深セン採用の進捗と隔世の感

各所にJDをポストして深センオフィスでの採用開始したところですが、1-2週の間に既に続々と応募がきています。うちの会社には本社以外にはHR部門がないので、空いた時間に自分でCVに目を通しています。深センは中国のクライアントばかりで中国語は必須とJDにも書いているんですが明らかに中国語出来ない人からの応募もあったりしましたが、数名は面接できそうな感じです。

ちなみにJDをポストしてるのがLinkedInなど主に国外で使われているプラットフォームだからか、応募も海外留学経験のある中国人や外国にいる華人がほとんどです。同僚に聞いてみると中国も日本と同じで求人系のプラットフォームは国内向けと国外向け(LinkedIn)で分かれているみたいです。

一方で応募した方もフランス企業の深センのポストに応募して面接で日本人が出てきたらビックリするだろうなとか思いつつ、右も左も分からないまま北京に来た10年前からすると、まさか深センでCVスクリーニングして採用面接してるとは隔世の感があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください