香港の私立病院の入院費用

娘が生まれて初めて2日間入院して、昨日退院しました。だいぶ元気になって一安心でしたが、退院のときの支払いでビックリしました。1万香港ドル(約14万円)をデポジットとして払っていたので、まぁその中で収まるだろうと思っていたら、請求額は2日合計で1.4万ドル(約19万円)で、追加で4000ドル支払いました。大部分は保険でカバー出来るはずですが、入院したのも大部屋だったのに1日あたり10万ちかくするのかと。

うちの会社はちょっとてきとうなので会社で契約している医療保険はなく、年間予算いくらと決められて個人で保険を選んで買って会社に請求するスタイルです。ちなみに会社が契約する保険は通常従業員のカバーだけで(大手銀行とかだと別ですが)家族は自動的にカバーされず、わたしの場合は妻も働いてないので、予算の中で家族全員分の入院だけカバー出来る保険を買っていたのが幸いしました。外来までカバーする保険は値段が高いので、外来は全額自分で払っています。会社のお金で買う医療保険が自分で選べるのは珍しいと思うので、おそらく普通の香港人は子供の医療保険は自分で買っているのだと思います。

うちの娘は2.5歳にして初めての入院でしたが、特に子供はけっこう簡単に入院するものなので、買っておいた方が良いでしょう。民間民間の保険を買うのも使うのも初めてで、ちゃんと支払ってもらえるまで完全に安心はできませんが、親として香港住民としてちょっとした経験を積んだ1週間でした。

娘が入院しました

昨晩、娘が初めて入院しました。1週間ほど風邪気味で咳をしていて数日前から熱が出ていたんですが、1度医者に見せて熱を下げる薬を飲ませたら下がっていたので様子を見ていたら、薬を飲んでも熱が39度超えのまま下がらなくて心配なので夜8時頃いつも行っている病院に。熱と心拍数が高いのが心配なので一晩入院して様子を見ましょうということに。妻が付き添って、わたしは面会時間終了の10時頃に帰宅。夜中に普段見てくれている先生も来てくれて見てくれたそうです。

今日仕事に行く前の面会時間に様子を見に行ったら熱も下がってだいぶ元気になっていたので、今日中には家に帰れそうな雰囲気でした。喉がけっこうひどい炎症を起こして高熱を出したとのことで、扁桃腺の炎症はわたしも毎年2回ぐらいやるやつなので、こういうのも遺伝するのかなと思いました。とにかく、初めての入院でドタバタしてかなり疲れました。