香港から脱出する人が増加中

昨日、中国全人代で「香港国家安全法」が制定され、先週から今週にかけて当然のようにまた大規模なデモが発生したりしています。これで一国二制度が2047年を待たずに形骸化して香港が現在の国際金融都市としての地位を失うと色々な懸念が取りだたされています。具体的に何が起こるのかは正直よく分かりませんが、リスクに備えて香港から脱出することを考える香港人が増えているようです。

香港から人材流出加速も 国家安全法に懸念 : 日本経済新聞

実際、外国人(わたし)や中国人(妻)が香港で生活するにあたって今イヤなのはデモであり、こういういざこざによって地元民の対中感情が悪くなって形見が狭くなることです。特に香港が娘を育てる環境としては選びたくない状態になっているのは寂しいことではあり、今の状況ではローカルな学校で地元の子供たちといれば親が中国人だからどうのこうのという話がどこかで出てくる可能性は間違いなくあると思います。

香港人までもが香港脱出を考えるこの時期に香港を離れることになったのは完全に偶然の一致でもともと意図していたわけではないですが、結果的に娘の幼稚園入園のタイミングともピッタリである意味ラッキーだなぁと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください