PCR検査受けてきた

大規模PCR検査が開始され、早速家族で行ってきました。各地域に検査のための簡易施設が設置され、3日間朝9時から夜12時までやっていて、自分の地域では予約は必要もなく直接現場に行って並んで検査を受ける形でした。もちろん無料です。

比較的空いてるんじゃないかということで遅めに夜9時ごろに行ったんですが、まだ結構な人がいました。運良く子供連れ用の優先レーンがあったのでほとんど並ばずに10分程度で終了。結果は直接WeChatアプリの小程序「健康码」にアップデートされるようです。

ちなみに今深センではショッピングモールや病院など建物の中に入るときには「健康码」を表示する必要があり、噂によると検査を受けていないとこの「健康码」に検査してないと表示されて行動が制限される可能性があるそうです。とういことで検査を受けなかった場合の明確な罰則は書かれてないものの、半強制的な検査ということになってるようです。

中国の人は自由であんまりルールに従わないイメージもありますが、ことコロナに関しては中国政府の対策でウイルスの抑え込みがうまくいってることもあり基本的に協力的な印象で、今回の大規模PCR検査に対してもネガティブなことを言っている人には会ったことがなく、職場の同僚も全員サクッと終わらせてました。

もうすぐ娘の夏休みにも突入し7-8月のどこかで中国国内旅行にでも出かけようという話をしていたので、是非ウイルスの拡大を防いで来月あたりには状況が落ち着いていて欲しいものです。

大規模PCR検査

広州でコロナ陽性者が出て複数の区がほぼロックダウン状態になり、感染源が特定出来ないということで広州と深セン、中山など周辺地域に住む全員を対象にPCR検査を実施するそうです。うちの社区からも連絡があり、3日以内に指定の場所で検査を受けるようにと通知がありました。

数千万人という規模で一斉にPCR検査をやるというのは前代未聞なんじゃないかと思います。もともとPCR検査の精度には限界があり、大規模にやると必ず偽陽性が一定数出てくるので効果を疑問視されてたりもしたんですが、現状の感染具合を把握して抑え込むためには必要と判断したのだと思います。

こんなことが出来るのが凄いし、徹底してるなーと関心しました。これだけの規模になると現場はそうとう混むだろうし混乱もあると思いますが、数日のうちに検査を受けてこようと思います。

香港でPCR検査を受けてきた

ビザの申請にPCR検査の陰性結果が必要ということで、早速受けてきました。

家から近い場所に検査をやっている病院があり、予約用の電話番号があったので夕方にかけてみるとあっさり翌日の朝の予約が取れました。数週間前はかなり予約を取るのが難しく、検査が受けられなくて国境を渡れないという話も聞いていたんですが、検査に関する状況はだいぶ改善してるようです。

受けたのは唾液での検査で、採取の翌日の朝には無事に陰性結果が出ました。越境する直前には今度は家族全員でまた検査を受ける必要があるので、お試しの意味でも比較的簡単に予約も取れて結果も出てよかったです。