中国の入境規制に関する朗報

中国の入境規制に関する朗報です。というか元々出ていた情報に今気がついただけですなんですが。基本的にいま中国は3月26日以前に発行した外国人のビザの効力を停止しているのでビザを持っていても中国に入れないのですが、よく見るとこの発表がなされた翌日の3月27日以降に発行されたビザを持っている外国人は入境できると書いてあります。

 Entry by foreign nationals with visas issued after this announcement will not be affected.

Ministry of Foreign Affairs of the People’s Republic of China National Immigration Administration Announcement on the Temporary Suspension of Entry by Foreign Nationals Holding Valid Chinese Visas or Residence Permits

もちろんビザの申請と発行自体が制限されているので、絶対大丈夫というわけではないのですが、ビザさえ発行されれば中国に入ることは出来ることになります。この部分を知らずに「ビザが出たけど入境できない」という状況を想定してたので、その状況はないことが分かっただけでも朗報です。

あとは深センに移る予定の8月中に隔離政策をPCR検査の結果とか条件付きで緩和するような策が中国から出てくるとベストですが、ここは贅沢は言わず14日間隔離なら隔離でOKと思っています。香港、マカオ、深セン間での入境制限や隔離については7月頭まではひとまず続きますが、噂では条件付きで緩める話も出てきているので、ここに期待したいところです。一方で自分は香港居民ではあるものの深センに渡るときはパスポートで入るので、香港ー深セン間で制限が緩和されたとしても自分が該当するかは微妙ではあります。

香港永久居民になりました

香港のパーマネントIDカードが出来たのでワンチャイに取りに行ってきて、晴れて永久居民となりました。申請したのが6月1日だったので、3週間もかからずにパーマネントIDがもらえました。香港行政のスピード感はすごいです。

2013年に仕事の成り行きで香港の就労ビザを申請した時にはこんなに長くいることになるとは想像してませんでしたが、香港生活の終わりにギリギリ永久居民になれたのも含めて何かの縁かと思います。

パーマネントIDを得るメリットとしては

  • 働くのにビザが要らなくなる
  • 不動産を買うのに税金がかからなくなる
  • 永久居民向けの給付金などの福利を受けられる

ぐらいでしょうか。直近ではコロナ対策の給付金として成人の永久居民向けに10000香港ドル(約14万円)が配られるので、これはもらえそうです。

香港のバカ高い不動産を買うことはないのですが、娘も香港生まれの香港永久居民なので、同じステータスになれたのはよかったです。

香港での無犯罪証明の申請に光

無犯罪証明書で詰み気味の続きです。無犯罪証明申請のために領事館や関係機関からのリクエストレターが必要と言うことで、中国の関係機関に問い合わせてもらったところ、「そんなプロセスは知らない。とにかく書類を揃えて出せ。」という感じで取り付く島もなく。一応同じ国なのに香港のプロセスを中国が全くフォローしないという驚きがありました。

で、次の策として香港の日本領事館にレターを作ってもらえないか聞いてみると、あっさりとOK。で、香港の無犯罪証明書の申請プロセスでは書類が完成しても無犯罪証明書は自分の手元には来ず、リクエストレターの出し手に直接送られるということになっているので、この場合わたしではなく香港の日本領事館に送られます。わたしはビザ申請のために自分の手元に書類が必要なので聞いてみると、これもあっさりと香港の日本領事館でピックアップできますよと。

ちなみに日本から無犯罪証明書を取ってくるとなると超複雑なステップを踏んで2-3ヶ月かかると聞いて完全に詰んだと思っていたので、まさに救いの神。香港の日本領事館をこれほどありがたく思ったことは初めてでした。というわけで、香港で無犯罪証明書が必要なときは日本領事館にリクエストレターをもらうのがベストなようです。

無犯罪証明書で詰み気味

香港の永久居民IDカードの申請が無事に済んだところで、今度は中国の就労ビザの申請です。

必要書類のリストをもらったんですが、難関そうなのが「無犯罪証明書」。過去12ヶ月住んでいた場所での無犯罪証明ということなので香港で申請できるものなのは良いのですが、香港警察のウェブサイトに行ってみると無犯罪証明書の申請のために、領事館や関係機関からのリクエストレターが必要と書いてあります。

The ORIGINAL and a PHOTOCOPY (for each applicant) of a request letter from the relevant Consulate / Immigration Authority / Government Authority, which contains the applicant’s name and clearly indicates that the production of the Certificate is required.

Certificate of No Criminal Conviction – Notes to Applicants in HK | Hong Kong Police Force

そんなレターないぞということで香港の中国ビザセンターに問い合わせるも「分かりません」と言われて、詰み気味です。ビザのサポートをしてくれてる会社に問い合わせているところですが、この証明書をもらったら今度は香港の公証人に証明をもらわないといけないらしく、一筋縄ではいかなそうです。

香港の永住権は肩透かしなぐらい簡単に済んだのですが、中国の就労ビザは予想よりもかなり面倒なことになりそうで、娘の幼稚園が始まる予定の9月に本当に深センに行けるのか微妙な状況になりつつあります。

香港のパーマネントIDが承認されたらしい

香港永久居民IDカード申請してみたのが先週の月曜日、次のステップの連絡が来るまで早くても2週間ぐらいはかかるだろうと見積もっていたら、なんと同じ週の金曜日にもう手紙が届き、招集がかかりました。ネットの情報を見る限りこの手紙を受け取った時点でほぼ永久居民の申請は成功と言って良いらしいので、手紙を受け取ってちょっと興奮しました。それにしても永久居民IDカードという重そうなものの申請から承認まで1週間以下という、このスピード感は香港行政ならでという感じがします。

もともと月末にアポが設定されていたんですが、逸る気持ちを抑えられないのでオンラインで予約日時を変更して、今週早速また湾仔のImmigration Towerに行ってきます。さらにまたもや香港永久居民(パーマネントID)取得の条件と手続方法の記事に書かれていた通り、香港IDカードの変更申請も予約して同日にやってしまうと確実に1回で片付いて良いということで、下記リンクからImmigration Towerのアポと同じ日の2時間後ぐらいで予約をしておきました。申請から6-8週感ほどで永久居民IDカードがもらえるということで、ちょっとワクワクしています。

GovHK: Online Appointment Booking for Identity Cards Application (Registration of Persons Offices)

香港永久居民IDカード申請してみた

香港永久居民IDの申請の書類が揃ったので、さっそくオンラインで申請してみました。なぜかアップロードする書類の書式はPDFではなくJPEG、1ファイルにつき200MB以下、申請書と香港IDカードのスキャン以外のサポート書類は合計4ファイルまでという仕様のため、書式を変更したり複数のファイルを連結したり書類のサイズを小さくしたりするのが面倒でしたが、全てのファイルが揃っていれば申請自体は非常に簡単でした。あとやることは問題がないよう祈るのみ。問題なければImmigration Departmentから手紙で連絡が来て、招集がかかるらしいです。

GovHK: Online Application for Verification of Eligibility for Permanent Identity Card

香港から脱出する人が増加中

昨日、中国全人代で「香港国家安全法」が制定され、先週から今週にかけて当然のようにまた大規模なデモが発生したりしています。これで一国二制度が2047年を待たずに形骸化して香港が現在の国際金融都市としての地位を失うと色々な懸念が取りだたされています。具体的に何が起こるのかは正直よく分かりませんが、リスクに備えて香港から脱出することを考える香港人が増えているようです。

香港から人材流出加速も 国家安全法に懸念 : 日本経済新聞

実際、外国人(わたし)や中国人(妻)が香港で生活するにあたって今イヤなのはデモであり、こういういざこざによって地元民の対中感情が悪くなって形見が狭くなることです。特に香港が娘を育てる環境としては選びたくない状態になっているのは寂しいことではあり、今の状況ではローカルな学校で地元の子供たちといれば親が中国人だからどうのこうのという話がどこかで出てくる可能性は間違いなくあると思います。

香港人までもが香港脱出を考えるこの時期に香港を離れることになったのは完全に偶然の一致でもともと意図していたわけではないですが、結果的に娘の幼稚園入園のタイミングともピッタリである意味ラッキーだなぁと思っています。

過去7年分の香港での納税証明書をもらってきた

永住権申請の準備で納税証明書をもらってきました。

オンライン(eTAX)でも申請したのですが、結果今年の分しか出てこず過去7年分を申請することは出来なそうだったので、香港永久居民(パーマネントID)取得の条件と手続方法という記事に書かれていた通り、湾仔のInland Revenue Departmentに行って過去7年分の納税証明書が欲しいと伝えると、比較的すんなりともらえました。

前の職場にも連絡して雇用証明をもらえたので、あとは今の職場から雇用証明をもらい、申請書に記入すれば必要な書類は揃ったことになります。「永住権」と聞くと重そうな感じがしますが、必要書類は意外と軽い感じがします。ちなみに申請書に「今後も香港を唯一の居住地として考えている」というような旨があり、本当はもうすぐ香港を離れる予定なんですが、まぁこれはどう考えても形式的のものなのでOKだと思います。

来週には全部書類が揃うので、実際に申請をしてみようと思います。

深センの雇用契約

深セン移住に向けて待ちに待っていた今の職場との深センでの雇用契約が大体固まってきました。新しい雇用契約書にサイン次第、必要な書類を揃えて就労ビザ申請という流れになりそうです。コロナウイルスでビザの申請も制限されていますが、ビザのサポートを依頼している会社によると、どうやら就労ビザの申請は出来そうな感じです。

まだ詳細は聞いていませんが、おそらく大学の卒業証書とか身体検査とか色んな書類が必要になるので、次のステップは書類集め。香港での永住権申請の件もあるので、今月来月は色んな書類を集めまくることになりそうです。日本から証明取ってくるとかいう話になると時間もかかるしコロナで移動は出来ないので、香港で完結する書類だといいなぁと願っています。

もうすぐ永久居民

2020年も早いものでもう5月。わたしの香港での最初の就労ビザが発行されたのが2013年5月で、もうすぐ丸7年が経ちます。コロナの影響で動けなくなったのが幸いして、おそらく問題なく永久居民になれるのではないかと思います。将来どれだけ役に立つか分かりませんが、香港生まれの娘と同じステータスになれるし、香港生活のおわりに、このちょっとクレイジーな街でそこそこ頑張ったという証になる意味では良かったと思います。

まだちょっと早いのですが必要な書類など調べ始めてます。下記Immigration Departmentのサイトを見ていると、いくつか7年間の居住を証明する書類がいるようです。Income tax receiptはこのあいだ始めて使ったeTaxのサービスから申請出来たのでとりあえず申請しておきました。あと比較的簡単そうなのはemployment proofでしょうか。必須なのか分かりませんが、前の職場に連絡して証明をもらっておいてもよいかもしれません。ちょっとウェブや他のブログなんかで必要な情報や書類について引き続き調べてみようと思います。

(d) Non-Chinese citizen resident in Hong Kong for not less than 7 years
  • Proof of 7 years continuous ordinary residence in Hong Kong immediately before the date of the application for permanent resident status, such as school documents, employment proof, official receipts, bank statements or income tax receipts
  • Travel document showing entry to Hong Kong and the applicant’s current condition of stay in the HKSAR

Apply for Right of Abode in Hong Kong | Immigration Department