久しぶりに仕事の話

いまフランスの企業で働いてますが、香港オフィスに転職したのが2018年の1月。去年の年末頃から上司と話をしていて、ビザの問題で多少遅れつつも深センオフィスへの異動が無事にほぼ完了しました。ちなみに深センオフィスは1年半ほど前に作られたばかりで、もともと2人しかいない会社の中でも最小のオフィスです。わたしが異動してくる前に1人辞めたため、自分含めてオフィスは今も2人です。香港で一緒に働いていた中国大陸出身の若者も深センに移住してくるということで、もうすぐ3人になる予定ですが、それでもまだ最小オフィスのまま。

すでに深センを本社とする大手企業数社と継続したビジネスがあり、その数社だけであれば3人ぐらいで回っているというところ。香港の情勢が不安定な中、当然のことながら深セン及び広東省でビジネスを拡大するのが会社としての狙いです。自分は深センでは一番の古株になり、立場が上がるほど「売る」比率が大きくなるので、深センに異動して最古株になるということはすなわち「深センでのビジネス拡大」が主な仕事ということになります。

深センは大都市ですが、上海みたいに日系含む外資企業の中国本社が集約しているわけではないので、むしろ深センを本社として国際的にビジネス展開してるような中国企業がメインターゲットになります。下調べとしてネットで深セン本社の大企業を調べていると、聞いたことなかった会社も含めて大きな深センの会社が結構あります。それもほとんどがスマホとかカメラとかガジェットとか、自分の好きなテクノロジー産業。当然ツテも何もないし、どうやって入り込むのかは模索中ですが、まあ新しい挑戦ということで頑張ってみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください