コロナな年末の計画

激動の2020年も残るところ2ヶ月半。例年なら年末年始の帰国プランを立てているか既に決まっている頃ですが、今年はコロナで帰れそうにありません。やっとの思いで香港から中国に渡れたばかり。2020年3月以降、外国人は居留許可を持っていても中国から一旦出るとまた入るのに新しいビザが必要という越境規制が続いてるし、日本と中国で両側で14日ずつ隔離はキツすぎます。

ちなみに中国にクリスマスはないし西暦の元日は大したイベントでもないので、中国カレンダーでは仕事も幼稚園含む学校も1日しか祝日はありません。が、娘の幼稚園はインターで欧米人の先生もいるので、年末年始に2週間ほど休みがあります。日本に帰るには好都合なんですが今年は帰れそうにないので、代わりに有給消化して中国国内でどこか行こうかと計画してます。

第一候補は義理の妹夫婦と子供が住んでる北京。せっかくなら家族や友人がいる場所に行きたいし、やはり近い年齢の子供がいる家庭同士は色々リズムが近いのでラクなのです。子供は子供同士で遊べるし、北京は半年だけですが住んでたこともあって観光地に行く必要もないし、冬の北京はむちゃくちゃ寒いですが、美味しいもの食べてリラックスしに行こうかと思います。香港にいたらひたすら家で悶々してたはずなので、中国は広くていいなぁと思っています。今年はコロナで旅行は不可能だったので、プランを考えるということ自体ほぼ1年ぶりで、懐かしい感じすらします。あとは前提として中国国内でのコロナ対策が引き続きうまくいってることを祈るばかりです。

北京出張

このあいだ出張で上海に行ったばかりですが、今度は北京に来ています。今年は出張が少なかったんですが、深センに移住することになった途端に2つも中国大陸への出張が入ったのは、何かに引き寄せられてるのでしょうか。

ともあれ北京に来たのは義理の妹の結婚式以来5年ぶり、最初の仕事を辞めて語学留学生として北京に着いたときから8年も経っているとは信じがたいです。ちょうど出張先が当時通っていた北京語言大学の近くだったので、朝仕事の前に大学を散歩してきました。そこで普通話コースに通っていたのも4か月程度だったし8年も前なので記憶がおぼろげでしたが、行ってみたら見たことのある風景が広がっていて当時は中国語もほとんど喋れず大変だったなーと朝から黄昏てました。

北京はもう冬に差し掛かっていて、気温はすでに東京の真冬ぐらいのレベルです。北京の真冬は寒すぎてどうしようもないので、気候的には悪くない時期に来たなぁと思います。夜は義理の妹夫婦と食事をしたり、仕事もトレーニングを受けるだけなので、今回は比較的気楽で楽しい出張です。

家族がどんどん増える

わたしたち夫婦はともに兄弟姉妹が多く、わたしは4人の4番目、妻は6人の1番目です。さらにわたしの一番上の兄は子供が4人、うちが1人、もうひとりの兄にも今年娘が生まれて1人。妻のほうは妹が子供2人、さらに次の妹の娘がもうすぐ生まれてきます。生まれたら深センに会いに行きます。

うちの娘から見るともうすぐ生まれる子を入れると、いとこが8人。しかもこれからさらに増えることは間違いなく、順当に行けばいとこが二桁超えます。少子化の時代を完全に逆行しています。

年末は深センと日本で甥と銘8人全員に会えるので楽しみです。場所は日本、深セン、北京、香港と散らばっていて、年齢も15歳から0歳までバラエティに富んでますが、ここ数年わが家はベビーブームで娘も含めて3歳児以下が6人。年末はここ数年で一番賑やかになること間違いなしです。