深センでテスラModel 3初充電とコスト

先週納車したばかりのテスラModel 3に初めて充電してみました。今住んでいる場所の駐車場には自分用の充電器を設置することは出来ないのですが「绿侠充电」という電動車充電サービスの充電器があるので充電スタンドを探す必要はなく便利。WeChatのミニプログラムで操作して充電します。

電池残量約10%(航続距離残り40km)で充電を開始して容量の90% (航続距離380km)まで、44キロワットの充電にかかった時間は13時間で、費用は81.5元(約1300円)でした。340キロ分充電して1300円ということで、1キロあたり3.82円。1万km走って3.8万。これは日本のシュミレーションですが、ガソリン車(カローラ)だと1万kmで14万円以上ということで、費用は3分の1以下。

ちなみにWikipediaによると中国の電気の65%は石炭発電なので対して環境に優しくはないですが、コストの面で優れているのは間違いないようです。テスラの車体に太陽光発電パネルを載せて充電しながら走ればより持続可能なクリーンな車になるのにと思いました。

充電13時間は長いですが、テスラ公式サイトによると電池の寿命を延ばすには残量40%ぐらいになったら90%まで充電するのが良く、さらにスーパーチャージャーは速いですが電池の寿命を縮めるので必要な時だけ使うべしとのことです。40%(航続距離残り150kmぐらい)から充電を始めればおそらく8時間ぐらいで90%に達すると思います。

 

深センでテスラModel 3納車

旧正月休暇の最終日にテスラModel 3の納車がありました。蛇口にある受け渡しセンターに義弟と一緒に行って新車を運転して帰り、車を買った実感がやっと湧いてきました。

試乗以外では初めての電動車。ガソリン車の運転との大きな違いはブレーキだと思います。たいていの電動車にはアクセルを踏まないと減速して電力をバッテリーに戻す「回生ブレーキ」というのがついていて、ガソリン車の感覚である程度速度がついた時にアクセルから足を離すとぐっと減速します。特に駐車場の入り口でゆっくり走りつつ門の直前で止まるみたいな状況ではガソリン車に慣れてるとアクセル踏めなくて減速しすぎたりします。アクセルを離すとブレーキが効くので、慣れればほぼペダルを踏み変えることなくアクセルだけで運転できるようになり、ブレーキを使うのは完全に停車する時か急減速する時のみです。日産の新しい電動車はアクセルを踏まないでいると完全に停車する仕様になっているらしく、完全なワンペダルドライブが可能になるそうです。テスラは一応クリープするので完全に停止はしません。

自動運転補助も試してみました。速度と周囲の車との距離を保ちつつ車線に沿って自走し、ウインカーを出すだけで車線変更までこなします。カーブは速度を落としてハンドルを切るタイミングが自分の感覚と違うため若干怖いですが、高速の直線と渋滞時では渋滞中や高速では相当便利です。

テスラは完全自動運転も技術的には既に出来ると言っていて、実際私が買ったModel 3もソフトウェアアップデートで完全自動運転出来るハードウェアスペックを備えてます。正直それはまだちょっと怖いなあと思いつつも、深センでは実は既に中国企業の自動運転無人バスが試験運転されてたりするので、将来的には中国でも使えるようになるかもしれません。自分は特に運転が好きでも上手いわけでもないので、自動で安全に走ってくれるならそれに越したことはありません。