日中ハーフの娘の言語状況

娘がインター幼稚園に通い始めて約1年が経ち、K2になりました。生まれてからずっと日中英の3言語に触れて来たので2歳ぐらいに話し始めたときから、ある程度は各言語を理解してますが、その時々で強い言語は揺れ動いています。

幼稚園に入る前は日本語と中国語が強くて英語がちょっと落ちる感じでしたが、今は中国語がダントツ1位に躍り出ています。幼稚園自体はインターで授業は英中2言語ですが友達は基本全員第一言語が中国語なので、最近は娘が発する言葉はほぼ中国語に。中国語が100とするなら英語は50、日本語は25とかそんな感じ。

日本語を忘れないように自分は意識して日本語で話しかけてますが、返事は全て中国語。聞き取れているのは良いのですが、なかなか日本語は発してくれず、最近は英語もあまり発さなくなっています。英語も聞き取れているので、何か中国語以外話したくないという心理があるみたいです。

そんな話を娘の同級生のシンガポール人とマレーシア人の華人夫婦としていたら、この家では子供が家族の方言(潮州語)を忘れないように何曜日は何語という風に特定の日を設けて家族全員その日は方言で話すと決めているそうです。面白そうなのでうちでも真似してみようということで、何曜日と決めて家で日本語デーを設けようということになりました。日本語を無理に話させることは難しいですが、ゲーム感覚で家族全員で遊びつつ試してみようと思っています。

教育論

今娘は深センのとあるインター幼稚園に通っていて、この学校には小中学校が既に併設されており来年からは高校も出来る予定なので、深センにいる限りはエスカレーターでずっと同じ学校に行かせるつもりでいます。が、娘の友達の親が皆そういう考えというわけではなく毎年少なくない数の親が幼稚園はインターでも小学校からは地元の公立校に替えるそうです。

地元の学校は当然ですが中国の教育システム、つまり高考(大学受験)を目標に出来るだけ高いランクの大学に入るためにとにかく勉強させまくるスタイルです。これはほぼ日本の大学受験と同じ構図ですが、わたし自身小さいころ受験したくないという理由で高校受験で大学附属校ばかり受けて大学受験を回避したぐらい、昔からこの筆記試験1発勝負の受験が嫌いです。

筆記試験が嫌いなのはそもそも性質上、情報処理能力や記憶力といった人間の能力の一部しか評価できないのに、過剰に評価されてると思うから。これらの能力を一点集中で鍛えていってそれが得意な子供にとっては良いのかもしれませんが、逆にそれが苦手な子供にとっては苦痛でしかないし、さらに怖いのは香港や中国では過度な競争プレッシャーによる子供の鬱や自殺まで増えているということで、これはつまり「筆記試験が苦手であること=価値がない」とまで子供に思わせて生きていく上で一番大切な「自尊心」を失わせるリスクがあることです。どんな能力を持った人間でも自尊心や自信がなければ納得のいく人生を生きていくことは出来ないと思います。

わたしが考える教育の最終目標はこんな感じ。

  • 色んな事を試して視野を広げつつ自分の能力や興味がある分野を見つけること
  • 見つけた自分の得意分野の能力を伸ばすこと
  • 自分に足りない部分は人とうまく協力する能力を得ること
  • 人に言われたことを鵜呑みにせず自分の頭で論理的に物事を考えられるようになること
  • 自信を持った独立した人として人生を生きていけるようになること

 

特に娘の通っている学校は遊びを通して学ぶとか運動のプログラムが多く色んな経験が出来そうだし、欧米の教育プログラムの特徴としてディスカッションとか思考のプロセスを重視する部分において、目標に達するための環境は公立校よりも整っていると思います。さらに受験という枠組みによる縛りが最長高校までないということで、それだけで自由に色んな事を試す時間が多くなります。

自分自身も大学受験を経験せずに高校からエスカレーターで大学に上がった経験があり、高校3年間は大して勉強しなかったですが、とにかくよく遊んでバイトして同時に興味の向くままに色んなことを試して、たくさん本を読んで色々考えてた気がします。その間に特に何か凄いことを成し遂げたわけじゃないですが、今振り返っても人生で一番と言えるぐらい楽しい期間だったし、その後の人生に大きなエネルギーをもたらしてくれました。大学に入ってから1年間イギリスに留学してそこから大きく人生が動いていきましたが、きっと大学受験で疲弊した後であれば遊ぶこと優先で留学なんて考えなかったかもしれないし、自由で楽しくヒマな高校3年間があったから今があると思います。

と、妻のママ友が娘を公立小学校に行かせるかインターで続けるか迷っているという話を聞いたのをキッカケに、ちょっと真面目な教育論を書いてみました。

子供が言語を認識するとき

娘が最近「言語」という概念を理解したらしく、ときどき中国語で「コレ○○語で何ていうの?」と聞いてきます。娘は2歳ぐらいから相手によって中国語、英語、日本語を使い分けてましたが、4歳になった今は「世の中には複数の言語がある」ことを理解し、かつ「自分は今何語を話しているのか」ということを意識出来るようなったようです。

中英バイリンガルで日によって習う言語が違う幼稚園に通い始めたこともあって、今日は英語の日、明日は中国語の日という感じで日常的に言語を意識することが多い特殊な環境にいることも手伝っていると思いますが、4歳で理解出来るもんなんだなぁとちょっと関心しました。相変わらず日本語の維持のための施策が足りてないですが、来年からは毎週土曜日の日本語クラスに入れる年齢になるので、入れるようになったらすぐ入れようと思います。

妻卒業決定

妻の修士課程が終わる予定で年末に最後の課題も提出し終わったんですが、めでたいことにこのあいだ香港大学から無事今年卒業見込みとの連絡が来ました。これで夫婦揃って最終学歴は香港の大学院卒になりました。卒業式は10月か11月ぐらいなので、その頃にはワクチンパスポートが出来てコロナも落ち着いてるでしょうか。もしオフラインで卒業式があって、隔離なしで越境出来るようになっていれば、久しぶりに皆で香港に行ければいいなあと思います。

香港政府のワクチン供給計画では2021年中に大部分の香港居民がワクチン接種出来る見込みということなので、計画通りに事が進むことを祈るばかりです。中国は1500万人、アメリカは3000万人、イギリスは80歳以上の人の80%がワクチン接種完了というニュースもありましたが、香港はまだ大きな動きはないみたいです。

「ひとりっ子の育て方」読了

ひとりっ子の娘の子育てについて書きましたが、これから2人目が出来る可能性はないことはないとしても、最初の子供は皆もともとひとりっ子ということで何か子育てのヒントでもと思って、だいぶ久しぶりに子育て本を読んでみました。

ひとりっ子の育て方~「友だちづくり力」「自分づくり力」「立ち直り力」。0~15歳児の親が最低限しておくべきこと。~

本の中では、ひとりっ子の親は「ひとりっ子だから厳しく育てないと」と思いがちですが、幼少期に厳しくしすぎるのはあまりよくなく、しつけは小学生からでも間に合うので6歳ぐらいまではしつけよりも愛情を注ぎまくることに注力した方がよいと書いてありました。これは北京で妹の姉弟を見ていて思ったことと逆。とは言ってもしつけを完全無視するわけにもいかないので、家の中での最低限のルールは作りつつ、今まで通り愛情を注ぎまくろうと思います。

それ以外にも色々と面白いことが書いてあり、特に「ひとりっ子だと寂しくないか」という疑問に対して、子供の想像力に関してはむしろ一人でいる時に発達するとか。ひとりっ子でいることのメリットとデメリットがあり、デメリットを補う方法なんかも書いてあってなかなか面白く勉強になる内容でした。今妻の実家の近くに住んでいて妹の娘なんかもよく会うので、日常的に触れ合うのが両親だけという感じでもないのはひとりっ子を育てる環境としては悪くないみたいです。

妻の修士課程が終わる

妻が3年ほど前から香港大学の大学院にパートタイムで通っています。通っていると言っても今年に入ってからはずっとコロナで対面授業はなく、ずっとリモートですが。今年の年末に単位を取り終わる予定で、今卒論に取り組んでます。順調にいけば、というか卒論の締め切りが今月までなので、年内に全部終了する予定で既に最後の講義も受け終わっています。

思えば娘が生まれて6ヶ月の頃から夏休みと冬休みを除いて週に1-2回、各3時間ほどの講義を受けていて、わたしは特に最初の数ヶ月はかなり悪戦苦闘しつつ娘と1対1の時間を乗り切っていました。平日の夜の講義の時は特に仕事との折り合いでキツい時もありましたが、仕事あがりに直接大学に行ってまだ1歳にもならない娘を妻からバトンタッチで受け取りキャンパスで遊んでいたのは今となってはなかなか良い思い出です。3年前の最初の講義の時は娘がママがいなくて大泣きしてどうにもならなかったことをまだ覚えてます。

自分もまだ娘が生まれてなかった時に香港科技大学の修士課程をパートタイムで修了しましたが、そういう思い出もあって妻の卒業は自分のよりも断然感慨深いものがあります。もう1回やれと言われたらイヤですが、やってよかったと思います。

減っていく日本語

幼稚園に通い始めてからというもの娘の口から発せられる日本語が減っている気がします。幼稚園では英語と中国語なので、徐々にこの2言語が強くなっていくだろうなとは思っていたものの、思ったより急激に変化している印象で、最近はわたしがなんとか日本語で話させようと思って日本語で話しかけても、返事は大体中国語か英語です。

土曜日に日本語の補修クラスが南山にあるというのは知ってるんですが、対象年齢は5歳以上。この調子で行くと確実に日本語忘れるので、5歳になったらちょっと遠いですが南山まで日本語補習クラスに通わせようと思いました。今の家から片道1時間ぐらいかかるのでちょっとキツいですが、大きくなってから言語を身につけるのはもっと大変だし、言語は親が子供に与える事のできる最大のギフトの1つだと誰かが言っていて、確かにと思ったので(送り迎えを)頑張ります。

あとは日本語を使う楽しい習い事をさせるとかも良いかもしれませんが、深センでもありそうだなあと思い浮かぶのが柔道とか剣道とか武道系ぐらいだし、そもそも今住んでる場所は日本人があまりいないエリアなので選択肢がなさそうです。国際結婚の家族にとっては多分あるあるな難しいトピックです。

香港7年

7ヶ月ぶりに深センに戻り、7年に及んだ香港生活を終えました。去年香港の家を引き払ったときはカオス状態でそんな感慨に浸る暇もなかったですが、今回はビザも仕事もほぼ整理したしコロナで気軽に越境できずしばらく香港に戻れない状況なので本格的に香港を離れて新しいチャプターに突入した感じです。香港で過ごした7年間を振り返ってみました。

香港で働き始めた2013年から今までの間に、2014年からパートタイムで修士号を取ってみたり、2017年に初めての子供も生まれたり、2018年には今の職場に転職してみたり、今年2020年は永久居民になったり、振り返れば色々なマイルストーンがあった7年間でした。今年はコロナでダメですが、ほぼ毎年のように友達が訪ねてきたりして思い出もたくさん出来ました。

仕事の面では若いとき国際的な環境で働いてみたいと考えていたことは国際都市香港だったからこそ実現したし、英語でビジネス絡みの学位を取ったことも含めてこの環境でそこそこ生きていけそうな手応えと自信を得たことは今後の財産になりそうです。今の職場で深センに異動させてもらえることになりましたが、もしずっと深センにいたら、キャリアは全く違ったものになっていたことは間違いないと思います。

一方、香港は資本主義と市場原理の権化のような場所で、自分は若いときはどちらかというとそっちよりの思想でしたが、この7年でちょっとその考えが揺らいだという面もありました。自分は現地採用として7年働き、ローカル香港人とほぼ同じような生活を体験してきたと思いますが、そこそこ稼げないと厳しい社会であることは間違いなく、低い税金なり、今揺らいでますが自由と透明性ある法制度なりで金持ちの個人やビジネスをたくさん集める一方で、コストが上がり続ける中で生活のクオリティを保つのが難しい人もたくさんいる現実があります。

そういう事情もあって、香港の子供がいるミドルクラス家庭は基本は共働きでどっちもバリバリ働いて、フルタイムのヘルパーを雇って家事や育児をアウトソースするというライフスタイルに適応しないと、なかなか家計が回りません。個人的には特に子供が出来てからはその香港の典型的なライフスタイルがうちには合わないだろうと思っていたし、昨今の政治的ゴタゴタもあり、いま香港を離れるにあたってもう香港でやり残したことはなく、次のチャプターに進む良いタイミングが来たと、ポジティブな気持ちでいます。

深センはそもそも香港のすぐ隣だし、娘は香港生まれの香港籍だし、自分も永久居民になったので将来香港と縁が切れることはないと思いますが、ひとまず香港編はおしまい。深セン編が始まるということで、ブログのタイトルも変えようかなぁと思っています。

中国ビザGET

最後まで一筋縄ではいかない中国ビザでしたが、今日無事に受け取れました。無犯罪証明書が取れるどうかから始まり、ビザの申請が出来るのか、国境を渡れるかどうか、各ポイントで不確定要素があって、行ったり来たりして娘の幼稚園が始まるプレッシャーもあり精神的に疲れましたが、ようやく終わりが見えてきて単純に嬉しいです。

深センの幼稚園は予定通り今日からスタートしていて、娘は越境したあとは隔離もあるので3週間ほど遅れますが、無事に幼稚園にも行き始められるようになり、本格的に新しいチャプターが始まります。7ヶ月の一人遊び期間を経て、ついに同じ年齢の子供と遊べるようになり、幼稚園に通い始めてどういう変化をするか楽しみです。

香港から脱出する人が増加中

昨日、中国全人代で「香港国家安全法」が制定され、先週から今週にかけて当然のようにまた大規模なデモが発生したりしています。これで一国二制度が2047年を待たずに形骸化して香港が現在の国際金融都市としての地位を失うと色々な懸念が取りだたされています。具体的に何が起こるのかは正直よく分かりませんが、リスクに備えて香港から脱出することを考える香港人が増えているようです。

香港から人材流出加速も 国家安全法に懸念 : 日本経済新聞

実際、外国人(わたし)や中国人(妻)が香港で生活するにあたって今イヤなのはデモであり、こういういざこざによって地元民の対中感情が悪くなって形見が狭くなることです。特に香港が娘を育てる環境としては選びたくない状態になっているのは寂しいことではあり、今の状況ではローカルな学校で地元の子供たちといれば親が中国人だからどうのこうのという話がどこかで出てくる可能性は間違いなくあると思います。

香港人までもが香港脱出を考えるこの時期に香港を離れることになったのは完全に偶然の一致でもともと意図していたわけではないですが、結果的に娘の幼稚園入園のタイミングともピッタリである意味ラッキーだなぁと思っています。