就業許可証GET

2週間ほど前に居留許可をGETしたところですが、最後のステップである就業許可証(外国人工作許可証)の申請が終わり、受け取ってきました。深センの行政服務大庁というところにパスポート、会社との雇用契約書や健康診断の結果、無犯罪証明書、最終学歴の証明などなど以前準備して提出した諸々の書類を持っていって原本を確認し、10分ほどで受け取れました。

居留許可はビザみたいにパスポートに貼られますが、就業許可証は写真とQRコードのついたカードです。QRコードをスキャンすると詳細情報が見られるようになっていて、期間が延長されても同じカードのまま使い続けられるようになっています。カードに写真が入って入るもののID代わりになるとは思えないし、普段は特に何に使うわけでもないと思うのですが、とにかく中国での就労に必要な「居留許可」と「就業許可」がやっと揃いました。

仲介業者に聞いたところ居留許可と就業許可の更新は必要書類も少なくラクらしいので、よかったです。最初の2年は1年ずつ更新ですが、3年目からは2年間の許可が出るそうです。

外国人居留許可GET

連休が開けたので、休み前に申請していた居留許可を受け取ってきました。無事に就労目的の居留許可をもらえて良かったです。最初の申請では居留期間は6ヶ月ということですが、こういうのは最初の申請は大変ですが延長は簡単というパターンだと思います。最後は就業許可証の申請と受理。これは30日以内に完了とかの制限はなく、基本仲介業者がやってくれるので、長かったプロセスはほぼ終了。家族ビザで越境して居留目的を就労に変えるという裏ワザ的な方法でしたが、うまく行ってよかったです。

居留許可申請成功

昨日ついに居留許可の申請が終わりました。仲介業者がうまくやってくれたおかげで、訪親ビザで越境したにも関わらず「就業目的」の居留許可申請が無事に受理され、国慶節の連休明けに受け取れるそうです。長い長いプロセスの終わりがようやく見えてきました。ちなみに就業目的の居留許可を受け取ったあと最後に「就業許可証」というのを申請したら、プロセスは全部完了。香港で就労ビザが申請できなかったせいで本来のプロセスと申請の順番が違うそうですが、とにかく問題なく深センに滞在して働けそうで良かったです。

慌ただしい

隔離が終わって、早速慌ただしいです。居留許可申請のために昨日は指定の病院で健康診断を受け、派出所で住所の登録をし、証明写真を撮りました。越境30日以内に終わらせないといけないので1日で一気に終わらせ、明日すべての書類が揃って居留許可を申請すれば、ひとまず中国の居留ステータスは確保されるので一安心。ついでに銀行にも行って香港からの資金移動を簡単にするために色々手続きを済ませました。

さらに並行して妻が娘の健康診断や予防接種の記録など幼稚園に通い始めるための準備も進めていて、久しぶりに慌ただしい通常の生活に戻った感じです。娘は来週にもほぼ1ヶ月遅れで幼稚園に通い始められそうです。わたしは香港と比べて通勤時間が断然長くなり、このルーティーンにまだ適応していないのと、香港にいた過去7ヶ月は外出も最低限にしてたので、だいぶ落差が大きいですが、徐々に体が慣れていくと思います。

ちなみに深センは街中ではマスクをしている人が多いですが香港みたいな集合規制はないので、店も普通にやってるし生活はほぼ通常通りです。このままコントロールがうまく行くことを祈るばかりです。