社保卡GET

去年深センへの移住と共に中国の社会保障制度に加入しましたが、今日銀行に行って社保卡と呼ばれるカードをもらってきました。病院に行った時にコレがあると自己負担額が下がるので日本の健康保険証のような感じですが、同時に社会保障カードは色々な金融サービスと一体となっていて見た目は写真つきの銀行のカード、普通の銀行口座としての機能もあるため銀行に取りに行ってきたところです。

もともと中国の医療費は全体的に低いのですが、このカードがあるとさらに自己負担が下がり、香港時代のように強めの風邪薬をもらうために日本円にして5-6000円も払うことはありません。最近病院にかかってないですが、ただの風邪程度なら下手したら10分の1ぐらいで済むかもしれません。もちろん今はコロナで医者にかかるのも面倒なので多少の風邪なら市販の薬でなんとかしますが、一応安心です。

ちなみに車を買うのに頭を悩まされたナンバープレートについては外国人は2年以上社会保障に加入してないと自分の名前でナンバープレートを取ることは出来ない制限があります。既に妻の家族の名義を使って電気自動車のプレートを取る段取りになっているのであまり意味はないのですが、なので順調にいけば2022年末頃にはその資格を得て、家族のメンバーがさらに車を買うとなれば名義を変えるのは比較的簡単みたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください