ビットコイン上げ

去年ビットコインの本を読んで何とも言えないロマンを感じてしまい、勢いで余剰資金を投じて買ったすぐ後に暴落していたビットコイン。気づいたら持ちかえすどころか、久しぶりに10,000USDを突き抜けていました。下がったときにビビって売らずに、ロマンを信じて持っていてよかったです。4-5年ぐらいは寝かせるつもりで買ったので、今後また暴落したりすると思いますが、乱高下しても気にせずに放っておこうと思います。

ビットコイン関連記事はこちらから

中国で人民元定期預金を継続しました

週末深センに行ってきました。人民元定期預金が満期になっていたので、ついでに久しぶりに中国の銀行に行ってきました。金利が下がってたらそろそろ香港に資金移動しようかなーと思っていたら、いまだに20万元(約330万円)以上で3-5年とかにすると4%近い金利が付き、数年前からほとんど下がっていなかったので定期を継続することにしました。

ちなみに人民元はそのままでは海外に送金は出来ませんが、現金でハンドキャリーなら中国から香港への持ち込みは1日につき1人2万元(約33万円)までは合法。中国人なら年間5万USドルまでという制限はあるものの、外貨に両替してからなら海外送金は可能だそうです。この制限があるため、海外で家を買う中国人は計画的に毎年資金を移動させたりするらしいです。うちはとりあえず必要のない現金は人民元定期で置いておき、娘の学費など必要なときに持ってこようと思っています。

香港にもネット銀行が誕生する話

日本では楽天銀行をはじめとして店舗を持たないネット銀行がいくつもありますが、香港には一つもありません。店舗のないネット銀行(virtual bank)にはHKMA(香港金融管理局)のライセンスが与えられないからです。ところがこのライセンスの要件が変更されて、2019年1-3月期にも香港でネット銀行にライセンスを発行する可能性があるそうです。

Hong Kong Monetary Authority updates on processing of virtual banking license applications – FinanceFeeds

現在30件ほどの申請があり、そのうち3分の1が次のステップに進んでいるらしいです。わたしはほぼHSBCに集中していて、今は慣れたのでそんなに不便は感じていないですが、ウェブサービスがらみは新しいもの好きなので香港初のネット銀行が出来たらつい試しに口座開いてしまいそうな気がします。

HSBCのジョイント口座で家計管理

HSBCで妻と連名のジョイント口座を開きました。二人のIDやパスポートなどを持っていったら小一時間ぐらいでサクッと完了して、ATMで使える新しいジョイント口座のカードもその場でくれました。

インターネットバンキングの口座も追加されて、自分のアカウントにログインするとジョイント口座も合わせて2つの口座が見えるようになり、なかなか使い勝手が良いです。

預金はまぁどこに置いといても別にいいんですが、毎月のキャッシュフローをジョイント口座に入れて家計管理に使う予定です。

ビットコイン創生期のドキュメンタリー

ビットコインとブロックチェーンに関する良書に続いて、もう1冊ビットコイン関連の本を紹介します。徹底的に取材されたビットコイン創生期のドキュメンタリー。フィクションなんじゃないかと思うぐらいのストーリー性と完成度で、どんどん引き込まれて一気に読み切ってしまいました。まだ実際にビットコインがどうなるか決着はついていないため、話の続きは現実世界で進んでいくという面白さもあります。

 

デジタル・ゴールド--ビットコイン、その知られざる物語
日本経済新聞出版社 (2016-10-21)
売り上げランキング: 32,420

 

前回紹介した「いまさら聞けないビットコイン」はまさに解説本ですが、こっちは小説を読んでる感じです。読んだら登場人物やビットコインに感情移入して応援したくなり、わたしも実際にbitFlyerでアカウント開設してビットコインを買いました。今金融庁の業務改善命令を受けてアカウント作成が一時停止中ですが、直前に滑り込みました。

小米(シャオミ)株が続伸中

IPOのタイミングでちょろっと小米(シャオミ)株買いましたが、初日の16香港ドルから1週間で21香港ドルまで約3割も続伸。もっとガッツリ買っとけばよかったです。と言っても、まぁ結果論で何を言ってもしょうがないし、株式投資について全く素人なのでビビりながら投資するぐらいが丁度よいと思ってます。

小米のプロダクトが好きなのと、これからも良いプロダクトを作ってくれそうだと思うというだけの理由で株を買ったので、財務的にどうとか株価が割安なのかどうかとか、はっきり言って一切分からないし、そういう類の分析をできるようになるために勉強する気があるのかどうかというと、あまりありません。

ビットコインとブロックチェーンに関する良書

最近仮想通貨を扱っているお客さんや知り合いがいたりして、ちょっと最低限の知識を付けておこうと思って読んでみました。ビットコインやブロックチェーンに関する本は初めて読みましたが、ネットでちょっと検索したぐらいでは得られない情報が満載で、良書だと思います。ブロックチェーンの技術的な部分、ビットコインの成り立ちやその他の仮想通貨の特徴など、技術者でない人に分かりやすく説明されてます。

 

いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン
ディスカヴァー・トゥエンティワン (2017-03-28)
売り上げランキング: 3,014

 

ビットコインを始めとする仮想通貨そのものがどう社会に浸透していくのかまだまだ読めないですが、東京三菱UFJが自社で取引所を開設してMUFGコインを発行するというニュースもあったり、ブロックチェーンという技術そのものは何かしらの形で社会で活用されていくと思います。やっぱり新しいテクノロジーの話は読むと興奮します。
ついでに、最後にちょっとフィンテックに関する話もあり、これは大体知っているような内容でしたが、まとめ方がとても的確で「フィンテックってよく聞くけど一体なに?」という人にとっては読むと頭がスッキリすると思います。

小米(シャオミ)株買いました

小米が香港に上場したので、ファンとしてちょっとだけ買ってみました。口座を開いた8 SecuritiesでIPOの申込みが出来たので、軽い気持ちで申し込みしておいたら、無事に買えました。

ただ、公開価格を下回ったり上場自体は全然盛り上がってない模様。調達額も目標の半分以下とか。でもわたしは何と言っても小米ヘビーユーザーでファンなので応援しています。

小米が香港上場 中国スマホ大手、5200億円調達 (写真=ロイター) :日本経済新聞

香港の銀行の人民元定期預金利率

香港の銀行の人民元定期預金は利率が高いので、投資に疎い小心者のわたしは人民元定期預金のリピーターです。面倒くさいので同じ銀行(HSBC)からほとんど動かしてませんが、各銀行が新しい預金に対して高い金利を設定したりして預金獲得を狙ってます。

香港人の友人が各銀行の利率の比較サイト(人民幣定存息率-外匯商品-ET Net Mobile)を紹介してくれました。預金を預ける銀行を定期的に換えてぐるぐるお金を動かせば、高い利率をゲット出来るかもしれません。