無許可デモと今後の身の振り方

週末は無許可デモと警察の衝突で、土曜日の夜には近所で警察が威嚇のために発砲したりとか、もう大変なことになっているようです。日曜日は必要最低限しか外に出ず、家で丸一日娘と遊んだり、家事をこなしたりしてました。政府は強気のようですが、どういう形で収束していくのか分かりません。デモをする香港人の気持ちはまぁ分からないでもないですが、中国というスーパーパワーに対して香港市民に何が出来るかという点に関してはわたしは全く悲観的です。

一つ思ったのは、これ自分が香港の若者の親だったら気が気じゃないなと。大学生ぐらいの血気盛んな息子とかいたら、もう毎週末が恐ろしいと思います。逆に自分が香港人の若者だったら、たぶん冷めた感じでコツコツ勉強でもしてると思います。自分が大学生の時は政治経済学部にいたこともあって、政治や経済の仕組みについて講義を聞き、関連する本やニュースを読んだりしていて、その時からずっと失望しかしていないというか、ニュースを読むたびに「全然ダメじゃんか」と思った記憶しかありません。

そういうことの積み重ねがあって、日本を離れて早8年になるわけですが、その後も日本の状況は変わらないどころか悪化してます。さらに移住してきた香港も雲行きが怪しい。自分と家族の身は自分で守るしかないという確信をさらに深めています。あと1年ちょっとで永住権は取れるので、そのあとの身の振り方は考えないとなと思います。英語圏か、逆に深センとか中国本土にもう一回住んでみてもいいかなとか妄想しています。

次の移住先

香港がヤバイので次に移住するならどこか、ふんわりと考えてました。日本は仕事さえ見つければある意味いつでも帰れますが、少子高齢化・人口減少で経済はしぼんでいくばかりだし、財政も政治もヤバイし、地震も怖い。ついでに言うと、というかコレが一番大きいかもしれませんが、あの独特のビジネス文化できる自信があまりない。

移民を受け入れて、政治的に安定している国、英語圏となると、アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリア、ニュージランド。あと英語と普通話圏のシンガポール。アメリカは比較的移住するの大変だし治安悪いしトランプが嫌いなのでなし。イギリスは昔住んでいたこともあり親近感はありますがブレクジットで他の選択肢に比べて移民受け入れに積極的ではない。となると残りはカナダ、オーストラリア、ニュージーランドそしてシンガポール。

これらの国にはとても似た「技能移民」の制度があります。年齢、教育水準、英語能力、就業経験などの基準で審査があり、つまりその国にとって有益、来て欲しいと思われれば移住できます。年齢に関しては30代のうちのほうが有利というか、45歳を過ぎるとオーストラリアなんかはそもそも申請できなくなります。各国が必要としているスキルに一致する分野で10年ぐらい仕事の経験がある働き盛りの人たちが主な対象で、香港がこういう状況で技能移民を考える人も多いだろういうことで、こうやって人材は流出していくんだなと思います。香港とシンガポールは中華系だし都市国家で似てる部分が多いので、移住するなら一番自然ではあるんですが、香港と似た雰囲気で代わり映えがしないのと、天候が一年中暑いのがイヤです。

ちなみにカナダとオーストラリアの職業リストはこちら。自分の場合おそらくIT絡みのビジネスアナリストとかコンサルタントならもしかしたら引っかかる可能性はある気がします。どちらの国も知り合いはほぼいないしカナダに至っては行ったことすらないですが、試しに申請してみようかなという気が出てきました。

Federal Skilled Worker Program Eligible Occupations – Canada Immigration and Visa Information

Australia Skilled Occupation List – Australian Visa Bureau

システムが気に食わないなら

このところ日本では参院選があったり、香港では逃亡犯条例のデモや揉め事があったり、政治絡みの話題が多いです。香港で暮らす日本人としては日本、香港どちらの政治にも思うところはあるし、どちらの国・地域も出来る限り暮らしやすい場所であってほしいと願う気持ちはあります。

日本に関して言うと、香港の人たちが切実に要求している民主主義体制があり、投票することで意思を表明出来るのは良いことであるのは間違いない。ただ、投票出来ればそれで社会がよくなるわけではなく、世の中には民主主義体制があっても社会的にうまくいっていない国なんて山ほどあるし、その逆もしかりです。政治体制というのはあくまでシステムであり、そこには常にそれを使う人がいて、常に変化していく環境があります。システムを人や環境に合わせてタイムリーに最適な形に変えられればベストなんでしょうが、そう簡単に変更出来ないのが民主主義というシステムの難しいところです。今社会経済的に比較的うまくいっている国や体制というのは、例えばシンガポールみたいにシステム自体が新しかったり、システムを比較的簡単に変えられたりする国なのかなと思っています。

いち小市民の立場として、自分のいるシステムが気に食わないとしたら、取れる対策は2つ。デモに参加したり投票したりして社会がよくなるのを期待するのが1つ。そして、どのシステムの1部になるか選択することがもう1つ。自分が生まれた国ではないシステムの1部になるということはつまり他の国に移住したり、永住権を取るということ。そしてそれを可能にするのは、その国の人と結婚する以外には、基本的にはその国に「来てほしい」と思われることです。シンガポール含む色んな国でスキル、お金(給料や資産)、年齢、教育水準といった項目が、移住者を受け入れる基準として使われています。わたしは日本を離れてから投票してないですが、どちらも同時に出来ることなので、システムが気に食わない人は両方やってみたらいいんじゃないかと思います。

あと28年

昨日で香港返還からちょうど22年。毎年この日はデモの日になってますが、今年は「逃亡犯条例」の件もあって例年より参加者が多かったそうです。1国2制度が揺らいでいるのは間違いないと思いますが、そもそもこの体制が一応維持できる約束になっているのは残り28年。その後はなにしろ相手は中国政府なので、鶴の一声で何が起きてもおかしくないと言っても過言ではありません。28年後にはもしかしたら中国大陸の各都市が世界最強になっていて、香港なんか別にどうでもいいとなっているかもしれないし、またはその逆もあるかもしれない。つまりどうなるか全然わかりません。

今もう始まっているのかもしれませんが、そのタイミングに向けて移住を計画したり準備をする香港人が増えるのだろうなと思います。政治体制の変化によってなにか不便を被るという場合には、我が家にとっては日本は1つの逃げ道というか選択肢となるわけですが、それがない香港人は香港返還のときに起こったのと同じように英語圏の国とか台湾の永住権を取ろうと考える人も多いと思います。

こういう不透明な状況なので、おそらくアジアに移住を考える外国人も香港よりはシンガポールという流れになるんじゃないかと思いますが、わたしと妻はあと2年で永久居民になるし、今のところ快適なのでとりあえず香港に居座ります。ちなみに28年後にはわたしは生きていれば62歳になりますが、そんなに先のことは不確定要素が多すぎてもう考えてもしょうがないので考えません。

香港のデモと選択肢

週末の3連休はまた深センの妻の実家に行ってました。なので話題になっている過去最大級のデモは見逃しましたが、会社の同僚たちも参加したぐらい関心は高いです。一方で香港人の同僚はデモの成果については「影響はないだろう」と雨傘革命のときと同様の悲観的な見方をしていました。

香港の一国二制度が揺らぐことは我が家にとっても影響があるわけですが、同時にうちは日本人と中国人の夫婦で今のところは永住権もない外国人でもあるという微妙な立場でもあります。わたし個人のレベルで出来ることは、その時々で最良と思われる選択を取って生き残れるように仕事の面ではスキルや経験値を上げておくことと、何かあればいつでも動けるような心理面と財政面の用意をしておくことぐらいかと思っています。

ついでに言うと日本は日本で年金制度が揺らいでいたり、終身雇用が終わったりと最近は先行きの不透明感とか不安感がバリバリ出ているので、もう地球単位で生き残れる道を選べるように頑張ろうと思います。自分のことしか考えてないとか愛国心がないとか言う人もいるかも知れませんが、自分と家族を守るという責任を果たすことが最優先です。

東京から香港に戻ってきました

東京出張から戻ってきました。今回は週末に実家にも顔を出してきたので、普通の出張より長めの滞在でした。久しぶりに大学時代の友達たちとわざわざ大学時代に行っていた焼き鳥屋に行き、1人だったのでゆっくり飲んで喋り倒しました。学生時代に飲んでいた頃から10年以上経っているのは驚きでしたが、いまだにゆるい関係が続いていることは嬉しい限りです。

仕事はけっこうハードだった一方かなり日本を満喫してきたんですが、香港に帰ってくるとそれはそれでホッとします。香港では仕事以外のほぼ全ての時間を妻と娘と過ごしていて、色んな人に会ったりすることもなく生活がある意味とてもシンプルです。1週間ぶりに妻と娘と再会して、普通の生活の有り難みを再確認するという意味でも良い滞在でした。

就労ビザ延長の申請で困ったこと

今の就労ビザが来月で切れるので、延長の申請をしようとしたらちょっと困りました。オンラインで予約して必要書類を提出するプロセスなんですが、Application Reference Numberという現行ビザのラベルに書いてある番号を入力しても「記録と一致しない」とエラーが出て予約できず。メールで問い合わせたところ、数日後に電話番号を送ってきたので電話したら解決しました。

問題は2017年末に転職したときに雇用主の変更の届け出をして、そのときビザのラベルは変更されなかったんですが、実はApplication Reference Numberの記録は変わっていたということでした。おそらく転職の届け出を出して受理されたときに通知をもらっていたんだと思いますが「ビザのラベルはそのまま」と言われたことだけ覚えていて、全く気にしてませんでした。自分が悪いと言えばそれはそうなんですが、不親切だなぁと思いました。電話でIDを確認して正しい番号をもらい、無事にビザ延長の予約できました。

さようなら日本

香港からの脱出を希望している香港の若い人が増えているそうです。この家賃の高騰を見たらイヤになるのは理解出来ます。香港で教育を受けた人は英語出来るし、カナダやオーストラリアといった移住先の国の主要都市にはすでに華僑コミュニティもあるし、言語環境的にも心理的にもハードルが低いと思います。

さようなら香港 移住希望が急増 (グローバルViews)(写真=ロイター) :日本経済新聞

日本も給料は上がらないし、税金は上がるし、年金は減らされるしということで、若い世代を中心に「さようなら日本」となっていてもおかしくない状況だと思いますが、香港人にある上記のような言語や心理面でのアドバンテージが日本人にはなく、言語能力はむしろ弱点だし、なかなかハードルが高くて難しいんだと思います。実際に脱出してみた身としては、これはこれで楽しいですが色々大変なこともあるので、みんなにオススメしたいとは思いません。

あと日本は安い店でもなんでもサービスはいいし清潔だしモノも安いというのは本当です。香港のような物価や家賃の高騰からのプレッシャーはあまりないので、それはそれで平和で良いかもしれません。物価は上がってないけど、税金や社会保険料は上がるので可処分所得が減っていくのは同じですが。