2018年の飛行距離

もう今年の出張は打ち止めの予定だったのが、来週急遽上海に出張することになりました。仕事は1日だけなので、1泊2日の日程で行ってきます。

今年の出張を順番に並べると、こうなりました。

パリ、東京、東京、京都、東京、上海、東京、パリ、上海

香港からの往復のフライトの移動距離を計算してみたら、7万キロ強になりました。間に石垣島にも旅行で行ったので、それも足すと7.3万キロに。地球一周が約4万キロらしいので、地球2周近くした計算。多分今までの人生の中で最も飛行機に乗った1年でした。

日本帰国後のキャリアパス

ときどきLinkedInでリクルーターから連絡が来ますが、この間ちょっと面白そうな案件がありました。リクルート会社ではなくUberの日本法人の採用担当者から直接の連絡で、ちょっと面白そうだと思ってしまいました。

もし将来わたしが日本に戻るとしたら、キャリアパスとしてはこういう外資ウェブ系、外資ITかコンサル会社の日本法人が一番分かりやすいと思います。文化的には外資の方が合うし、わたしみたいな経歴の人間を高く評価してくれるのは日系より間違いなく外資だと思います。

と、求人メールを受け取ったことがキッカケで、日本に帰ると決めたわけでもないのに妄想してました。ただ、妻と話していたのは帰るにしても東京はあんまりワクワク感ないというか、東京に限らずですがもう大都市ちょっと疲れたよねという話になりました。次動くなら生活コスト、人口密度低めの小さめの町がいいなーとさらに妄想が膨らみました。

ちなみにLinkedInで求人を出してる会社から直接来る連絡は必ず外資企業から。日系企業は日本のリクルートサイトや代理店経由なので全く別ルートで、LinkedInはほぼ使われてないようです。

公園の季節

最近香港もやっと涼しくなってきて、公園が気持ちいい季節です。週末は土日連続で違う公園に娘を連れて行きました。散歩をしたり遊具で遊ばせていると軽く2時間ぐらい経っていて、やっぱり室内のプレイエリアとかで遊ばせているより全然気持ちが良いです。香港は冬になっても大して寒くないので、これからしばらくは公園に行きまくると思います。

「ソフィ-の世界」読了

「ソフィーの世界」上下巻を一気に読みました。哲学史という何ともとっつきがたいトピックにも関わらず、ストーリーに引き込まれてどんどん読み進められたのは、本当に著者がスゴイとしか言いようがありません。ストーリーもそうですが、哲学の歴史や内容にも妻が大学で学んでいる内容と関連があって出てきたりして、とにかく面白かったです。できればもっと若いときに読みたかったし、娘が大きくなったら読ませたいと思いました。


新装版 ソフィーの世界 上 ―哲学者からの不思議な手紙
NHK出版 (2012-07-31)
売り上げランキング: 1,782

安倍政権の移民政策

安倍政権の移民政策に関する記事を見つけました。移民が来ることで日本の若者の賃金が低く抑えられ、さらには企業の生産性向上のモチベーションも削ぐなど、とにかく悪いことだけが書いてあります。最後の方はちょっと暴走気味。

じゃあ移民が来なければ賃金も生産性も上がるのかと言うと、疑問です。そもそも人手不足と言われてるのは介護、農業、外食など生産性向上だけでどうにかなる種類の業界じゃないし。賃金上げようが絶対数が足りない限りどうしようもないし、賃金上げてビジネスが成り立たなくなったら元も子もありません。

外国人は一般的に日本人ほどおとなしく言うこと聞かないので、労働環境の改善に貢献する可能性もあるかもしれません。

 

若い人募集中

会社で元上司だったフランス人の同僚が辞めて、ほぼ入れ替わりで新しい社員が入ってきました。今度は香港人の女性で、職場の異常に高いフランス人比率と男性比率が少し下がりました。

ビジネス好調のようで、もう一人若い人を募集中。うちの会社は若くてやる気ある人を比較的安く雇って育てて高く売るビジネスモデルなので、経験の浅い人には良い職場だと思います。

早起き開始

今の会社に転職してからというもの、始業時間がてきとうなのにつられて私も朝起きるのが遅くなり、ゆっくり出勤するようになってました。が、最近仕事が忙しくて時間が足りなくなってきたので、早起き開始しました。と言っても、世の中のほとんどの人と同じぐらいの時間に起きるようになった感じですが。

朝早めに出ると電車も空いてるし、誰もいないオフィスに早く着いて1人で1-2時間集中して仕事をするとスッキリします。夜は子守りのためほぼ残業出来ないので、朝早く起きるのが働く時間を生み出す解決策としてベストでした。

D PARKに行ってきた

噂に聞いていた子供連れに優しいショッピングモールD Parkに行ってきました。子供が遊べるスペースがたくさんあり、全体的に広くてちょっと中国大陸のモール的な雰囲気があります。

住んでいる場所からはかなり遠いので頻繁に行くことはないですが、近くで用事があるときには便利だと思います。

週末かなり長い時間を娘と二人で過ごしたので、出張中にだいぶママ寄りになっていたのを、ちょっと信頼を取り返して仲良しモードになり嬉しいです。

香港ディズニーランドのお得なチケット

香港はなんだかんだ言って狭いので、娘を遊びに連れて行く場所が徐々にマンネリ化してきてます。娘はいつも同じ公園でも全然飽きないんですが、親が飽きてきます。

涼しくなってきたし行ったことないし、香港のディズニーランドでも行ってみようかなーと思って見ていたら年末まで有効の2日間のチケットを発見しました。娘はまだ無料なので、休日午後が2日つぶせて1回あたり335香港ドルなら悪くないかなーと思います。

ちなみにこのチケットは香港IDホルダー向け限定オファーみたいです。

「犬ケ島」に見る日本のイメージ

最近は普段あまりゆっくりする時間もなく、映画もめっきり見なくなりました。映画館にはもう2年くらい行ってないと思います。なので、出張のときの飛行機がほぼ唯一の映画タイムになりつつあります。

前回のパリ行きの飛行機で見たのが「犬ケ島」という映画で、かなり面白かったです。エンディングでもうちょっとどんでん返しみたいなのを期待していたのが、ちょっとあっけなかった気もしましたが、全体的にはとても面白く見られました。ストップモーションアニメで4年かけて作った大作ということで、とにかく映像の見応えは抜群です。

制作チームは全然日本ではないんですが、なぜ映画の舞台を日本を選んだのか気になるところではあります。たぶん不穏でクレイジーで異国な雰囲気を出すのにベストだったのが日本だったのだと思います。