ゴルフで自己ベスト更新

夏休みに一度ゴルフラウンドしてきました。平日朝割で安かったので、東莞銀利外商高尔夫球俱乐部というコースに初めて行ってみました。フェアウェイは広くOBが少なくて、へっぽこゴルファーにとっては楽しいコースでした。OBがない代わりに林の中や隣のコースから打てたり、ちょっと日本で行っていたコースぽくて懐かしい感じもありました。

で、スコアは易しいコースに助けられて自己ベストの102。今年の目標である100切りまであと3打というところまで来ました。パー5で奇跡が起こって5メートルぐらいのパットを沈めたり、3打目のFWがジャストミートしてグリーンオンしたりと、パー5でパーを2つも取れました。

ドライバーは広いフェアウェイのおかげでOBもなくよかったですが、アイアンの精度がいまいち。練習場での打ち方はマットごと叩いてたようで、芝の上になると打ち込みすぎてダフったり引っ掛けたりと散々でした。ドライバーがある程度安定してきたので今度はアイアンで球だけキレイに打つ練習を重点的にやろうと思います。

ひとまず一応は夏休みの猛練習がスコアに少し現れたということで嬉しいです。

深センの屋外子供向けスポット

先週一週間夏休みでした。

北京から深センに来ていた義妹の旦那は仕事で北京にいましたが、最後の週は深センに来ていたので一緒に子供を連れて遊んできました。娘の幼稚園からのお達しで深センから出ないようにという制限があったので、深センのみですが楽しめました。特に良かった場所が2つ。

  • 青青世界

南山にある動物園とちょっと登山とアスレチックを足したような場所で、動物に餌をあげれるエリアとかドジョウを手づかみで捕まえられるエリアがあったり、かなり暑かったですが子供はかなり楽しんでるようでした。

  • 马峦山郊野公园

こっち青青世界よりもっと大きな公園というか、山です。大きい滝があって子供が遊べる浅い河もあるので、自分も一緒になって河に入って遊んでました。山を登ったあとに河に入ると水が冷たくて最高に気持ちよかったです。

夏だし子供3人連れなので屋外中心で遊べるスポットを探して回って、自分もかなりリフレッシュ出来ました。

真の夏休み

去年からコロナで有給が消化しきれてないので、来週1週間休みを取ることにしました。どこかに行く計画をしようともしていたんですが、またコロナの感染者がポツポツと出たりして面倒なことになったらイヤなので逆にノープランでただ休み。その日その時に思いついた事をする、ある意味「真の夏休み」にします。

天気の良い朝を狙って1回ぐらいゴルフのラウンドに行って猛練習の成果を見たいところですが、それ以外は全く予定がありません。長いと思ってた娘の夏休みも来週であっという間に終わりなので、娘といとこ2人と遊んだり料理したり、リラックスしようと思います。夏休みが終われば早いもので深センに移住してきてからもうすぐ1年で、娘は9月からK2になります。

ドライバー短尺化

2019年末コロナ禍が始まる前に帰った日本で生まれて初めて新品のゴルフセットを購入しました。ドライバーはPING G410というモデルで、見た目がカッコ良いという理由でTENSEI PROのオレンジのシャフトをつけています。


最近の猛練習の甲斐あって他のクラブはちょっとずつ球筋が安定してつつある感覚はあるのですが、ドライバーだけは元々苦手というか練習してこなかったこともあり、どうも長すぎて扱いきれてない感じがして上達する糸口がつかめずゴルフにおける悩みのタネでした。


そこでドライバーのスイングをフィッターの人に見せたところ「シャフトがプロ仕様で重すぎて振れてない」と言われてリシャフトを勧められたのですが、シャフト買うと高いしどうせ振れないならと思い切って、短尺化してみることにしました。45.25インチだったシャフトを1インチ切って44.25にして、バランス調整のためグリップも軽いものに変更。フィッターの人に言われるままにヘッドには2gの鉛を貼りました。


結果、たった1インチでも振ってみると大きな違いで、短く軽くなってだいぶ振りやすくなりました。ちゃんと振れるのでヘッドスピードも変わらないか、むしろ少し上がったぐらいです。まだ練習中ですが方向性も多少マシになり、短尺化してよかったです。ゴルフにはこういうギアの改造とか調整の楽しさもあって、沼にハマりつつある気がします。


