日本で高スキル人材が採用しにくいワケ

日本の高スキル人材不足に関する記事を見かけました。労働市場が固定的で転職が少ないとか、教育がよくないとか色々と要因はありますが、日本で高スキル人材が採用しにくいのは求職者側だけの問題ではないと思います。

というのも、わたしが日本企業の求人情報を見ていて、そもそも企業側がどういう人材が欲しいのか分かってるのか、あるいは採用するノウハウがあるのか疑問に思うことがあるから。JDに日本語特有のふわっとした表現が多用されてたり、必要なスキルの条件に「○○に興味がある/抵抗がない人」とか何とでも言える内容が含まれてたりするのを見ると、応募してきた人のスキルが条件と合ってるかどうかの判断基準が一体どこにあるんだろうと疑問に思います。

高スキル人材不足=求職者側だけの問題に聞こえますが、企業側にジョブ単位でスキルを持つ人を採用する経験やノウハウがなければ、結果採用しにくいということになります。高スキル人材不足は求職者だけでなくて採用側にも要因があると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください