深センでテスラModel 3初充電とコスト

先週納車したばかりのテスラModel 3に初めて充電してみました。今住んでいる場所の駐車場には自分用の充電器を設置することは出来ないのですが「绿侠充电」という電動車充電サービスの充電器があるので充電スタンドを探す必要はなく便利。WeChatのミニプログラムで操作して充電します。

電池残量約10%(航続距離残り40km)で充電を開始して容量の90% (航続距離380km)まで、44キロワットの充電にかかった時間は13時間で、費用は81.5元(約1300円)でした。340キロ分充電して1300円ということで、1キロあたり3.82円。1万km走って3.8万。これは日本のシュミレーションですが、ガソリン車(カローラ)だと1万kmで14万円以上ということで、費用は3分の1以下。

ちなみにWikipediaによると中国の電気の65%は石炭発電なので対して環境に優しくはないですが、コストの面で優れているのは間違いないようです。テスラの車体に太陽光発電パネルを載せて充電しながら走ればより持続可能なクリーンな車になるのにと思いました。

充電13時間は長いですが、テスラ公式サイトによると電池の寿命を延ばすには残量40%ぐらいになったら90%まで充電するのが良く、さらにスーパーチャージャーは速いですが電池の寿命を縮めるので必要な時だけ使うべしとのことです。40%(航続距離残り150kmぐらい)から充電を始めればおそらく8時間ぐらいで90%に達すると思います。

 

深センでテスラModel 3納車

旧正月休暇の最終日にテスラModel 3の納車がありました。蛇口にある受け渡しセンターに義弟と一緒に行って新車を運転して帰り、車を買った実感がやっと湧いてきました。

試乗以外では初めての電動車。ガソリン車の運転との大きな違いはブレーキだと思います。たいていの電動車にはアクセルを踏まないと減速して電力をバッテリーに戻す「回生ブレーキ」というのがついていて、ガソリン車の感覚である程度速度がついた時にアクセルから足を離すとぐっと減速します。特に駐車場の入り口でゆっくり走りつつ門の直前で止まるみたいな状況ではガソリン車に慣れてるとアクセル踏めなくて減速しすぎたりします。アクセルを離すとブレーキが効くので、慣れればほぼペダルを踏み変えることなくアクセルだけで運転できるようになり、ブレーキを使うのは完全に停車する時か急減速する時のみです。日産の新しい電動車はアクセルを踏まないでいると完全に停車する仕様になっているらしく、完全なワンペダルドライブが可能になるそうです。テスラは一応クリープするので完全に停止はしません。

自動運転補助も試してみました。速度と周囲の車との距離を保ちつつ車線に沿って自走し、ウインカーを出すだけで車線変更までこなします。カーブは速度を落としてハンドルを切るタイミングが自分の感覚と違うため若干怖いですが、高速の直線と渋滞時では渋滞中や高速では相当便利です。

テスラは完全自動運転も技術的には既に出来ると言っていて、実際私が買ったModel 3もソフトウェアアップデートで完全自動運転出来るハードウェアスペックを備えてます。正直それはまだちょっと怖いなあと思いつつも、深センでは実は既に中国企業の自動運転無人バスが試験運転されてたりするので、将来的には中国でも使えるようになるかもしれません。自分は特に運転が好きでも上手いわけでもないので、自動で安全に走ってくれるならそれに越したことはありません。

旧正月休暇終了

旧正月で1週間休暇でした。もともと旧正月は旅行名所はどこも混んでるのでどこにも行きたくないのですが、今年はコロナウイルスの感染防止のため幼稚園からなるべく深センから出ないようにとのお達しがあったこともあり、ずっと深センで今住んでいる区にいてひたすら暴飲暴食、芝生でゆったりピクニックを繰り返してました。

ゴルフ場の近くに住んでいて、近所に自由に入れるゴルフコースのメンテナンスが施された芝生の広場があるので、天気も良くてやることなかったので物凄く重宝しました。芝生で遠くまで見渡せるので娘は自由に走り回り、親は日光浴を楽しみつつ、わたしはゴルフウェッジを持っていって短い距離のアプローチ練習をしたりしてました。

平和な休暇もすぐに終わり、今日から出勤。また要求の多い中国のクライアントとの戦いの日々が始まります。4月ぐらいまでは大きめなプロジェクトが決まっていて結構忙しい予定。休み明けでちょっとまだやる気が出ませんが、早くスイッチを入れ替えて頑張ろうと思います。

社保卡GET

去年深センへの移住と共に中国の社会保障制度に加入しましたが、今日銀行に行って社保卡と呼ばれるカードをもらってきました。病院に行った時にコレがあると自己負担額が下がるので日本の健康保険証のような感じですが、同時に社会保障カードは色々な金融サービスと一体となっていて見た目は写真つきの銀行のカード、普通の銀行口座としての機能もあるため銀行に取りに行ってきたところです。

