引越し完了

ここ数週間は深センと香港を行ったり来たりしつつ、香港にいるときは仕事と夜はひたすら1人黙々とモノを片づけて箱詰めしては郵便局に行って深センに送るという生活でしたが、ついに香港の家を引き払いました。最終日は1人では手に負えない大きい家具を義理の弟に手伝ってもらって捨てたりして助かりました。しばらく仕掛かっていた件が終わりスッキリしました。

仕事で引き続き香港に頻繁に来るのは変わらないのですが、6年半ぶりに香港に家がなくなりました。プロテストの影響で香港のホテルは激安になっているので、香港で仕事のときはホテルに泊まっても高い家賃を払うより断然経済的。柔軟に対応してくれている会社にも感謝です。

何かに呼ばれるように

週末を深センで過ごして仕事と引越しのため香港に戻ってきました。早いものでもう引越しも佳境となり、そのタイミングでプロテストの激化でここ最近は過去にない交通機関の死亡具合です。先週から今週にかけては学校も休校になったり大学が標的になったりと、特に子供がいる家族にとっては安心して暮らせる状況ではありません。そして、香港が大きく変わっていくこのタイミングで自分たち家族はこの街から出て行きます。

もちろん引越しや仕事など次の生活リズムが整うまでまだこれからやることが沢山あって大変ですが、いまこの時期に妻と娘が深センで家族に支えられて安心して生活できていることは不幸中の幸いというべきでしょう。外の環境と私生活が同時に大きく動くことになったのは偶然の一致なんですが全く偶然とは思えないほどのタイミングで、きっと神様の思し召しとか運命とかそういう類のようなものなんじゃないかとを感じざるを得ません。不思議なもので多分人生には時々こういう、何かに呼ばれるように物事が動いていくことがあるのだと思います。

断捨離中

引越し業者を使わずに香港から深センへの引越し準備を進めています。IKEAで買ってきたデカい段ボール箱にモノを詰めて、台車に乗せて郵便局に引っ張って行って郵送。これをコツコツと繰り返しています。送るものを選別する基準は厳しめにしたつもりでしたが、想像していた以上の箱の数になりそうです。そして同時に持って行かないモノは売ったり捨てたり、この狭い家のどこにこんなにモノがあったのかと思うくらい異常な量のゴミが出ました。ときどき要らないものは捨てるようにしていても、香港に6年半も住んでいたし、娘を新生児から2歳半まで育てた家なのもあり、相当モノが蓄積してました。大量消費社会にどっぷり浸かっていたなぁと思い知らされ、これからモノを買うときは気をつけようと一瞬思いましたが、深センは全体的に香港よりスペースが広いし、中国はEコマースの国なので香港ではほとんどなかったポチる誘惑に負けそうな気が既にしています。

深センの家賃相場

いま深セン移住準備中で、ひとまず妻の実家にお世話になるのでまだ気は早いんですが、状況が落ち着き次第また家を借りるので深センの家賃相場を調べてました。キレイに改装して家具なども一通り揃えた家を賃貸する「自如」というサービスが流行ってると聞いて見てみたら、福田など都心から地下鉄で2-30分ほどの距離で5000人民元(7万円強)からぐらいの家賃で50平米ぐらいの3人家族が十分住める物件が借りられます。似たような立地・広さの家は香港では軽く4倍はするので、香港がどれだけ狂っているのか改めて実感しました。家賃が比較的低いのに連動して飲食費など全体的な生活コストも低いです。深センが香港より高いのは輸入品とか、関税とか税金が多くかかってるモノぐらいじゃないかと思います。

香港から深センへ安く引っ越したい

香港の家の撤退準備をしています。家にある家具とか大きいものは輸送費が高くなるのであきらめて、服とか日用品を深センに送ろうとしてます。まずはクロスボーダーの引越し会社に見積を頼んだところ、ちょっと送るモノの価値に対してコストが高すぎて割に合わなかったのでお断り。次はSF Expressで国際輸送出来ないか聞いたところ、送るモノは税関のため全部インボイスが必要なので引っ越し目的では使えないということで断念。SFはあくまでビジネス向けという感じみたいです。

で、藁にもすがる思いで香港の郵便局に電話したら、今度はインボイスとか必要なくて自分で申告書に何が入ってるか書けばOKという話だったので、試しに段ボール1箱に娘の本やおもちゃを詰めて送ってみました。普通の国際郵便と同じフォームにモノの内容と値段を記入したら送れました。値段も20キロで400香港ドル以下と、SFの見積ツールより3割ほど安かったです。荷物を郵便局に持っていかないといけないのがネックですが、あと3週間ぐらいあるのでコツコツと送っていけば低コストで引っ越し完了できそうです。こういうのは短時間でガッツリやるより時間かけてコツコツやる方が好きなので、この方法は割と良いかもしれません。

追い出される社長

職場である香港オフィスの社長がわたしとほぼ同じタイミングで家の賃貸契約が切れたのですが、先日さくっと「契約延長はしないから、○月○日までに出ていってください」という旨のメールを受け取ったそうです。なんとも恐ろしい話ですが、わたしも1度経験したことがあります。社長も幼稚園に行ってる子供が一人いるので、引っ越しは大変そうです。

家賃が上がりまくるのと、オーナーの意向で簡単に追い出されるのは香港で家を借りるのにつきまとうリスク。社長はほぼ2年毎に引っ越しを繰り返してるそうで、8年間で4回目の引っ越しになるそうです。わたしも今回は引っ越しを免れましたが、この不動産の相場では全く家は買えないので、また2年後には同じ問題を抱える可能性があります。

この問題を考える度に日本の地方都市に移住したくなります。

引っ越し回避

家賃の高騰により引っ越し濃厚だったんですが、一転して引っ越しを回避できそうです。賃貸物件情報をちらほらネットで物色し始めていたんですが、大家との家賃交渉がトントン拍子に進み、最初に言われた増額の半分で落ち着きました。

結果として約7%増ということになり、まぁこの市場の状況を考えればやむなしと判断しました。他の物件情報を見ていても、新しい家賃より大幅に安いような物件はなく。引っ越しの経済的精神的コストを考えると、引っ越す必要はないかなと。

不動産会社が数日中に新しい契約書を作るそうなので、それにサインすれば初めての賃貸再契約完了。10月以降も同じ家に住むことになりそうです。

引っ越し濃厚

今年10月で2年間の賃貸契約が切れるので、更新したら大幅に家賃が上がるんじゃないかとビクビクしていたら、不動産会社経由で大家から連絡がありました。「更新するなら15%ほど家賃を上げるけど、どうする?」というシンプルかつ苦しい内容。来年から幼稚園も始まる可能性があることを考えると非常に家計が苦しいことに。ベビーシッターとか言ってる場合じゃなくなりそうです。

引っ越しするなら香港生活6年目にして5つ目の賃貸契約に。単身ならともかく、妻と娘を連れて2年毎に引っ越しを繰り返すわけにはいかないので、この不動産と家賃の高騰を考えると香港にずっと住み続けるのは無理だなと思ってしまいます。はやく石垣島に移住したいです。とか現実逃避と妄想しつつも、現実的には一応値下げ交渉しつつ、またもや物件探しを始めることになりそうです。