ファーウェイの話

ファーウェイへのUS企業からの輸出禁止令が話題になってます。うちの会社はフランス企業ですがファーウェイと取引があり、しかもUS企業のサービスに関するコンサルをしているため、今後どうなるかは不透明です。ただ聞いた話によると既にUSテック大手の中にもファーウェイへのサービスを止めているところがあるらしく、雲行き怪しい感じです。先週まで普通にサービスを提供していた会社が突然メールも返ってこない状態という話で、話を聞いているともうクレイジーとしか言いようがないです。

ファーウェイに同情する声もある一方で、中国政府はFacebookやGoogleを締め出してるからUSがファーウェイを締め出しても文句は言えないという論理も聞きます。ただ、中国政府がFacebookやGoogleに対してやっているのはある意味不買で、中国でサービスを売らせないだけ。同じようにUS市場から締め出す意味でファーウェイ製品の不買までならまだ分かるとしても、モノやサービスを売るのも禁止するというのは、ただその会社を潰したいという意図以外に説明がつかない気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください