小さいオフィスの心地よさ

平日の3日以上を客先に契約社員として常駐する生活が始まって3週間。やっぱり自分の会社のオフィスに1日いるときは落ち着きます。

客先はグローバルで何十万人もの人を雇用する超巨大企業で、今まで働いたことのある会社の中ではもちろん最大。日本で最初に就職した会社もグローバルで10万人ぐらいいてデカかったですが、そのあとの日系企業は全体で3000人弱、香港法人は30人ぐらい、今の会社は全体で200人、香港法人はわずか10人。狙ったわけではないですが、どんどん規模が小さくなっていってます。

個人的に、小さい会社の方が落ち着きます。いろいろとシステムが整ってなかったりするので面倒もありますが、別にもうそれを大して面倒と感じないどころか、むしろシステムが整いすぎてることでプロセスが長くなったりすることの方がストレスです。今や家族3人養わないといけないので大きい会社の福利厚生とかに惹かれることもありますが。

あと、大きい会社だと同じオフィスにいても周りにいる人が誰で何やってるか知らないことも多いです。小さい会社でオフィスにいる人を全員お互いに知っていて、それぞれが何をしてるか大体わかっているという状態が実は心地よいのかもしれないと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください