中国での結婚式とオリンピック

明日から有給を取って2泊3日で惠州の海辺のホテルで週末を過ごしてきます。土曜日は妹の結婚式があり、子供4人含む大家族で一緒に過ごすので楽しみです。家族全員揃ってホテルで休暇というのは初めて。今日は11月末だというのに日中半袖でいけるぐらいの気温だったので、週末も同じような天気なら下手したら海で泳ぐことすら出来るかもしません。

ヨーロッパも日本もまたコロナの新規感染者が増えて大変なことになってますが、震源地だった中国国内は今やどこ吹く風で、こうやって結婚式で大人数が集まることも出来ます。これも厳しい越境制限と抜け道ゼロの隔離政策の賜物と思うと、深センに渡ったときに14日間隔離されたのも悪くなかったような気がしてきます。ヨーロッパでも日本でも個人の自由を尊重して強制隔離が出来ないことで感染が広がって、結果的により大きな集団の自由も阻害されて経済に悪影響を及ぼしてます。欧米や日本が尊重する個人の自由ってこういう非常事態においては一体誰の得になるんだろうかと、中国寄りな思考が働いています。

仮に来年のオリンピックの開催国が中国だったらきっと厳重な検査と隔離措置を取ってやれてしまう気がしますが、日本国内すら感染を抑えきれていない状態で海外から人を呼び込むのはかなり無謀です。来年の夏までにワクチンが承認されて行き渡って、日本に来る人全員ワクチン打ってから来るという状態にならない限り難しいと思っています。

香港に隔離なしで行ける

日本大使館からいつもの「香港政府の防疫措置等に関するお知らせ」が届きました。今まで大体これこれの措置が追加されます又は延長されますという話ばかりだったんですが、今回は下記の通りビッグニュースが入ってきました。

広東省・マカオから入境する香港居民の検疫免除
11日、香港政府は、この23日(月)から【回港易スキーム-広東省及びマカオから入境する香港居民への検疫免除計画(Return2HK)】を以下のとおり実施する旨発表しました。
(1)香港居民であり、且つ過去14日以内に香港、広東省、マカオ以外の滞在歴がない場合には、香港入境時の検疫を免除。
(2)本計画の実施当初は、深せん湾出入境ポイントからの入境者数を1日3000人、港珠澳大橋出入境ポイントからの入境者数を1日2000人に制限。
(3)本計画の利用を希望する香港居民はオンラインで申請。第1期申請受付期間は11月18日から21日まで。
(4)申請を受理された香港居民は、広東省又はマカオにある香港政府承認の医療機関で核酸検査を受け陰性証明を取得。検体採取は香港入境日及びその前3日以内に実施。
(5)入境者は、入境前にウイルス検査の陰性結果を広東省健康コード又はマカオ健康コードに転送し、その他の必要情報を入力して健康申請を完成。その後、緑色QRコードが発行され、香港入境後の14日間の強制検疫が免除となる。

つまり、広東省に住んでいて香港居民でもあるわたしや妻、娘は隔離なしで香港に渡れますが、大陸に戻るときはまだ隔離が必要。片側だけでも隔離がなくなったのは良いニュースですが、戻るときが大変なのでまだ香港には行けません。最近は香港への入境規制も日本含むハイリスク地域から来た人はホテル隔離が必須になったりと厳しくなっていて、中国と近いレベルになってきてます。これで感染を抑え込めれば香港から中国への越境も隔離なしになる日が来るかもしれません。

香港 – 深セン間ですらいまだにこんな調子なので、中国 – 日本間が隔離なしになるのは、ワクチンが出回ってからになると思っています。来年の娘の夏休みの頃には日本に行きたいなーと思ってます。

やっと解放

明日金曜日にPCR検査をして土曜日に解放と聞いていたのが、今日急に人が来てサクッと鼻と喉に棒を突っ込んで粘膜を採取していきました。聞いてたことがコロッと変わるこういうことは、まぁ日常茶飯事。今回のケースは急に1日早まったので、嬉しい限りです。14日の隔離も過ぎてみると早いものでした。というわけで明日の午後ぐらいに静かな隔離生活から解放されて、本格的に深セン生活スタートです。といっても午後は仕事でリモート会議なので、実際に外に出るのは夕方ぐらいになりそうです。

さすがに飽きてきた

今日で12日目に突入した思ったより快適な隔離生活ですが、さすがに毎日同じことの繰り返しにちょっと飽きてきました。仕事があるだけ平日はマシですが、週末はさすがに暇でした。金曜日に丸14日経つので、もう一度PCR検査をして陰性なら晴れて開放となります。検査結果待ちの時間があるので、実際に自由の身になれるのは土曜日、越境から15日目になりそうです。翌週は中国側での身体検査など労働許可証がらみや銀行の手続きなど、やることが盛りだくさんです。

ちなみに明日はわたしの誕生日。誕生日が来て嬉しい年齢ではないですが、まさか隔離していることになるとは。娘が喜ぶので一応ケーキのデリバリーでも頼もうかと思ってます。

快適な隔離

あっという間に隔離開始から一週間経過しました。あと残り1週間で晴れて自由の身です。ホテルではなく自宅隔離で仕事もしてるので、ほとんど香港で自宅勤務してるときと変わりないどころか、家が広くて通販が発達してる分ラクなぐらいです。中国の通販は発達していてモノによっては日本のアマゾン並に当日配送とか、夜買ったものが翌日朝届くとかはザラなので、ある意味隔離向きな環境です。

家族3人でホテルの一室に2週間缶詰でずっと出前ばっかり食べてたら相当きつかったと思いますが、キッチンがあって自分で料理出来るのは時間も潰れるし健康だし、越境当日とその翌日以外は普段のペースがほぼ乱れてない快適な隔離生活を送ってます。

隔離6日目

深センでの隔離生活が始まって6日目になります。家だし中国はデジタル大国なので出前でも食材でも必要なものは外に出なくても手に入るし、家は香港より広いので娘は室内で走り回れるし、正直けっこう快適です。仕事がなかったら暇すぎてキツかったかもしれませんが、平日は仕事で時間がつぶれるので退屈すぎることもありません。

あと残り1週間ちょいで自由の身になったら、今度は中国側でもビザ関係の書類申請を完了する必要があり、そのために病院で健康診断を受けるとか、最寄りの派出所に住所を登録するとか色々やることがあります。モノによって越境から30日以内という決まりがあるので、効率よく終わらせるため事前に準備をしたりしています。

香港から深センへの越境と隔離プロセス

先週末についに国境を突破して7ヶ月ぶりに香港から出て深セン入りしました。出入国から隔離のプロセスはなかなか大変でしたが、面白かったです。

香港からの出国はいつものようにIDを確認するだけで簡単でしたが、中国入国の前にまず45分ほど並び、24時間以内に受けたPCR検査の結果を確認したあと、なぜか紙とオンラインフォームの両方に名前、住所など全く同じ情報を2回記入します。娘と合わせて3人分なのでけっこう面倒でした。その紙とオンラインフォームの情報を確認すると何やら小さいバーコードが発行されて、それぞれのIDの裏に貼り付けられます。で、なんとかイミグレに到達してIDとビザの確認をして入国完了。香港側のイミグレについてからココまで2時間弱ぐらいだったと思います。

で、イミグレを出ると今度は住所や行き先に従って隔離のため各区のホテルを割り当てられ、同じホテルに行く人は集団で移動するためバスが来るまでそこで待機。ここでまた小一時間ぐらい待ちました。ホテルに着いたらまたオンラインフォームと紙に色々同じような情報を記入させられ、ホテルで全員PCR検査。ホテルは子供連れ3人だったからかリビングルームがある大きな部屋があてがわれ、その日はそのままホテルで過ごしました。ちなみにホテルの中では各階にWeChatのグループが作られ、そこでルームサービスや出前の食事を届けてもらうとかのやりとりをしてました。

以前の記事で書いたとおり子供連れだと自宅隔離を選択可能ということで申請していたので、翌日PCR検査の結果が出ると家の管理所から連絡があって昼すぎには家に到着できました。家についたら噂の通りドアに開けると管理所が分かる装置をつけられて、出前とか買い物を受け取るとかでドアを開けるときはWeChatで通知するというプロセスになってます。ここで残り12日間隔離になりますが、家だと料理も出来るしホテルよりも断然快適です。

中国のスケールで正直よくここまで徹底できるなと関心しました。特に深セン、広州、上海あたりは国外から毎日人がどんどん移動して入ってくるわけで、イミグレの対応やPCR検査、ホテル、バス、さらに各住居の管理所など色んなところに相当なコストがかかっていると思います。

中国の隔離政策はすごい

もし無事にビザが出れば来週にも香港から深センに移動するということで、深センの隔離政策について聞いたらどうやらすごいことになっています。まず、これは知ってましたが越境する24時間以内に受けたPCR検査の陰性結果が必要で、越境した後にもう一回PCR検査を受けて、この結果が出るまでは全員ホテルで1-2日待機。ほとんどの人は指定されたホテルで14日間過ごします。

14歳以下の子供と一緒の人は自宅隔離も可能ですが、そのためには事前に家の管理所に連絡し、管理所が「街道辦」という政府期間に連絡。越境後のPCR検査が陰性ならイミグレが「街道辦」に連絡し、問題なければ管理所が車を手配して家まで搬送され、家に入ったら14日間外に出ないように家の外に警報器を設置されるらしいです。さすがにやりすぎだろと思いつつ、一方で自宅隔離でここまで徹底できるのは単純にすごいと関心する面もあり、中国行政のパワーの片鱗を見た気がします。

中国の感染者数の総数は間違いなく過小報告されていると思いますが、入国の規制も含めてこれだけ徹底していれば感染者の抑え込みがそこそこ上手く行っているのは本当なのだと思います。ちなみに今外国人は中国から一度出ると新しく発行されたビザがないと再入国できず、新規ビザ発行は今わたしがやっているように相当難しいので、ほとんどの外国人はほぼ国境を越える移動ができない状況です。わたしも一度国境を渡ったら中国が入国規制を緩めるまではよっぽどのことがない限り中国から出ない予定で、今年の年末までに緩和がなければ日本には帰れないだろうなと思ってます。年末もしまだ香港にいたらまた話は別ですが。

深センの隔離政策について朗報

まだ中国のビザ申請のための書類を待っている状況ですが、深センに渡れたとして、そのあとの隔離政策について調べていました。基本は「指定のホテルで14日間の隔離」ということで、3歳児と一緒にホテルの1室で14日間はきついなぁと思っていたら、よく深センと香港を行き来していた妻の友人からなんと「14歳以下の子供と一緒の場合は指定のホテルではなく、自宅での隔離を選択することも可能」という情報を得ました。オフィシャルの通知には具体的なことは書いてないのですが、中国語で検索すると同じ情報が出ていたので、おそらく間違いないと思います。

ちなみに自宅隔離にする場合のプロセスも徹底していて、まず事前にその自宅の管理所に通知しておいて管理所から車を手配してボーダーから寄り道なしで直接家のドアまで送り届け、家に入ったら玄関にカメラを設置して14日間は外に出ないように見張られるらしいです。隔離中の食料などの買物は通販で買って管理所の人が玄関まで持ってきてくれるという噂です。香港では集中隔離するにもスペースが足りなかったり、自宅隔離はリストバンド頼みで、そもそも香港は管理所がない家もたくさんあり制限が多いので中国ほどは徹底できない感じです。

ひとまず我が家もいつになるか分かりませんが深センに行くとき隔離が必要になるのは間違いないですがホテルの一室じゃないのはかなり大きい違いなので、妻のネットワークに助けられました。知らなかったらホテルで隔離されているところでした。

ついに公園開放

最近規制が緩和されて最大50人まで集まれるようになったので、ついに閉鎖されていた公園の遊具エリアがオープンしました。子供を連れて屋外で遊ぼうとすると海に行くしかなかったのが、さくっと公園に行けるようになってとても快適です。娘も外に出て公園で好きなように動き回っていると活き活きした表情をするし、やっぱり家にずっといるより親にも子供にも精神衛生上良さそうな気がします。

一方でひとまず7月頭まで延長されていた香港・マカオ・深セン間の入境規制はまた来月まで再延長される見込みらしく、期待していた14日間の隔離なしでボーダーを超えることはまだ出来ません。PCR検査の陰性結果があれば隔離をいらなくするシステムを導入しようとしているらしいのですが、なかなかいつになるのか分かりません。深セン川の隔離は自宅ではなく指定のホテルから一歩も出られないらしいので、もしビザがおりていざ家族3人で深センに行こうというときにホテルで14日間隔離となると、かなり恐ろしいです。