深センの夏といえば

最近むちゃくちゃ暑く、完全に夏がやってきました。もう日中に外で遊ぶと汗だくになってキツイ気温で、土曜日の朝に家の屋上でやってるボクシングも暑さで相当消耗が激しくなってきました。

ということで、近所のプールが5月にプール開きしたので週末は娘を連れて行ってきました。中国の人はけっこう真夏の日中に直射日光に当たるのを恐れる傾向があり、そのせいか完全なプール日和の週末なのに人が全然おらず、最初の30分ぐらいは大きいプールで完全貸切状態でした。

ボクシングの先生が水泳も教えられるというので、娘の長い夏休みには水泳の特訓を組み込む予定になりました。深センの夏はとにかくプールです。

体重増加

ボクシングはすごいということで前も書いたんですが、最近また久しぶりに体重を測ってみたら、減るどころか増えてました。主に下半身と背中にけっこう筋肉がついてきて筋肉が重いので増えたのか、それとも運動してるからいいかと思って何でも好きなもの食べてるから太ったのか。多分両方だと思います。パンチングボールやサンドバックは怒られそうなので、家に懸垂できる棒を設置して、週の中頃に上半身を追い込んでいます。

まあいずれにしても目標は体重を減らすことではなく、動ける体を作ることなので問題ありません。ボクシングを始める前はマラソンの後遺症でときどき痛くなる膝が不安でしたが、今はその不安もほぼなくなりました。背中と下半身の筋肉はゴルフの飛距離にもつながるかなぁとか、下手くそゴルファーのくせに夢想しています。

オンラインでゴルフを学ぶ

深センに移住してきてから趣味のゴルフを復活させていますが、YouTube動画と週1の打ちっぱなしでの自主練だけでは物足りないというかなかなか進歩がないので、PGAのゴルフレッスン体験を受けたりしました。が、いかんせんレッスンの値段が高すぎて継続的に受けるのは現実的じゃないということで、やっぱりこのコロナ後の世界ではリモートだろうということでオンラインで学ぶことにしました。

オンラインでスイング動画を送ると問題点を指摘してくれたり、何でも質問が出来るサービスをやっている日本のプロがいて、値段も手頃だったので試しに加入してみました。ちなみに英語圏だとThe #1 online golf coaching platform | Skillestというアプリがあり、こちらもスイング診断が主なサービスですが、世界の英語圏のたくさんのプロが登録していて各自が自由に値段をつけてマッチングするというプラットフォームです。これも面白そうですが日本のデフレはゴルフ業界にも広がっているようで日本のプロと比べると断然割高でした。

試して2週間ぐらいですが、すでにスイングの動画を送ってアドバイスをもらいました。もちろんレッスンより情報量は少なめですが、ピンポイントに聞きたい事を教えてくれて、自分の問題点とどういう練習をしたら直せるかというヒントをもらえるので週1の練習にハリが出て楽しいです。やはり下手くそゴルファーの自主練における最大の難点は、自分の問題に自分で気づけないことなので、これは使い方次第では相当コスパの高いサービスだと思います。

深センでステイケーション

五一労働節で5連休でした。妻の誕生日でもあったので、妻が行きたがっていた深センのホテルに1泊ステイケーションしてきました。ホテルのプールで遊んだり、ビーチはなかったですが海の近くの公園をブラブラしたりと特に何をしたというわけでもないですが、5連休に予定が何もないのも娘と遊ぶネタも尽きてくるので、ステイケーションでも旅行してる感覚はあり、環境を変えてリフレッシュ出来ました。

娘の幼稚園は来週月曜まで休みで、7月頭まで通ったらもう夏休み。インターなので2ヶ月も休みがあるので本来は日本に連れて行って日本語を仕込みたいところなんですが、コロナで中国国外にはほぼ出られない状況が続いていて何をすれば良いのか。ちょっと悩ましいところです。

筋肉痛が来ない

毎週土曜日にボクシングクラスに通い始めて、日曜から週の半ばにかけてあちこちがバキバキの筋肉痛になるのがお決まりで、その筋肉痛がしっかり運動したなぁという達成感につながったりもしてたんですが、最近その筋肉痛が非常に軽くなり、月曜か火曜にはほぼ無くなるようになりました。

筋肉が強くなった証拠なので良いことなんですが、ちょっとだけ物足りない感じもします。ボクシングのトレーニング中もキツイはキツイものの以前ほどではなく、90分終わってもまだもうちょっと動けるなという感覚。始めたばかりの時はこんなキツイの無理だと思ってましたが、人間すぐ慣れるもので、それどころかもっと追い込みたいという気持ちが出てきて人間の身体ってすごいなと思いました。これからもうちょっと家とか会社の近くでもトレーニング出来る環境を整えて、30代後半に向けて人生最高フィジカルの獲得を目指そうと思います。

週末勤務

中国大陸には連休の前後の週末に補班(ぶうばん)と呼ばれる週末勤務の日があります。5月1日は労働節ということで、五一(うーいー)と呼ばれる祝日があり今年は5連休なんですが、その補班で今週の日曜日と再来週の土曜日が出勤日となります。今回の連休は平日が3日休みになって週末に2日出勤になるということで休みが増えるのは実質1日。この制度はどう考えても意味が分からないのですが、国が定める祝日なのでどうしょうもありません。

ということで、今週日曜日は出勤。ですがイレギュラーな出勤日で香港など他のオフィスは出勤してないし、顧客との定期会議などもなく出勤してるのにカレンダーに何も予定が入っていないという事態になりがちです。何も予定がないと締まりがないので、技術者採用の面接を2件ほど入れてみました。再来週の土曜日は土曜日なのに有給消化して休みにしようかなと思っています。

ドライバー特打

在宅勤務の日の朝に恒例のゴルフの打ちっぱなしに行ってきました。前回PGAの元ツアープロに体験レッスンで教えてもらったドライバーのコツを頭に入れて、1時間ドライバーのみの特打。完全OBのどスライスしか出なかったのが、終盤だいぶフェアウェイに飛ぶようになり、ちょっと感覚が掴めてきた感じがします。やっぱりレッスンは役に立つようです。

前回散々だったので次のラウンドはしばらく打ちっぱなしでドライバーをがっつり練習してある程度自信がついてからにしようと思います。あとはアプローチとバンカーも教えてもらいたいところです。

PGAのゴルフレッスン体験

うちの近所のゴルフ場にはPGAの練習場が併設されていて、コーチがたくさんいます。独学とYouTubeだけだとなかなか確信を持って練習できないなと思って、試しに在宅勤務の日の朝にPGAの無料体験レッスンに行って、あまりにも当たらないドライバーのスイングを見てもらいました。

体験レッスンはめちゃ楽しく、ためになりました。タブレットでスイングを撮影してくれて、プロ(マキロイでした)と自分のスイングと横並びにしてスロー再生して見せながら、ここがどうこうと詳しく説明してくれました。で、言われたことを修正して主にアドレスを変えて打ってみると魔法のように2-3球今まで打ったことのない素晴らしい球が行きました。リップサービスも込みだと思いますが、最近ボクシングでフィジカルの状態が良いこともあり自分の体力とクラブならドライバー300ヤード飛ばせるポテンシャルはあると言われてちょっと浮かれました。

ちなみに設備面ではPGAの練習場は目の前がキレイな芝生で、マットの上だけではなく芝から打つ練習をしてる人もいました。グリーンとアプローチの練習が出来るエリアもあり、練習環境としては完璧。さらに体験レッスンには含まれてませんでしたがトラックマンもあって、スイングのデータを記録して進捗をデータで見ることも出来るそうです。データ好きの自分には大好物です。

ただPGAだけじゃないですが、中国ではゴルフは富裕層のスポーツのためレッスン料金の相場が日本と比べて断然高いのが玉に瑕。レッスン受けるにしても定期的にというよりはスポット的にスイングの悩みを相談して見てもらって問題点を指摘してもらうぐらいの使い方を考えてますが、それでもちょっと迷うぐらいの金額で悩んでます。レッスン料金が高いのは知ってましたが、実はPGAでもそれ以外でも同じような価格設定で、別のところでも体験レッスンしたことありますが、普通に練習場で打つだけで映像解説もトラックマンもないので、もし習うならPGAが良いと思いました。

中国で技術者採用は難しい

先月自分のチームに1人新人を採用しましたが、台湾にいた技術者の同僚が辞めたので、その補充を深センで採用することになりました。というわけで前回同様LinkedInにJDをポストしたんですが、いくら待ってもまともに応募すら来ない状況が続いてました。中国ではLinkedInは主に国外向けと認識されてるので、中国国内の技術者にはほとんど使われてないようです。

色々調べた結果中国の「前程无忧(51jobs)」という採用プラットフォームの有料会員になって、そっちにもJDをポストしました。が、そこでも一筋縄ではいかず。今の会社がやってる業務がニッチすぎるのか、採用の対象になるような人からなかなか応募が来ませんでした。そこで自分から履歴書を検索して、プログラミング絡みの学位を持っていて深センで職を探している若者に片っ端からDMを送りつけました。おそらく合計100人ぐらいにJDを送りつけたところ、何とか5人ほど面接までこぎつけました。

あとはこの中に良い人がいることを祈るのみ。ここまで来るのに2ヶ月ぐらいかかってますが、何とか前に進み出しました。うまく採用できれば半年前2人だった深センオフィスが5人に。賑やかになって嬉しい限りです。

ナイターのゴルフラウンドに行ってみた

うちの近所のゴルフ場にはナイターでゴルフが出来るコースがあります。夜6時以降のスタートだと値段が半額ぐらいになるので、試しに行ってみました。結果から言うとスコアという意味では散々でしたが、夜のゴルフは昼間と全然雰囲気が違って新鮮でした。夜の静寂のなかライトアップされたコースは厳かな雰囲気すらあり、なんだか違う世界に迷い込んだようなおかしな感覚になります。夜にラウンドする人も結構いるようで、思ったより人がたくさんいました。

ただ、18ホール回るのにどう頑張っても4時間半ぐらいはかかるので、6時スタートでも終わるのが10時半。一番遅いと8時スタートなんかもあり、そうすると回ってるうちに日付が変わります。体験としては面白かったですが、娘の生活リズムに合わせて早寝早起きが定着している自分には定期的に取り入れるのは厳しいです。翌日はちょっと睡眠不足で疲れてました。やはりゴルフは朝早く始めるのがベストだと思いました。