深センでテスラModel 3初充電とコスト

先週納車したばかりのテスラModel 3に初めて充電してみました。今住んでいる場所の駐車場には自分用の充電器を設置することは出来ないのですが「绿侠充电」という電動車充電サービスの充電器があるので充電スタンドを探す必要はなく便利。WeChatのミニプログラムで操作して充電します。

電池残量約10%(航続距離残り40km)で充電を開始して容量の90% (航続距離380km)まで、44キロワットの充電にかかった時間は13時間で、費用は81.5元(約1300円)でした。340キロ分充電して1300円ということで、1キロあたり3.82円。1万km走って3.8万。これは日本のシュミレーションですが、ガソリン車(カローラ)だと1万kmで14万円以上ということで、費用は3分の1以下。

ちなみにWikipediaによると中国の電気の65%は石炭発電なので対して環境に優しくはないですが、コストの面で優れているのは間違いないようです。テスラの車体に太陽光発電パネルを載せて充電しながら走ればより持続可能なクリーンな車になるのにと思いました。

充電13時間は長いですが、テスラ公式サイトによると電池の寿命を延ばすには残量40%ぐらいになったら90%まで充電するのが良く、さらにスーパーチャージャーは速いですが電池の寿命を縮めるので必要な時だけ使うべしとのことです。40%(航続距離残り150kmぐらい)から充電を始めればおそらく8時間ぐらいで90%に達すると思います。

 

深センでテスラModel 3納車

旧正月休暇の最終日にテスラModel 3の納車がありました。蛇口にある受け渡しセンターに義弟と一緒に行って新車を運転して帰り、車を買った実感がやっと湧いてきました。

試乗以外では初めての電動車。ガソリン車の運転との大きな違いはブレーキだと思います。たいていの電動車にはアクセルを踏まないと減速して電力をバッテリーに戻す「回生ブレーキ」というのがついていて、ガソリン車の感覚である程度速度がついた時にアクセルから足を離すとぐっと減速します。特に駐車場の入り口でゆっくり走りつつ門の直前で止まるみたいな状況ではガソリン車に慣れてるとアクセル踏めなくて減速しすぎたりします。アクセルを離すとブレーキが効くので、慣れればほぼペダルを踏み変えることなくアクセルだけで運転できるようになり、ブレーキを使うのは完全に停車する時か急減速する時のみです。日産の新しい電動車はアクセルを踏まないでいると完全に停車する仕様になっているらしく、完全なワンペダルドライブが可能になるそうです。テスラは一応クリープするので完全に停止はしません。

自動運転補助も試してみました。速度と周囲の車との距離を保ちつつ車線に沿って自走し、ウインカーを出すだけで車線変更までこなします。カーブは速度を落としてハンドルを切るタイミングが自分の感覚と違うため若干怖いですが、高速の直線と渋滞時では渋滞中や高速では相当便利です。

テスラは完全自動運転も技術的には既に出来ると言っていて、実際私が買ったModel 3もソフトウェアアップデートで完全自動運転出来るハードウェアスペックを備えてます。正直それはまだちょっと怖いなあと思いつつも、深センでは実は既に中国企業の自動運転無人バスが試験運転されてたりするので、将来的には中国でも使えるようになるかもしれません。自分は特に運転が好きでも上手いわけでもないので、自動で安全に走ってくれるならそれに越したことはありません。

テスラ予約

テスラに決まり、資金移動の目処も立ったので早速テスラModel 3を予約しました。頭金の1000元を支払い、もう後には引けません。今年3周目の年男にしてこんなに高いもの買うのは初めてなのでちょっと震えています。ローンを組むという手もあったのですが、手続きが面倒くさそうだし金利払いたくないので香港から資金を移動して一括にしました。

ちなみに今Model 3は予約から納車まで4-6週ということです。テスラ車には厳密に○○年度版というのは無く、1-3ヶ月ごとにどんどん改良されているらしいですが、2021年度版と巷で呼ばれている新しいバージョンでModel 3は見た目がいくつか良くなった所もあり注文が増えてるらしいです。それでも上海製造のModel 3が発売されたばかりだった去年の今頃は納車まで3-4ヶ月かかると言っていたので大分落ち着いています。

で、最近テスラについて色々調べているんですが、元テスラ社員で経営コンサルタントという人がやっているYouTubeチャネルがちょっと胡散臭いですが面白いです。動画はテスラの売り込み的な感じが強くどれだけ客観的な評価なのか分からないですが、特に自動運転戦略の違いはセンサー型とカメラ型が技術的にどう違うとか全然知らなかった内容で勉強になりました。

テスラの基本戦略①:垂直統合テスラ流、驚きの全容! – YouTube

テスラの自動運転戦略は、他社とあまりに違う!どう違う?! – YouTube

電話を再定義したiPhoneと同じようにテスラも車を再定義している感じ。スマホのパターンを踏襲するならAndroidスマホが今ほぼiPhoneに追いついたようにそのうち他社も追随してくるのだと思いますが、iPhoneが最初の5年ぐらいまでは断トツの使い勝手だったことを考えると、やはり今の段階では垂直統合した先行者が各方面で強いと思います。

ついでにガソリン車の会社はレガシーがたくさんあるのでテスラほど全方面で革新的なことをやるのは難しいだろうし、電気自動車の世界は今のガソリン車の世界と全く違う会社ばかりで争っているという未来もありえるかもしれません。現に今時点でテスラの競合と言えるのはGoogle参加のウェイモとか、中国だと蔚来(NIO)とか電気自動車専業の会社だし、日本からも全く新しい革新的な電気自動車の会社が出てきて欲しいところですが、多分出てこないと思います。

テスラに決まり

ゴルフとテスラとナンバープレート問題で揺れていたんですが、どうやらテスラのモデル3で決着しそうです。電気とガソリン両方使うプラグインハイブリッド車はナンバープレートが緑なので買えるのかなと思って他のブランドも検討したりしていたんですが、調べてみるとプラグインハイブリッドはナンバープレートの制限という面ではガソリン車と同じ扱いになるということが判明。結局ナンバープレートの問題で買えるのはガソリンを全く使わない純電動車のみということになりました。

中国の電動車ブランドというとBYDや吉利参加のブランドが有名で値段も安いんですが、妻が外資ブランド贔屓なのと、特に自動運転技術について調べれば調べるほどテスラ車に興味が湧いてきたし、モデル3の2021年バージョンは見た目的にいくつか良いアップデートがあったので、やっぱりテスラにしようということに。

今住んでいるところの駐車場に充電できるエリアもあるので充電の心配もなし。自分の家の電気で充電するわけではなく比較的割高な別のサービスを経由しますが、それでもガソリンよりは大分安いようです。今まだ中国国内に人民元がそんなにないので、各国に散らばった資金を集めているところです。

 

ゴルフとテスラとナンバープレート問題

スポーツではなく、車のゴルフです。昔々大学を卒業して新卒社員として茨城県つくばで働き始めたときに初めて乗った中古車がVWのゴルフでした。幼稚園と地下鉄駅に近い場所に引っ越して車がなくても何とか困らない状態にはなったものの、免許も取ったし郊外暮らしには車があったほうがやっぱり便利ということで、車の情報を見てます。

新しいテクノロジーが大好物の自分にとって、最新技術の詰まった未来の車であるテスラの国産モデル3が25万元(400万円弱)というのは魅力的ではあるものの若干高いかなという気もしていて、普通のガソリン車も見ています。で、思い出したのがVWゴルフ。中国産の安いモデルだと新車でも12万元とか、日本円で200万円切ってきます。昔乗ってた馴染みもあるし、ゴルフ場の近くに住んでゴルフに乗るってなんか面白いかなと。

ただ、ガソリン車を買うにあたって問題になるのがナンバープレート問題です。深センでは基本的に1人1台までしかガソリン車のナンバープレート(青)は取れないことになっていて、しかも毎月新しく発行されるナンバープレートの数に限りがあるので抽選で当たらないと取れません。ガソリン車はナンバープレートを競売で買ったり借りたりことも出来るみたいですが、競売で買うと5万元(80万円強)ぐらいするらしいです。5年は乗ると考えると電気自動車の電気代はガソリン代よりだいぶ安いこともあり、総コストで見ると差が大分縮まります。

ちなみに妻の名義はもう妻の家族用の車に使っているので、もう1台ガソリン車は買えないのですが、電気自動車のナンバープレート(黄緑)ならもう一台買える、つまりテスラならOKという状況。あとはわたしの名義でガソリン車のナンバープレートが取れるのかどうか。外国人でも取れるのかはよく分かりませんが、取れたとしても抽選で当たらないとダメなのはほぼ確実です。というわけで、まあ急に必要な話ではないんですが、ゴルフとテスラとナンバープレート問題の間で揺れています。