ちなみに最近PGAのプロにもドライバーを短くする人がいて、43インチ代のドライバーを使って300ヤード飛ばすプロもいるそうです。プロも安定させるために短くするなら何故自分のような100が切れないゴルファーがプロより長いクラブで打つのか。14本のクラブの組み合わせも含めて本当に自分にあったクラブはどんなものなのか、ゴルフギアの世界も奥が深くて面白いです。

ワクチン接種完了

シノバックワクチン1回目完了から約1ヶ月が経ち、2回目を打ってきました。中国ワクチンは不活化ワクチンということで有効性は低いですが副作用も少ないらしく、2回とも全く副作用はなく普通に過ごせました。

ちなみに中国のワクチン接種状況はなぜか%のデータが見当たらず、合計何回打ったかというデータばかり。現状17億回を超えたということなので1人2回で単純計算すると8.5億人。少なくとも1回摂取した人はおそらく70%は超えているのではないかと思います。わたしの身の回りでもまだ接種してない人の方が少数派になってきている印象です。

一方中国は入国規制や隔離政策を緩める気配はなく、東京オリンピックに参加した選手たちはほぼ全員ワクチンを打ち終わってましたが帰国次第もれなく3週間の隔離期間に入ったというニュースが入ってくるほど例外を許さない徹底ぶりです。

ワクチンを打ち終わったことで隔離がなくなるか短くなれば一時帰国も考えられるところなんですが、まだまだ先が見えません。日本どころか香港 – 本土間の制限も全く変化はなく、一応同じ国にも関わらずもう1年半も移動が制限され続けています。香港消費券も貰えたので行けたら爆買して香港経済に貢献したいところなんですが、有効期限が今年12月末なのであまり期待出来ない状況です。

雨雨雨

ずっと雨です。

もちろん毎日ずっと降ってるわけじゃないんですが、断続的に降ったり止んだり、晴れても丸一日続くことがなく、なんか今年は雨季が長いんじゃないかと思いましたが、データを見ると5-9月は例年降水量が多くて半分ぐらい雨みたいです。

【2019年】中国深セン市の一年《天気・気温》

印象では香港より雨が多い気がしますが、おそらく香港ではそもそも屋外で何かの活動をしようという機会が山登りぐらいしかないので気にならなかったのかもしれません。一方深センではゴルフにハマっていてラウンドしたいけど天気悪くて予定立たないなーとヤキモキしてます。夏休みなのにあまりプールとか屋外で遊ぶことも出来ず、逆に真夏なのに近所のアイススケート場で遊んだりしています。

早く雨季に開けてもらってゴルフとプール三昧したいところです。

オリンピックな週末

週末はオリンピックばっかり見てました。土曜日は延長でも決着つかずPKまでもつれた男子サッカーベスト8。そして日曜日の男子ゴルフ最終日は珍しい7人による3位決定プレーオフまで含めて朝から昼すぎまで5時間ぐらい、松山がずっとメダルを狙える位置にいたのもあり釘付けになってました。

たらればを言ってもしょうがないんですが、後半多分15番だったと思いますが松山が1m以下ぐらいのパーパットを外し、コレを入れてればプレーオフなしで銅メダルだったのにと歯がゆい思いだったのと同時に、死ぬほど練習してるトッププロでもこういうパットを外すこともあるのかと、半端ではないプレッシャーの中でプレーしてることを思い知らされました。

優勝したザンダー・ショーフリーは後半ティーショットが乱れまくったのにスコアをまとめて耐えきり、金メダルに値するプレーだったと思います。それにしてもショーフリーやプレーオフでギリギリ銅メダルを逃した全英王者コリン・モリカワ、さらにオリンピック出てないですがリッキー・ファウラーなど何故か最近アメリカの有力プロゴルファーに日本にゆかりのある人が多く、見ていると妙に親近感湧いて応援したくなります。

というわけで最近ゴルフ熱が高まっている自分としては、さらに火に油を注ぐことになり益々練習しまくる夏になりそうです。