賃貸の再契約完了と香港人の転職の関係

10月で切れる賃貸の新しい契約書が出来たので、再契約してきました。かかった費用は不動産会社に手数料3000香港ドルと家賃上昇分の追加敷金。また2年契約なので同じ家に最大4年住み続けることに。もう同じエリアに3年住んでいて完全に生活パターンが出来上がっているので、引っ越さないで済んだのは本当に嬉しいです。

一方で今後2年この不動産の高騰が続いたとしたらと思うと、もっと稼がないとなーという思いも。香港の人は日本人のスタンダードからするとものすごく頻繁に転職しますが、これも家賃を中心に生活維持費が勝手にどんどん上がっていくことが要因となっている気がします。

物価や生活費が上がっていくということは、給料が同じペースで上がらないと実質給料が下がっているのと同じこと。少しでも高い給料を出してくれる職場にどんどん移っていくのは、生活防衛の一つの手段でもあるのかもしれません。もちろん中・長期的視点なしに転職しまくるのは危険だとも思いますが、数年に1回転職して給料をあげないと家賃が払えないということもあるのかも知れません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください