就活のグループディスカッションの意味

自分も10年ぐらい前に経験しましたが、グループディスカッションほどシューカツという茶番を象徴するイベントもないと思います。「空虚な三文芝居の上手下手が評価されている」というのは思わず手を叩きたくなるぐらい、物凄く正しい表現。下手したらグループディスカッションだけでなく、多くの会社のシューカツのプロセスのほとんどが形式的で大した意味はないのかもしれません。会社にとって意味があるとすれば「茶番を茶番だと理解しつつも、それに従うことができる従順な心があるかどうか」を測るテストとしての役割でしょうか。

就活のグループディスカッションが「百害あって一利なし」な理由

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください