コロナな年末の計画

激動の2020年も残るところ2ヶ月半。例年なら年末年始の帰国プランを立てているか既に決まっている頃ですが、今年はコロナで帰れそうにありません。やっとの思いで香港から中国に渡れたばかり。2020年3月以降、外国人は居留許可を持っていても中国から一旦出るとまた入るのに新しいビザが必要という越境規制が続いてるし、日本と中国で両側で14日ずつ隔離はキツすぎます。

ちなみに中国にクリスマスはないし西暦の元日は大したイベントでもないので、中国カレンダーでは仕事も幼稚園含む学校も1日しか祝日はありません。が、娘の幼稚園はインターで欧米人の先生もいるので、年末年始に2週間ほど休みがあります。日本に帰るには好都合なんですが今年は帰れそうにないので、代わりに有給消化して中国国内でどこか行こうかと計画してます。

第一候補は義理の妹夫婦と子供が住んでる北京。せっかくなら家族や友人がいる場所に行きたいし、やはり近い年齢の子供がいる家庭同士は色々リズムが近いのでラクなのです。子供は子供同士で遊べるし、北京は半年だけですが住んでたこともあって観光地に行く必要もないし、冬の北京はむちゃくちゃ寒いですが、美味しいもの食べてリラックスしに行こうかと思います。香港にいたらひたすら家で悶々してたはずなので、中国は広くていいなぁと思っています。今年はコロナで旅行は不可能だったので、プランを考えるということ自体ほぼ1年ぶりで、懐かしい感じすらします。あとは前提として中国国内でのコロナ対策が引き続きうまくいってることを祈るばかりです。

韶関(シャオグアン)に行ってきた

連休中に韶関(シャオグアン)に行ってきました。旅のハイライトは南宗禅法発祥の地で1500年以上の歴史がある南華禅寺という有名な寺、温泉、そして義妹の旦那家族の田舎暮らしの家を見せてもらったことでした。

南華禅寺は10月にしては異常に暑かった上に連休で人が多すぎたのと3歳児も連れていたので、残念ながら静かな寺をゆっくり見るというワケには行きませんでしたが、あの鑑真も滞在したことがあるという由緒ある寺らしいです。温泉は露天で、みんな水着を着て子供は浮き輪を持って遊んだりしてもOKという、お湯にゆっかり浸かってリラックスするというよりはプール感覚で娯楽に寄った感じ。日本のとはちょっと趣が違いますが、これはこれで子供連れには良かったです。

義妹の旦那家族は田舎の家を改装して住んでいて、庭に薪で炊く昔ながらの農家の窯があったりして面白かったです。行った日は気温が30度を超えてましたが、これから秋になって気温が下がって庭で過ごしたらかなり気持ち良いだろうなあと想像してました。庭がめちゃくちゃ広いので手入れが大変だろうなあと思いましたが、日々その庭の手入れをしているせいか、そこに普段住んでいるおじいちゃんが若く体も筋骨隆々で、リタイアしたらこういう生活もいいなあと思いました。

急遽小旅行に

国慶節と中秋節が一緒になって、盆と正月が一緒にきた状態の中国は8連休です。なんの予定もなかったのですが、義理の妹と旦那が実家に帰るので「暇なら一緒に遊びに来れば」と言われたので急遽明日の夜から2泊3日で行ってきます。広東省の韶关(シャオグアン)市という深センから車で3-4時間ぐらいのところで、温泉や有名な寺があるそうです。実家は田舎の村の中にあるらしく、今まで中国では都市と観光地しか行ったことないので、ちょっと楽しみです。

今年は国境を越えるのが無茶苦茶大変ですが、中国は国境越えることなく色んなところに行けるので、これからしばらくは時間があれば中国の行ったことない場所を巡るのも良いかもしれません。中国は広いので、他にもチベットとか新疆とか成都とか昆明とか、行ってみたい都市は結構いくらでもあります。今まで休暇といえばついつい日本か東南アジアにばっかり行ってましたが、2020年は中国国内旅行のチャンスです。

プーケットから帰ってきました

プーケットでの休暇を終えて香港に帰ってきました。空港近くのホテルで3泊4日、1歩もホテルの敷地から出ることなく、ひたすらゆっくりしてきました。昔ならリゾートホテルに泊まっていても、ちょっと外に出て探索してみようとかしたものですが、今回は全くそんな気は起きず。もう東南アジアの都市もリゾートもいくつか行ってるので大体雰囲気は分かってるし、2歳児を連れてわざわざガチャガチャしたところに行く必要はありませんでした。朝食をゆっくり食べて、プールと海で遊んで、ビール飲んで昼寝が出来るリゾートホテルはファミリーにとって最高な場所だということに今更気づきました。

休暇のハイライトは2歳の娘が浮き輪の使い方をマスターし、1人でプールでプカプカ浮かんでいる絵が異常に可愛かったことでした。娘がプールで遊ぶとむちゃくちゃ喜ぶので自分もすごく楽しい気分になりました。海はまだちょっと怖がるので、もう少し暑くなったら香港でも今年は子供連れで楽しめるプールを開拓しようと思います。

もうすぐプーケットで休暇

イースター休暇が終わったばかりですが、来週末から有給取ってプーケットに行ってきます。祝日で連休はちょこちょこあったものの、休みの日は休みの日で家事育児が忙しいので、感覚としては旧正月以来の休暇です。断固としてホテルから出ず、ビーチとプールでゆっくりする以外は何もしません。2歳児の娘がいるので、それでも妻と交代とかになるだろうけど。今回は家族だけでなくロンドンから友人が来て一緒に過ごすことになっているので、楽しみです。香港からプーケットの直通便は4時間と思ったより遠いですが、3人で5万円程度というLCCの激安チケットで、やはり香港に住んでるとアジアへの旅行は便利です。

みんな早く結婚してほしい

今週後半から日本の友達が香港に遊びに来ます。うちの娘と年齢差はありますが同じく娘を連れて家族で来るので、一緒にプールとか海とか行きたいです。自分たちだけだとついつい省エネに傾いて、とにかく暑いので室内プレイエリアばっかりになりがちです。

ちなみに最近独身組の友だちと集まると行動のリズムが違いすぎるので、もう早くみんな結婚して子供作ってほしいです。小さい子供がいるとこっちもすぐにエネルギー使い果たすので、子供を遊ばせる以外は自分がリラックスすることしかしたくないのです。家族連れ友だち同士で旅行とかしてみたいですね。行き先は、もちろん石垣島一択。

友を訪ねて三千里

上海出張兼旅行から香港に帰ってきました。久しぶりに留学時代の友だちに会えて楽しかったです。ロンドンに移住した中国人の友だちが休暇で上海に来たので会いに行ってきました。留学生の常ですが同じ大学に行っていた友だちは今やロンドン、上海、香港、東京など世界中に散らばっています。

なかなか会えないですが、ときどき集まったり訪ねていったりするのが楽しいです。むしろ最近は知り合いがいない、行ったことのない町に旅行に行くことがほぼなくなっています。旅行に行くというよりは「誰かに会いに行く」という目的で移動する感じです。あ、でも石垣島は毎年行きたいです。

ちなみに上海では天気もよくなかったので観光らしいことは全くせず、ほぼ中華料理も食べず、子供が遊べる喫茶店とかを探してダラダラしてました。Twinkleという喫茶店が広くて良かったです。

香港から石垣島は最高

石垣島に4泊5日滞在して、香港に戻ってきました。感想としては「休暇はもう全部石垣島でいい」と思うぐらいの素晴らしさでした。香港からフライト2時間という近さ、香港エクスプレスの安さ、現地の環境の良さ、食事やレンタカーなどもろもろのコスパの良さといい、とにかく素晴らしかったです。

石垣空港では国際線が始まったのはごく最近で、香港エクスプレスの香港便とチャイナエアの台北便の2便しかないので国際線ターミナルが超小さいですが、そこは海外の小さい空港と比べると小さいけどキレイなので問題はありませんでした。チェックインとイミグレのスピードだけは改善の余地ありなので、行きの飛行機では前の座席を取った方が良いかもしれません。