もともと中国の医療費は全体的に低いのですが、このカードがあるとさらに自己負担が下がり、香港時代のように強めの風邪薬をもらうために日本円にして5-6000円も払うことはありません。最近病院にかかってないですが、ただの風邪程度なら下手したら10分の1ぐらいで済むかもしれません。もちろん今はコロナで医者にかかるのも面倒なので多少の風邪なら市販の薬でなんとかしますが、一応安心です。

ちなみに車を買うのに頭を悩まされたナンバープレートについては外国人は2年以上社会保障に加入してないと自分の名前でナンバープレートを取ることは出来ない制限があります。既に妻の家族の名義を使って電気自動車のプレートを取る段取りになっているのであまり意味はないのですが、なので順調にいけば2022年末頃にはその資格を得て、家族のメンバーがさらに車を買うとなれば名義を変えるのは比較的簡単みたいです。

ボクシングしてきた

すごい隣人に会ったので、ボクシングのトライアルクラスに参加してきました。感想としては、予想していたよりも地味で、かつキツかったです。例えば教えてもらったボクシングの基本動作では踵を浮かせた状態で小幅でステップを踏みます。そのステップでひたすら前進を3分1セットで5セットぐらいやりましたが、2セット目ぐらいで太ももとふくらはぎの筋肉が悲鳴を上げ、左足のステップと同時に左ジャブを出し続けるメニューでは左の肩が焼けるようでした。

ボクシングはほぼ全身の筋肉を鍛えられるし、これを機にちゃんとフィジカルを鍛え直しておけば次の10年をバリバリ運動してアクティブに過ごせるかもしれません。昔フルマラソンを走った後遺症の右膝がずっと治らず、昨日も縄跳びメニューでちょっと痛みがあったのが不安材料なんですが、すごい隣人はスポーツ医学のPhDでリハビリは得意分野らしいです。想像よりキツくて怠け者でやりたくない自分もいますが、これはやった方がいいような気がしています。

「図解入門ビジネス 最新GDPRの仕組みと対策がよ~くわかる本」読了

ウェブサイトのデータを扱う仕事をしていて、最近クライアントからヨーロッパのデータ保護規制であるGeneral Data Protection Regulation (GDPR)について色々と質問を受けていました。会社の法務部門とか専門のチームがフランスにあるにはあるものの、コミュニケーションに時間がかかるしもうちょっと自分でも詳しく知っておくべきだと思って読んでみました。

図解入門ビジネス 最新GDPRの仕組みと対策がよ~くわかる本

正直法律の分野はそこまで興味があるわけでもなく途中で何度か飽きそうになったので、ゆっくり少しずつ読みました。これでGDPRのことは全部聞いてくれというレベルにはもちろんなりませんが、曖昧だった理解が明確になった部分もあり、全体的には良い勉強になりました。いまの会社の業務としては他社が開発したデータを収集するクラウドベースのプラットフォームを売ってサービスも提供してるので、その場合誰がデータ処理者になるのかとか特定の状況については詳しい記載はなかったですが概要を学ぶには良いと思います。

今ヨーロッパが制裁を含む厳しい規制を敷いて先陣を切ってますが、データに関するプライバシーについては今後他国も徐々に似たような基準に揃えてくるだろうという見込みなので、この業界に要る限り継続的な勉強が必要になる分野です。

深セン採用の進捗と隔世の感

各所にJDをポストして深センオフィスでの採用開始したところですが、1-2週の間に既に続々と応募がきています。うちの会社には本社以外にはHR部門がないので、空いた時間に自分でCVに目を通しています。深センは中国のクライアントばかりで中国語は必須とJDにも書いているんですが明らかに中国語出来ない人からの応募もあったりしましたが、数名は面接できそうな感じです。

ちなみにJDをポストしてるのがLinkedInなど主に国外で使われているプラットフォームだからか、応募も海外留学経験のある中国人や外国にいる華人がほとんどです。同僚に聞いてみると中国も日本と同じで求人系のプラットフォームは国内向けと国外向け(LinkedIn)で分かれているみたいです。

一方で応募した方もフランス企業の深センのポストに応募して面接で日本人が出てきたらビックリするだろうなとか思いつつ、右も左も分からないまま北京に来た10年前からすると、まさか深センでCVスクリーニングして採用面接してるとは隔世の感があります。

すごい隣人に会う

妻が娘と家の下を散歩していたところ、すぐ横の建物に住んでいるアメリカ人の女性に出会いました。アイコンタクトして挨拶したら会話が始まり、聞いてみるとスポーツインストラクター(専門はなんとボクシング)で家で色々教えられるというので、ちょうど娘が旧正月で1ヶ月幼稚園が休みなので週末試しに行ってみることに。マンションの最上階の家で屋上に色々と運動器具が置いてあり、子供を教えるのも上手で楽しかったです。家から徒歩3分で、親も一緒に走ったり跳ねたりして運動になるし、アメリカ人なので言語も英語ということで英語も同時に学べて一石三鳥ということで、休み中の活動としては完璧です。

クラスのあとに喋っていたら、なんとこのインストラクターはアメリカ女子ボクシングの元オリンピック代表候補で元アメリカ代表チームのコーチ。今は色々あって中国代表チームのコーチで、コロナで選手が移動できなくなったので中国代表チームにはリモートで教えながら、外部の人にも家やジムで色々教えていると。しかも運動だけでなく修士号たくさんと博士号まで持つインテリ。ネットで検索すると結構いろんな情報が出てくるちょっとした有名人でした。深センにはあと3年いる予定で、その後はアメリカのオリンピックチームにコーチとして戻るという何とも現実離れした話でした。

面白い出会いがあるものだなあと驚いたと同時に、こんなにすごい人ならちょっと自分もボクシング習って鈍った身体を鍛え直してみようかなと思い始めました。ちなみにコーチのこの女性は最初自分よりちょっと年下ぐらいかなと思っていたら、実際にはほぼ10個上で見た目がめちゃくちゃ若く、やっぱりガッツリ運動してると老化防止にいいんだなと思いました。

テスラ予約

テスラに決まり、資金移動の目処も立ったので早速テスラModel 3を予約しました。頭金の1000元を支払い、もう後には引けません。今年3周目の年男にしてこんなに高いもの買うのは初めてなのでちょっと震えています。ローンを組むという手もあったのですが、手続きが面倒くさそうだし金利払いたくないので香港から資金を移動して一括にしました。

ちなみに今Model 3は予約から納車まで4-6週ということです。テスラ車には厳密に○○年度版というのは無く、1-3ヶ月ごとにどんどん改良されているらしいですが、2021年度版と巷で呼ばれている新しいバージョンでModel 3は見た目がいくつか良くなった所もあり注文が増えてるらしいです。それでも上海製造のModel 3が発売されたばかりだった去年の今頃は納車まで3-4ヶ月かかると言っていたので大分落ち着いています。

で、最近テスラについて色々調べているんですが、元テスラ社員で経営コンサルタントという人がやっているYouTubeチャネルがちょっと胡散臭いですが面白いです。動画はテスラの売り込み的な感じが強くどれだけ客観的な評価なのか分からないですが、特に自動運転戦略の違いはセンサー型とカメラ型が技術的にどう違うとか全然知らなかった内容で勉強になりました。

テスラの基本戦略①:垂直統合テスラ流、驚きの全容! – YouTube

テスラの自動運転戦略は、他社とあまりに違う!どう違う?! – YouTube

電話を再定義したiPhoneと同じようにテスラも車を再定義している感じ。スマホのパターンを踏襲するならAndroidスマホが今ほぼiPhoneに追いついたようにそのうち他社も追随してくるのだと思いますが、iPhoneが最初の5年ぐらいまでは断トツの使い勝手だったことを考えると、やはり今の段階では垂直統合した先行者が各方面で強いと思います。

ついでにガソリン車の会社はレガシーがたくさんあるのでテスラほど全方面で革新的なことをやるのは難しいだろうし、電気自動車の世界は今のガソリン車の世界と全く違う会社ばかりで争っているという未来もありえるかもしれません。現に今時点でテスラの競合と言えるのはGoogle参加のウェイモとか、中国だと蔚来(NIO)とか電気自動車専業の会社だし、日本からも全く新しい革新的な電気自動車の会社が出てきて欲しいところですが、多分出てこないと思います。

年男と中国のベテラン

旧正月が近づいてきて町の色々な場所で旧正月の飾りを目にするようになりました。年末年始に日本にいなかったので2021年の干支が何なのか意識してなかったですが、旧正月の飾りを見て今年は牛年だと知りました。3周目の年男です。娘もこのあいだ生まれたと思ったら来月4歳。一番上の甥っ子は高1で16歳とか、時が経つのが早すぎます。

日本で大学を出て働き始めたのがもう13年前とかちょっと信じられません。イギリス留学で初めて日本国外に住んだのが2007年でしたが、そこから14年間のうち11年も国外に住むことになるなんて、そしてそのうち10年が中国になるなんて思ってもみませんでした。こう考えると人生のほぼ3分の1の時間を国外で過ごしていることになります。ちなみに2011年夏に中国に来たので今年の夏で丸10周年。香港を含めるならもう中国のベテランと言っても良いかもしれません。