日本での転職情報を収集した結果

興味本位でしたキャリア登録のために日本語の履歴書を書いてみたのですが、登録してからわずか1週間で会社の人事担当者から「合いそうなポジションがあるので、希望する面接日時を教えてください」と連絡が来ました。キャリア登録のページに「情報収集中の方はぜひ」みたいな文言があったので登録したんですが、いきなり採用面接の案内が来てビックリしました。しかもメールにはどのポジションの面接なのかも書いてないという。

ひとまず今は応募する段階ではないので面接は丁重にお断りしました。どのポジションの面接だったのかは情報収集のため教えてもらい、だいぶニッチなポジションでしたが確かにこういうのは合うかもね、とちょっと納得。日本での転職の場合の情報収集のひとつの結果としては、「ニッチなポジションなら日系企業の本社にもポジションはありそう」ということでした。

個人的には人材紹介会社は基本的に広く浅くというか、とりあえず誰でもいいから連絡しといて、ひとまず情報をプールしとこうというモチベーションが高いので、よく人材紹介会社から来る「スカウトメール」とか全く当てにならないと思っています。採用する会社から直接面接来ませんかと言われた方が圧倒的に手応えがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください