「犬ケ島」に見る日本のイメージ

最近は普段あまりゆっくりする時間もなく、映画もめっきり見なくなりました。映画館にはもう2年くらい行ってないと思います。なので、出張のときの飛行機がほぼ唯一の映画タイムになりつつあります。

前回のパリ行きの飛行機で見たのが「犬ケ島」という映画で、かなり面白かったです。エンディングでもうちょっとどんでん返しみたいなのを期待していたのが、ちょっとあっけなかった気もしましたが、全体的にはとても面白く見られました。ストップモーションアニメで4年かけて作った大作ということで、とにかく映像の見応えは抜群です。

制作チームは全然日本ではないんですが、なぜ映画の舞台を日本を選んだのか気になるところではあります。たぶん不穏でクレイジーで異国な雰囲気を出すのにベストだったのが日本だったのだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください