一人っ子

北京から深センに帰ってきました。北京の妻の妹には子供が二人いて、上の子は5歳で下の子は3歳半。下の子とうちの娘は半年違いぐらいで同学年です。娘にとっては兄弟姉妹がいるような感じで楽しそうにしてましたが、親としては妹の子供の様子を観察してました。

やはり下に弟がいる姉はしっかりしていて、自分のことはほぼ何でも自分でやるし親があれこれ言うことはだいぶ少なく、さらに弟や娘に指示を出したり率先して動いたりと、5歳にして既に家にいるとちょっと助かることも多い存在。親のリソースを2人に分けないといけないし、比重としては下の子に寄るので上の子は自動的に自分で自分のことをやらざるを得ず、さすがにお姉ちゃん歴3年だなと思うと同時に、正直あと1年ちょいでうちの娘が同じようになるイメージが湧きませんでした。

下の子は娘と同じようなグズり方や要求をすることもありましたが、妹は毅然として自分で出来ることは自分でやらせて、家のルールを厳守させてました。上の子もいるので公平性を保つという上でも大事だし、姉と同じ様に早く自立させようという意図が見えました。一人っ子だと親のリソースがある分、娘に何かして欲しいと言われるとつい自分の方が断って言い聞かせるのを面倒くさがって要求を聞いてしまったり、甘やかしてしまう部分があったので反省しました。

今後ちょっと娘との接し方を考えないとマズイなと気づきのある休暇でした。もうすぐ4歳だし子供扱いしすぎずにもっと自立を促していこうと思います。自分は4人兄弟の1番下、妻は6人兄弟の1番上という環境で育って一人っ子の環境というのがいまいちイメージ出来てませんでしたが、今回近くで二人の子供と妹夫婦を見て自分たちの娘への対応について問題があぶり出されたので、出来る範囲で今後に活かしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください