中国の就労ビザ申請に暗雲

深センの工作許可証の申請から2週間が経過し、無事に承認されて「工作許可証通知」下りました。通常であればこの通知をもって香港で就労(Z)ビザを申請が出来るという状況になったところで、暗雲が立ち込めてきました。

今コロナで閉まっている香港の中国ビザセンターですが、5月頃に問い合わせたときは「Zビザの申請は今はオススメしないけど、申請しても下りるかわかりませんよ」というぐらいの感じで、とりあえず申請してみようという話だったのですが、閉まってるのでどうすればいいのかメールで問い合わせてみたらこんな回答が。

We don’t accept working (Z) visa application at this moment, if you want to entry China with necessary economic, trade, scientific and technological activities reasons, please provide Invitation letter (PU) from the Foreign Affairs Office, People’s Government of Chinese Province (人民政府外事辦公室), Department of Commerce of Chinese Province (省級商務庁) or Central State-owned Enterprises (中央企業總部) to apply emergency business visa.

ここ数ヶ月で政策が変わったのか、数ヶ月前に問い合わせたときの担当者が適当に答えたのか分かりませんが、今は直接Zビザは申請できず、出来るのは緊急商用ビザ(どうやらMビザ)のみ。この申請のために中国のたいそうな響きの機関からの招待状が必要とのことで、一応ビザのサポートをしている会社に問い合わせたところ、レターの申請は出来るが批准されるかどうかは深センの機関次第のため不透明とのこと。

調べてみると似たような状況で招待状とMビザを取得できた人はいるようで、特別措置としてこの緊急のMビザを越境したあとに現地でZビザに切り替えるプロセスが存在するようです。あとこの招待状が手に入らない場合には、どうやら申請自体はできそうな親族ビザを申請して国境を渡り、深センに着いてからMビザみたいに切り替えられるか聞いてみるとかでしょうか。

Zビザって、取得可能なのか?? | ラオフログ

緊急手配のMビザ、続報 ~6月11日 | 駱駝の蘇州便利手帳

さらにさらに、なんと香港でのビザの申請時にもPCR検査の陰性証明が必要という意味の分からない制限も加わっていました。国境渡るときに必要なのはまだ意味が分かるとして、申請のときに陰性かどうかなんて関係あるのかと。とにかく越境を規制したいのでビザを申請する人が減るように制限を増やしているのだと思います。

というわけで暗雲が立ち込めていますが、もうこの状況ではなるようにしかなりません。出来ることをやって、運に身を任せます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください