また昇進と採用完了

2年前に昇進したばかりだったのですが、今年1月からまた昇進しました。これは香港から深センに異動するにあたって、サラリーグリッドが違う(中国の方が低い)ため、収入が下がらないようにという配慮をしてもらった結果。ちょうど異動の話をしているときに以前深センで同じポジションにいた人が辞めたので、その方向で進めると言われていたので驚きはなかったですが、その通りになってホッとしました。

ちなみにタイトルは変わるものの仕事の内容はほとんど変化なし。変わるのは評価の比重が今までよりも売上とマネジメント部分が増えてプロジェクト部分が減ること。売るのとマネジメントはあんまり自信ないのでちょっとプレッシャーや不安もありますが、まあせっかく昇進させてもらったので一先ず頑張ろうと思います。

さらに新しく部下となるコンサルタントの採用活動をしていたのですが、無事に採用が決まって今週から総勢4人のオフィスになりました。新しく入社したのはアメリカ帰りの新卒で年齢が一回り下の若者。去年9月は2人だったのが倍になり、嬉しいです。深センのオフィスでは自分は一番年上でシニアになってしまったので、小さいながらも一応オフィスの長という形になりました。

昇進しました

昇進の話がついに確定しました。予想以上に時間がかかりましたが、めでたく今年から昇進することになり、パッケージの詳細の説明も受けました。ちょうど幼稚園が始まって家計が圧迫され始めたので、とても助かりました。

仕事の直接的な変化としては同僚2人がわたしにレポートすることになりました。人生初の部下はフランス人と香港人になりそうです。今までコンサルタントとして自分の成果物に集中していればよかったのが、チームの成果物に責任を持つことに。さらにビジネス拡大についてもインセンティブがあるので、仕事の幅、裁量が広がります。

ちなみに昇進するのはわたしだけでなく、もう1人同僚が同時に昇進。ビジネス拡大してるので、ポストを増やして昇進させて、さらに人を雇ってという好循環が起きています。さらにレポートラインの変わらない昇格も去年だけで2人。去年から1年ちょっとでコンサルタントの半分以上が昇進または昇格してるという状況です。誰かが競争に勝って誰かが負けるというわけでなく、全体的に上がっているので雰囲気も良くなるだろうし、こういうのを見るとやっぱり成長してる会社で働くのはいいなと思うと同時に成長の部分により直接的に関わるので頑張らないといけないなと気を引き締めてます。

きっと、むかしむかし日本経済が急成長して日本企業が世界的に強かったときは日本中こんな感じだったんだろうし、今の中国もそうです。転職を決断した2017年末の時点では前職とパッケージも大差なかったし迷った部分もあったのですが、結果的に良い方向に転がり、自分は実はけっこう運がいいと思っています。