映画「雄獅少年」観ました

娘の友達家族に誘われて子供を連れて映画「雄獅少年 I am What I am」を観ました。

予備知識ゼロで子供連れて行こうというぐらいだからカワイイ子供向けアニメ映画なのかなと思って観に行ったら、大きな間違いでした。アニメ映画には違いないんですが、3Dグラフィックが異常に美しく、テーマは重いです。途中まではよくある青春映画的な感じだったのが中盤からガラっと雰囲気が変わって、中国の現代社会の暗い部分の描写もあったり、完全に大人向けの作品でわたしは中盤からずっと泣いてました。旧正月に獅子の仮面を被って2人1組で踊る中国の舞獅をテーマにしていて、太鼓のリズムで踊るので太鼓・リズム好きのわたしは大興奮。

あと、中国アニメをナメていた事を白状せざるを得ません。最初に中国アニメと聞いたときに反射的にあんまり面白くないかもなと思った自分を殴りたいです。キャラクターもストーリーも台詞も絵の美しさも音も凄すぎて、個人的に2021年No.1映画。中国は文化面でも急速に発達していて、完全に度肝を抜かれました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください