは緩めていて、ほぼコロナ収束に近い雰囲気です。日本はというと最近大規模にワクチン接種が始まったばかりで接種率は10%ちょい、感染者数も減り始めましたがまだ毎日1000人以上という状態です。ただワクチン接種はおそらく今年中には完了するだろうし、感染者数の数字はアメリカなどと同様にワクチン接種が進むにつれ改善していくことがほぼ確実です。

一方の中国。現在8億回以上のワクチンが投与されていて日本よりよっぽど接種率は高く新規感染者数も少ないですが、この間広東省で新規感染者が10-20件ほで出たことを受けて大規模なPCR検査したり、コロナウイルス感染の再拡大に対する警戒は全く緩めていません。

新規感染者は多いのに警戒を解いているアメリカ、感染者少ないのに警戒を解かない中国の違いはどこから来ているのかというと、それはワクチンに対する信頼度の違いかと思います。中国産の不活性ワクチンの有効度は50%とも言われており、全国民が接種を終えてもまだ集団免疫を獲得するに至らない可能性もあります。一方アメリカと欧州のワクチンは90%程度の有効度があるという結果もあり、アメリカやヨーロッパ、そして日本の政府はこの信頼度の高さを背景に制限を緩める方向に進んでいくと思います。

中国製ワクチンは「効果小さい」

今後の展開としてG7でワクチンパスポートについて協議されたというニュースもあったように、欧米製の有効度の高いワクチンを打った国同士で往来が再開したり国境を跨いで移動しやすい環境になっていくと思いますが、問題はそこに中国が入れるのかどうか。個人的に困るシナリオとしては来年あたりに各国でワクチンが打ち終わって制限を緩めるなか中国が取り残されて、いつまで経っても制限を取り払えない状態になることです。

英国、G7首脳会議でワクチンパスポート構築を呼びかけへ

将来的により有効度が高いワクチンが確立されたとしても中国は人口が多いだけに普及するまで時間がかかるし、中国はとにかくコロナへの警戒心が半端ではないので、ちょっと心配です。中国のいわゆる「ゼロコロナ」を目指す対策は初期は完璧に機能しましたが、徹底的に抑え込んだだけに制限を緩めるとなるとどう緩めていいのか分からないという状況になりつつある気がしています。

PCR検査受けてきた

大規模PCR検査が開始され、早速家族で行ってきました。各地域に検査のための簡易施設が設置され、3日間朝9時から夜12時までやっていて、自分の地域では予約は必要もなく直接現場に行って並んで検査を受ける形でした。もちろん無料です。

比較的空いてるんじゃないかということで遅めに夜9時ごろに行ったんですが、まだ結構な人がいました。運良く子供連れ用の優先レーンがあったのでほとんど並ばずに10分程度で終了。結果は直接WeChatアプリの小程序「健康码」にアップデートされるようです。

ちなみに今深センではショッピングモールや病院など建物の中に入るときには「健康码」を表示する必要があり、噂によると検査を受けていないとこの「健康码」に検査してないと表示されて行動が制限される可能性があるそうです。とういことで検査を受けなかった場合の明確な罰則は書かれてないものの、半強制的な検査ということになってるようです。

中国の人は自由であんまりルールに従わないイメージもありますが、ことコロナに関しては中国政府の対策でウイルスの抑え込みがうまくいってることもあり基本的に協力的な印象で、今回の大規模PCR検査に対してもネガティブなことを言っている人には会ったことがなく、職場の同僚も全員サクッと終わらせてました。

もうすぐ娘の夏休みにも突入し7-8月のどこかで中国国内旅行にでも出かけようという話をしていたので、是非ウイルスの拡大を防いで来月あたりには状況が落ち着いていて欲しいものです。

大規模PCR検査

広州でコロナ陽性者が出て複数の区がほぼロックダウン状態になり、感染源が特定出来ないということで広州と深セン、中山など周辺地域に住む全員を対象にPCR検査を実施するそうです。うちの社区からも連絡があり、3日以内に指定の場所で検査を受けるようにと通知がありました。

数千万人という規模で一斉にPCR検査をやるというのは前代未聞なんじゃないかと思います。もともとPCR検査の精度には限界があり、大規模にやると必ず偽陽性が一定数出てくるので効果を疑問視されてたりもしたんですが、現状の感染具合を把握して抑え込むためには必要と判断したのだと思います。

こんなことが出来るのが凄いし、徹底してるなーと関心しました。これだけの規模になると現場はそうとう混むだろうし混乱もあると思いますが、数日のうちに検査を受けてこようと思います。

どのワクチン打つか問題

深センではコロナのワクチンが外国人含め誰でも打てるようになってしばらく経ち、身の回りでも接種したという話をよく聞くようになりましたが、なんと深センは広東省でワクチン接種率のトップランナーで既に半分以上の人が接種したそうです。

深センの新型コロナワクチン接種数は1,000万回突破ー接種率は53.5%

すでに700万人以上の住民が接種済みで1日に40万本以上打つキャパがあるということで、あと1ヶ月もあればほぼ大多数に行き渡る見込みかと思います。都市によっては自分含めワクチン接種に腰が重い人を動かそうと「ワクチン打ったら粗品プレゼント」みたいなことをしてる所もあるそうで、深センもそのうち始めるかもしれません。

わたしは決して粗品が欲しいわけじゃないんですが、ワクチンの種類と国によって渡航の制限が変わってくる可能性が高く、かつ複数のワクチンを打つことは非推奨。ということで、各国(というか日本と中国)の政策がハッキリしてからにしたいと思っていて、中国では中国製ワクチン一択ですが、自分と妻の場合はけっこう大変ですが香港に行けば別のワクチンも打てるという裏技もあるので、まだ決めかねているところ。

我が家の場合面倒くさいのは、以前書いた通りおそらく中国は中国製ワクチンを打った外国人にビザ承認や渡航の融通を効かせる可能性が高く、一方で日本側は欧米製ワクチンしか承認してないので、おそらく日本側の外国人(妻)に対する渡航の融通は承認された欧米製ワクチンを打った人、となる可能性が高い気がしていること。となると、わたしは中国で承認されてる中国製ワクチン、妻は日本で承認されてる欧米製ワクチンを打つのがベストということになるかもしれません。コロナウイルスによって渡航の難易度が上がり、家族で持っているパスポートが違うことによる面倒くささが増幅されています。

コロナで免許更新に特例措置

今年の9月に日本の免許証を更新しないといけないんですが、今の感じだと帰れるかどうか怪しい状況です。で、ちょっと調べてみたらコロナで特例措置があるようです。

失効から3年以内は運転免許の失効から3年以内、かつ新型コロナウイルス感染症の影響により手続を行うことが困難であると判断される状況が止んでから1ヵ月以内であれば、運転免許の再取得について学科試験・技能試験が免除される

新型コロナ禍で「運転免許の更新」に特例措置!

ちなみに手続を行うことが困難であると判断される状況には「海外旅行」「入院」「出産」と「公安委員会がやむを得ないと認める事情」が含まれるそうです。海外にいるし、3年なら間違いなく大丈夫だろうと思いつつ、こんなことも書いてあったので確認しておこうと思います。

運転免許の更新時期延長や再取得に関する手続きなどは、各都道府県で多少異なる場合もありますので、詳細は最寄りの公安員会にお尋ね下さい。

中国ワクチン打つとビザ優遇?

中国でもコロナのワクチン接種が大規模に始まっていて、すでに広東省では外国人でも打てるようになっています。打つと出入国に何かメリットあるのかなーと調べていたら、こんなのを発見。

自2021年3月15日起,中国驻日本大使馆将对已接种中国生产的新冠肺炎疫苗,并持有疫苗接种证明的签证申请人员提供以下便利:

一、赴华从事各领域必要复工复产活动的人员及其家属,可按照疫情前要求准备材料并递交申请。

对接种中国生产的新冠肺炎疫苗人员赴华提供有关便利的通知

翻訳すると、こんな感じ。

2021年3月15日から、日本の中国大使館は中国で製造されたコロナウイルスのワクチン接種を受けワクチン接種証明書を保持しているビザ申請者に以下の利便を提供します。

1.さまざまな分野で仕事を再開し、生産を再開するために必要な活動に従事するために中国に行く人とその家族は、コロナ流行前の要件に従って資料を準備し、申請書を提出することができます。

というのも中国は今も外国人の入国には厳しい制限をかけていて、一度中国を出ると戻るのにまた新しいビザが必要で、そのビザの発給要件が非常に厳しい状況だからです。コレを見ると中国ワクチンを打って証明書を持っているとビザ申請が以前と同じように出来るようになると。

ただ、そもそもコロナ以前は一度中国に入って有効な居留許可を持っていれば再入国のときに新しいビザは必要なかったんですが、実際新しいビザは要るのか、要るならどのビザなのか不明です。これを読んでも分からないので一応日本の中国大使館にメールを送りましたが、返事は来ません。

以前ビザのサポートをしてくれた仲介業者に聞いても、この政策が出てからワクチンを打って一度中国から出て戻ってきた外国人は知らないということで、政策も日本やその他の地域のコロナの状況によって流動的なので今は中国から出ることはオススメしないと言われました。

まあそれはその通りですが、ワクチン打ったらこういうメリットがあるという流れは出来つつあるという点と日本も大規模なワクチン接種が始まるということで状況が安定してくれば、一時帰国を考えることも出来るのかなと思います。隔離措置はしばらく変わりそうにないので、越境するにはまた隔離されることは覚悟しないといけなさそうですが。

香港が大規模ワクチンプログラム開始

香港がついに大規模なワクチンプログラムを開始しました。今まで医療関係者や高齢者などに限られていた対象者が30歳以上に大幅に下げられて550万人が対象となるそうです。香港の人口の8割近い数なので、ちゃんとワクチンの効果があれば香港は集団免疫獲得ということになります。

Coronavirus: Hong Kong expands vaccines to 5.5 million people, while experts find no evidence directly linking Sinovac jabs to seven deaths | South China Morning Post

ドバイは人口が少なくて大部分の人口にワクチンを打ち終わり、海外から飛行機で行って陰性証明があれば着いてから隔離がいらない数少ない都市の一つになってますが、国際都市である香港もそういう地域の1つになっていきたいのは間違いないと思います。大部分の人に打ち終わればまずは中国との往来は簡単になる見込みで、6月頃には広東省と香港間の往来は隔離がなくなるとの噂も出ています。

わたしも家族も一応香港居民なので予約して行けば打てるわけですが、今のところ隔離措置も変化がないのでしばらく様子見ですが、隔離がなくなればワクチン打ちに香港行っても良いかなと思ってます。ただ、今各国間で作ろうとしてるワクチンパスポートでは打ったワクチンの種類によって扱いが変わるはずなので、出来ることならシノバックなど中国製よりも早く国際的に認知されるであろうファイザーとか欧米企業のワクチンを打ちたいところです。

ちなみにワクチン接種の予約はここから出来るみたいで、香港にいる同僚の中にも打つ人が出始めています。

COVID-19 Vaccination Programme – Booking System

妻卒業決定

妻の修士課程が終わる予定で年末に最後の課題も提出し終わったんですが、めでたいことにこのあいだ香港大学から無事今年卒業見込みとの連絡が来ました。これで夫婦揃って最終学歴は香港の大学院卒になりました。卒業式は10月か11月ぐらいなので、その頃にはワクチンパスポートが出来てコロナも落ち着いてるでしょうか。もしオフラインで卒業式があって、隔離なしで越境出来るようになっていれば、久しぶりに皆で香港に行ければいいなあと思います。

香港政府のワクチン供給計画では2021年中に大部分の香港居民がワクチン接種出来る見込みということなので、計画通りに事が進むことを祈るばかりです。中国は1500万人、アメリカは3000万人、イギリスは80歳以上の人の80%がワクチン接種完了というニュースもありましたが、香港はまだ大きな動きはないみたいです。

2020年最終出勤日

今日は今年最後の出勤日。全部で3人しかいないオフィスですが、1人は上海出張、もう1人は既に休暇に入っていて、オフィスでひとりぼっちです。明日から休みだというのに懸案の案件はまだ結論が出ておらず、休暇中に連絡がくる気配がぷんぷんします。

怒涛の1年が終わるという感慨も実感も特にないのはまず年末日本に帰れないのと、ことコロナに関しては次の2021年が2020年よりもマシになるのか、いつマシになるのか見通しがあまり立たず、来年も引き続き怒涛のままという可能性も十分あるからでしょうか。

個人的には2020年はコロナにもろに振り回されまくり紆余曲折を経て何とか深センに移住できたので、少なくとも来年は今年ほどヒドいことにはならないだろうとは思っていますが、コロナの先行き不透明な状況と中途半端な仕掛り案件のせいか1年終わった達成感みたいなものは全然ありません。とにかく明日から休みます。

香港政府のワクチン供給計画

今週金曜日から休暇に入るので、今年の稼働日も残り4日となりました。娘の幼稚園は既に2週間のクリスマス休暇に入り、家はもう休みモードに入っています。今年は日本に帰れないので年末感があまりなく、1年の締めくくりとしては物足りない感じになると思いますが、ゆっくり休みたいと思います。いざ帰れないとなると、やっぱり年末年始は日本のふわっとしたハッピーな雰囲気を味わいたいなぁと思います。

とにかく早くコロナ収束してほしいですが、現状自分が接種できる可能性のある場所でワクチンが早めに出回りそうなのは香港かもしれません。香港政府が12月11日に下記のようにワクチンの供給について計画を出しました。

(1)香港政府は、既に2社の製薬会社との間で新型コロナウイルスのワクチン供給について合意。他企業とも引き続き協議を行っていく。2社の内訳は、シノバック(科興生物・中国)、復星医薬(中国)・BioNTech(ドイツ)・ファイザー製薬(米国)の共同開発
(2)シノバックのワクチンは、早い場合には来月から香港に約100万本供給される予定。復星医薬(中国・ドイツ・米国)のワクチンは、来年第1四半期に供給される見込み。
(3)市民のワクチン接種については、約300万人の優先接種者(医療従事者や高齢者等)を決定の上実施する。来年中には大部分の市民がワクチンを接種できる見込み。

1月にも供給開始され、2021年度中に大部分の香港居民がワクチンを接種出来る見込みということです。ワクチンの効果や副作用に関する十分なデータがなく、実質的に最初に接種する優先接種者が大規模なテスト代わりになるという話なので来年どうなっているかは分かりませんが、少なくとも日本はまだザックリとした計画も発表されてなく、香港は人口が少なくて政府が金持ちなので出回るのが早そうな気がします。もしちゃんと副作用なく効果があってワクチンを打てるとなれば来年ちょっと香港に行って打ってこれるんじゃないかと希望的観測をしてます。ワクチン打ったら越境の際に隔離が要らない状態になってることが前提ですが。

ちなみに、深センで医者をやっている妻の妹は既にシノバックのワクチンを打ったそうで、ある意味強制的な大規模テストに参加しています。今のところ特に大きな副作用とかはないみたいですが、妹が言うには中国のワクチンは欧米のと比べて毒性が弱くなっていて効き目がどれくらいあるか微妙らしいです。