リクルーターからの求人紹介に変化

転職してから7ヶ月経過。ウェブやアプリのデジタルデータの収集や分析、活用を専門分野とするテクノロジー兼コンサル会社で働いていますが、最近LinkedInでリクルーターから連絡が来て求人を紹介されることが増えてます。

以前もリクルーターから紹介が来ることはありましたが、今までと違うのは求人の内容。数年前はほとんどが「日系営業」の案件でしたが、最近は日系案件はほぼなくなり、テクノロジー企業はもちろんユーザー企業の分析部門の求人まで紹介されるようになりました。やはりこのデジタル社会で、データの有効活用には力を入れてる企業が多いようです。

そもそも日系という縛りのおかげで今の会社に潜り込めたわけですが、結果的に日系以外で使える経験やスキルを得られているので、転職前に思い描いていた良い方向に向かっていると思います。まだまだ得るものは多そうだし職場の雰囲気も快適なので、しばらくは今の会社で頑張ろうと思いますが、次のステップの選択肢が増えそうな雰囲気なのは嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください