ゴルフとテスラとナンバープレート問題

スポーツではなく、車のゴルフです。昔々大学を卒業して新卒社員として茨城県つくばで働き始めたときに初めて乗った中古車がVWのゴルフでした。幼稚園と地下鉄駅に近い場所に引っ越して車がなくても何とか困らない状態にはなったものの、免許も取ったし郊外暮らしには車があったほうがやっぱり便利ということで、車の情報を見てます。

新しいテクノロジーが大好物の自分にとって、最新技術の詰まった未来の車であるテスラの国産モデル3が25万元(400万円弱)というのは魅力的ではあるものの若干高いかなという気もしていて、普通のガソリン車も見ています。で、思い出したのがVWゴルフ。中国産の安いモデルだと新車でも12万元とか、日本円で200万円切ってきます。昔乗ってた馴染みもあるし、ゴルフ場の近くに住んでゴルフに乗るってなんか面白いかなと。

ただ、ガソリン車を買うにあたって問題になるのがナンバープレート問題です。深センでは基本的に1人1台までしかガソリン車のナンバープレート(青)は取れないことになっていて、しかも毎月新しく発行されるナンバープレートの数に限りがあるので抽選で当たらないと取れません。ガソリン車はナンバープレートを競売で買ったり借りたりことも出来るみたいですが、競売で買うと5万元(80万円強)ぐらいするらしいです。5年は乗ると考えると電気自動車の電気代はガソリン代よりだいぶ安いこともあり、総コストで見ると差が大分縮まります。

ちなみに妻の名義はもう妻の家族用の車に使っているので、もう1台ガソリン車は買えないのですが、電気自動車のナンバープレート(黄緑)ならもう一台買える、つまりテスラならOKという状況。あとはわたしの名義でガソリン車のナンバープレートが取れるのかどうか。外国人でも取れるのかはよく分かりませんが、取れたとしても抽選で当たらないとダメなのはほぼ確実です。というわけで、まあ急に必要な話ではないんですが、ゴルフとテスラとナンバープレート問題の間で揺れています。

引越しと地下鉄延長

娘の幼稚園の近くに引っ越しました。ちょうどいいタイミングで深センの地下鉄4号線が延長されて近くに駅が出来たので、同時に地下鉄通勤になりました。地下鉄だと家から会社までドアドアで片道1時間、バス通勤のときよりもちょっと短くなりました。通勤時間が長いので週1日の在宅勤務が嬉しいです。

それにしても前に住んでいた2012年頃は4本だった地下鉄の線が2020年現在10本。しかも各線が香港とのボーダーがある南を除いて東西北全方向に延びていて、地下鉄沿線が開発されていくので深センはどんどんデカくなっていきます。深セン郊外は静かで人も少なくてスペースが広いので、地元埼玉や最初の仕事のときに住んでいた茨城のような感じで落ち着きます。

中国で免許GET

日本の運転免許証を中国の免許に変換する方法の続きです。先週補足資料を提出して、筆記試験を受けてきました。筆記試験は2-4の選択肢の中から正しいものを選ぶ形式で、100問のうち90問以上正解で合格となります。言語は英語と中国語を選択できるようになってますが、英語だと勉強するための資料が限られてるので今回は中国語でチャレンジしてみました。

アプリで予習して模試で何回か続けて合格したので大丈夫かなという状態で臨みましたが、アプリで出てこなかった問題もあったり、苦手な罰則絡みの問題が多かったりで結論から言うとかなり苦戦しました。当日まで知らなかったのですが、1日で2回まで試験を受けられるシステムになっており、1回目はなんと89点で不合格。そのときは泣きたくなりましたが、もう1回チャンスがあるということで、再度チャレンジ。2回目に90点で合格できました。良いのか悪いのか、問題を解きながら何個間違えたのか分かるようになってるので、もう1個も間違えられない状態になった最後の方は相当心臓に悪かったです。

というわけで何とか無事に合格出来て、今週には免許証が郵送で送られてくるそうです。これで当面必要な証明書や資格は全て揃ったので、スッキリしました。

日本の運転免許証を中国の免許に変換する方法

次は深センで免許証を取ろうということで、南山の車管所に行ってきました。香港の運転免許も持っているので聞いたところ、香港人なら筆記試験なしで変換できるようですが外国人は適応外ということなので、日本の免許証を変換することにしました。ちょっと面倒だったステップをまとめてみました。

必要書類を揃える

まずは必要な書類を揃えます。健康診断書と写真(と回執)はわたしはそれぞれ病院と照相館に行きましたが、南山の車管所に行ったら1回にセルフサービスの機械が置いてあったので、その場でもらえるかもしれません。

  • 運転免許用の健康診断書
  • 運転免許用の写真と回執
  • 日本の免許証の原本
  • 日本の免許証の翻訳 (こちらのブログを参考に、日本の免許証の翻訳を深圳欧得宝翻译有限公司に依頼)
  • 境外人員臨時住宿登記表
  • パスポート(と居留許可)


免許証の翻訳は上記会社に連絡し、WeChat上で免許証の写真を送ってお金を払ったら1-2日で翻訳が送られてきました。サービスがデジタル化してむちゃくちゃ便利。ちなみに境外人員臨時住宿登記表は情報が最新になってないとダメで、わたしは居留許可をもらった後に更新していたにも関わらず公安局の入力した情報が間違っていた(居留許可の番号を書くべきところにビザの番号を書かれた)せいで再度提出となりました。

深セン車管所のWeChatから予約して申請・筆記試験

資料が揃ったら、深セン車管所のWeChatオフィシャルアカウントから星級用戸登録をします。パスポートと居留許可の写真をアップロードして完了まで3-5営業日かかるので、先に登録しといた方がよいかもしれません。登録のときに入力した電話番号のSMSにパスワードが送られてるのでログインして、「车驾管预约类服务>驾驶证业务>持境外机动车驾驶证申请换证」から予約します。

予約した日時に必要書類を全部持っていき、受付してもらいました。再提出資料があるのと、試験を受けないといけないので後日まとめてもう一度行くことにしました。資料が揃っていればその場で試験を受けられて、問題なければ免許証が郵送されてくるそうです。筆記試験のときは予約は要らず、受付したときにもらった紙とパスポートを持って平日9時から15時の間に行けばいつでも受けられるそうです。

ここまで来るのに書類揃えたり予約に戸惑ったりして結構時間かかりましたが、あとは試験にパスできればOK。アプリでもうちょっと勉強して試験に臨もうと思います。

ついに開通した高速鉄道のオンライン予約

香港と中国大陸をつなぐ高速鉄道がついに2018年9月23日に開通しました。オンライン予約サイトがオープンしてました。デスクトップ版のみというちょっとお粗末な感じですが、予約は出来るみたいです。10月初旬は中秋節、国慶節と祝日が続くので、早いうちにチケットが売り切れたりするかもしれません。

まだ深センに行く予定がないですが、次回はコレで行こうと思います。時短効果に期待しています。ちなみに香港ー広州までの短距離の電車のスケジュールを見ると朝7時から夜11時まで、朝から昼間は5−10分に一本のペースで電車があるので、普段乗っているクロスボーダーのバスより頻度は全然高いです。特に中国の連休の時期は事前に予約した方が安全だと思います。