安倍政権の移民政策

安倍政権の移民政策に関する記事を見つけました。移民が来ることで日本の若者の賃金が低く抑えられ、さらには企業の生産性向上のモチベーションも削ぐなど、とにかく悪いことだけが書いてあります。最後の方はちょっと暴走気味。

じゃあ移民が来なければ賃金も生産性も上がるのかと言うと、疑問です。そもそも人手不足と言われてるのは介護、農業、外食など生産性向上だけでどうにかなる種類の業界じゃないし。賃金上げようが絶対数が足りない限りどうしようもないし、賃金上げてビジネスが成り立たなくなったら元も子もありません。

外国人は一般的に日本人ほどおとなしく言うこと聞かないので、労働環境の改善に貢献する可能性もあるかもしれません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください