幼稚園復帰

娘がヘルパンギーナによる2週間の自宅待機から解放されて、今日から幼稚園に復帰しました。ここ2週間は自宅でずっと妻と二人切りでもキツいということでほぼ妻の実家から通勤していたのですが、やっと通常の生活に戻った感じで一安心です。

ちなみに今日復帰したばかりですが、後3週間ほどで2ヶ月間の夏休みに入ります。夏休みに北京にいる義理の妹夫婦が子供を連れて深センに遊びに来るかもしれないので、一緒に遊んだりみんなでどこかに遊びに行ければいいなーと思ってます。

ヘルパンギーナ

娘がヘルパンギーナというウイルス性の感染症にかかりました。

娘の幼稚園では毎日入園するときに医務室の先生が子供の喉とか爪とかをチェックしていて、コロナもあるからか徹底してるなーと思っていたんですが、今回は娘がウイルス疾患の疑いありということで入口で送り返されてしまいました。病院に行って診てもらうと、このヘルパンギーナでした。知らなかったのですが手足口病の親戚みたいなもので、症状としては熱が出たり口の中に水疱が出来たり喉が痛いとかあるようです。

娘はその前の日に熱が出ましたが翌日にはケロっとしてたので分からなくて幼稚園に連れて行ったのですが、他の子供に伝染るということで2週間は幼稚園に行けないということに。娘はケロッとしてるだけに友達と遊べないのはかわいそうですが、それ以上に母親は日中どうしようという感じで焦ってました。7月頭にはもう2ヶ月の夏休みに入るというのに、ここでも2週間開くということで、続けて幼稚園行ってる期間短いなーという印象です。

子供が言語を認識するとき

娘が最近「言語」という概念を理解したらしく、ときどき中国語で「コレ○○語で何ていうの?」と聞いてきます。娘は2歳ぐらいから相手によって中国語、英語、日本語を使い分けてましたが、4歳になった今は「世の中には複数の言語がある」ことを理解し、かつ「自分は今何語を話しているのか」ということを意識出来るようなったようです。

中英バイリンガルで日によって習う言語が違う幼稚園に通い始めたこともあって、今日は英語の日、明日は中国語の日という感じで日常的に言語を意識することが多い特殊な環境にいることも手伝っていると思いますが、4歳で理解出来るもんなんだなぁとちょっと関心しました。相変わらず日本語の維持のための施策が足りてないですが、来年からは毎週土曜日の日本語クラスに入れる年齢になるので、入れるようになったらすぐ入れようと思います。

減っていく日本語

幼稚園に通い始めてからというもの娘の口から発せられる日本語が減っている気がします。幼稚園では英語と中国語なので、徐々にこの2言語が強くなっていくだろうなとは思っていたものの、思ったより急激に変化している印象で、最近はわたしがなんとか日本語で話させようと思って日本語で話しかけても、返事は大体中国語か英語です。

土曜日に日本語の補修クラスが南山にあるというのは知ってるんですが、対象年齢は5歳以上。この調子で行くと確実に日本語忘れるので、5歳になったらちょっと遠いですが南山まで日本語補習クラスに通わせようと思いました。今の家から片道1時間ぐらいかかるのでちょっとキツいですが、大きくなってから言語を身につけるのはもっと大変だし、言語は親が子供に与える事のできる最大のギフトの1つだと誰かが言っていて、確かにと思ったので(送り迎えを)頑張ります。

あとは日本語を使う楽しい習い事をさせるとかも良いかもしれませんが、深センでもありそうだなあと思い浮かぶのが柔道とか剣道とか武道系ぐらいだし、そもそも今住んでる場所は日本人があまりいないエリアなので選択肢がなさそうです。国際結婚の家族にとっては多分あるあるな難しいトピックです。

幼稚園に行きたくない娘

子育てあるあるかもしれませんが、娘が幼稚園に行きたくないと毎日のようにゴネてます。妻の妹と話していても、娘のいとこも幼稚園に行き始めて半年ぐらいずっとゴネてたそうで、子供はみんなそうなんでしょうか。

今の幼稚園に行き始めたばかりのときは色んな遊びとか活動があって楽しい!と言っていたし、もうすぐ行き始めて2ヶ月になり友達もできてきて徐々に慣れてきているはずで、アプリにアップロードされる写真を見ても楽しそうに遊んでいるので家にいるより楽しそうなものですが、なぜゴネるのか不思議です。お昼寝タイムが嫌なのは普段の生活パターンから分かるんですが、子どもの世界は不思議で奥深く、なかなかよく分かりません。

まあ9月に深センに渡ってここ3ヶ月ほどで住む家も香港の家から妻の実家に、そして今の家へと生活環境が目まぐるしく変わって新しい幼稚園も始まってということで、まだ適応している途中なのかもしれません。

寝ない子

寝る子は育つといいますが、うちの3歳9ヶ月の娘は昼寝しません。香港にいるときぐらいから昼寝させようとするとこの世の終わりかというぐらいに大激怒するようになったので、どうせコロナで家にいるんだしいいかと思って昼寝はもう基本諦めて、そのかわり夜8時とかに早く寝るようにしてました。

最近幼稚園に行き始めたんですが、当然のように幼稚園にはお昼寝の時間があります。同じクラスのみんなが寝ていれば娘も昼寝するのかなと思っていたら、全然寝てないそうです。先生とWeChatでしょっちゅう会話できるという環境もあり、けっこう細かく状況を聞けるんですが、昼寝の時間は1人だけ寝ずに先生に付いていったり、1人で遊んだりしてるそうです。

で、幼稚園に行くと色々と活動があるので3時半ぐらいに家に帰ってくるときには結構疲れていて、わたしが家につく7時頃にはだいたい既に機嫌が悪いです。昼寝して夜ご機嫌でいてくれたほうが個人的には嬉しいんですが、ここまで昼寝が嫌いというのは頑固というか我が強いというか。一体誰に似たのでしょうか。。

中国ビザGET

最後まで一筋縄ではいかない中国ビザでしたが、今日無事に受け取れました。無犯罪証明書が取れるどうかから始まり、ビザの申請が出来るのか、国境を渡れるかどうか、各ポイントで不確定要素があって、行ったり来たりして娘の幼稚園が始まるプレッシャーもあり精神的に疲れましたが、ようやく終わりが見えてきて単純に嬉しいです。

深センの幼稚園は予定通り今日からスタートしていて、娘は越境したあとは隔離もあるので3週間ほど遅れますが、無事に幼稚園にも行き始められるようになり、本格的に新しいチャプターが始まります。7ヶ月の一人遊び期間を経て、ついに同じ年齢の子供と遊べるようになり、幼稚園に通い始めてどういう変化をするか楽しみです。

幼稚園も再開

娘が去年の終わり頃まで通っていた幼稚園はコロナで半年近く閉まっていたんですが、最近段階的に再開していました。妻が幼稚園の園長さん兼オーナー(70歳ぐらい)と仲が良く「来週から3歳のクラスも子供の人数を絞って再開するけど、来ますか?」と突然メールが届き、もちろん快諾。この幼稚園はこのご時世に家族経営のアットホームで自由な雰囲気で、深センに行くまでのつなぎの2ヶ月ほどでも問題なく受け入れてくれました。

ということで、今週から毎朝家族3人で家を出て一緒にバスに乗っています。毎日のルーティーンが久しぶりに戻ってきて、妻も娘も喜んでいて嬉しいです。この調子で規制が緩和されてビザもうまいこといって9月までに深センに移れるといいなぁと期待しています。

深センのインター幼稚園の面接

娘のために申し込んでいた深センのインター幼稚園の集団面接に週末参加してきました。面接は2部分に分かれていて、子供は子供だけで教室に集められて先生と遊び、その様子を観察。あとで先生と話したら、先生が娘の名前を見て中国語は話せないかもと判断してずっと英語で話しかけてたという話はちょっと面白かったですが、娘は香港で通っていた幼稚園のおかげで英語も多少理解するので、ある程度ふつうに反応して遊んでたようです。

で、その間に両親は別の部屋で15分ぐらい面接。なぜこの幼稚園を選んだのか、教育において重視することは何か、など親の教育に関する考え方を確認する質問がほとんどでした。もうちょっと生活や子供に関することを聞かれると思ってましたが、考えてみると親に自分の子供のことを聞いても絶対に良いことしか言わないので参考にならないのかもしれません。とりあえず妻と一緒にソツなく教育に関する考えを頭のどこからかひねり出し、無事に終了しました。近いうちに結果が出るそうなので楽しみです。

深センで幼稚園再考

以前にも色々書いていた通り来年娘が幼稚園のK1クラスの年齢になるので香港のローカル幼稚園に申し込んでいたんですが、状況が急転したため香港の幼稚園の面接には参加せず、今度は深センの幼稚園に申し込むことに。幸いにも深センの幼稚園は申込のタイミングが香港よりだいぶ遅く、まだまだ時間はあります。

妻の実家の近くに英語と普通話で教えるインター幼稚園があるので、そこに申し込もうとしています。香港に比べると深センは外国籍の子供の数が少なく、学校は多様なバックグラウンドの子供を集めたいので、外国籍だと優遇されるという話もあるみたいです。深センでは家賃を筆頭に生活費ががっつり下がるのでインターの学費も払えそうだし、これもまた不幸中の幸いということかもしれません。