石頭科技(Roborock)のロボット掃除機T7 Proレビュー

双十一のセールでロボット掃除機を買いました。義弟に勧められて小米傘下の石頭科技(Roborock)という中国メーカーのにしました。掃除機と床拭きを同時にこなす現在最高スペック機種のT7 Proを買いました。ちなみに本家iRobotは現状1台で両方こなす機種はなくて2機必要になるので、費用はiRobotの半分以下でした。まだ使い始めて1週間ぐらいですが、結論から言うとめちゃくちゃすごいです。3年前ぐらいにiRobotの床拭きロボットを買ったことがあるんですが、当時と比べると飛躍的に進化してます。

電源を入れてアプリからWifiにつなげたり初期セットアップしたら、掃除開始ボタンを押すだけであとは基本的に全部自動。別置きのセンサーとかも何も要りません。驚いたのは走り出したと思ったらカメラで部屋をスキャンしてあっという間にアプリ上に正確な部屋の間取りが出現したこと。部屋のどこを掃除したかリアルタイムで見られるようになっていて、同じところを二度走ることなく、隅々まで隈なく無駄なくスイスイ走ります。当然テーブルや人の手が届きにくいベッドやソファの下まで走り、もちろん終わったら自分で充電ドックまで戻ります。

さらにアプリから時間を設定して毎日同じ時間に掃除を開始させたり、どの部屋から先に掃除するか順番を指示することまで出来ます。AIの進化にちょっと衝撃を受けると同時に、石頭科技のロボット掃除機は小米傘下だけあってコスパ高すぎるなと感心しました。中国国内では既に相当人気みたいですが、そのうち世界でも大きなシェアを取りそうな気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください