一転して探親(Q1)ビザ申請へ

就労ビザ申請に暗雲が立ち込む中、結局今比較的カンタンに申請できそうな探親(Q1)ビザで越境する方向で話が進んでいます。ビザサポートの会社によると経験上どのビザで越境しても深セン側での手続きには影響がないということで、たいそうな機関からのレターが必要な緊急商用ビザよりも家族ビザの方が賢明だろいうということでした。

ネットの情報では緊急商用ビザを取れたという人もいるようですが、うちの会社はグローバル中小企業なので中国の公的機関とそこまでの関係性がないのか、深センの公的機関が上海よりも保守的でそう簡単にはレターを出さないのか分かりませんが、とりあえずビザサポートの会社はレターをもらうのは諦めモードでした。

二転三転しましたが、妻が中国人という立場がなければ出来なかった方法でとにかくビザ申請にトライしてみることになりました。ビザセンターからは不要不急のビザ申請はしないでくれと言われていて申請が受け入れられるかどうかは中国のイミグレ次第ですが、さすがに「ビザがないと家族に会えない」と言ったら無下に断られることはないんじゃないかと希望的観測をしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください