ゴルフ再開

年末年始の帰国中にゴルフクラブを買って持って帰ってきました。

仕事関連ではほぼ全くやってないのですが、たぶん中学生の時ぐらいから父親について行って打ちっぱなしで練習したり高校でゴルフの授業があったり昔からゴルフとは多少の縁があったのですが、2011年に中国に渡ってからはだいぶ疎遠になっていました。たまたま深センの妻の実家の近くにゴルフコースや練習場が近くにあり、これは趣味復活のチャンスということでゴルフを再開しようと思い立ちました。で、今までずっとお古で済ませていたゴルフクラブを人生で初めて購入。結果的にかなり色々買ったので大きな出費になりましたが、20年ぐらい使うつもりで奮発しました。中国で買うよりも値段が安いうえに日本の大きな店に行くと免税で買物出来るし、何よりこれだけラインナップが豊富で試打もさせてくれる日本のゴルフショップに匹敵するクオリティの店は私が知る限り香港・深センにはありません。そもそも香港や深センではゴルフをやる人が少ないので、需要がないのだと思います。

というわけで、早く新しいクラブを試したくてウズウズしています。ちなみに買ったのはミズノのアイアンセットとPINGのウッド。まだアプローチ系とパターはないですが、これは後の楽しみにしておこうと思います。

2019年仕事納め

今日は年内最後の出勤日です。同僚の半分ぐらいヨーロッパ人なので皆すでにクリスマス休みに入っていて、オフィスには数人しか人がいません。ついこの間2019年始まったと思ったら、もう年末。あっという間でした。今年は私生活、仕事両面でこれでもかというぐらい色々ありましたが、無事に年末を迎えられて嬉しいです。何しろ8か月もまともに休んでなかったので、フランス人のボスを見習ってPCは香港のオフィスに置き去りにして、しっかりと大好きな日本の年末の雰囲気を満喫して休もうと思います。

気が早いですが2020年も色々盛りだくさんな予感がしています。深センでの家探しと引越し、夏には娘の幼稚園スタート、仕事の面では珍しい日本での大型案件、勤務地を深センへ完全移行できるかどうか、ついでに香港の永久居民申請。これはほぼ諦めていたんですが来年も香港で税金を納めていれば2020年内にはもしかしたら永久居民になれるかもしれません。来年は東京オリンピックもありますが、フライトとか高騰すると思うのでオリンピックの前か後にまた日本に行こうかなと思っています。

日本ディール

久しぶりにちょっとワクワクする商機が珍しく日本から巡ってきました。最近は深センに異動させてもらったりけっこう無理を聞いてもらってるので恩を返す意味でも、辞められたら絶対に困るという状況を作るためにも是が非でも日本絡みのディールは取りたいところです。そもそもわたしは社内で唯一日本語を喋るレアキャラで代役が見つけにくいので立場が危ないというわけではないんですが、このディールがまとまれば少なくともあと2年ぐらいはレアキャラ需要は安定しそうな感じです。

reward Uをアジアマイルに変換

HK Expressがキャセイパシフィックに買収されたため、HK Expressの独自のポイント制度だったreward Uは廃止されて、アジアマイルに統合されるそうです。廃止にあたって、2019年12月までreward Uをアジアマイルに変換出来るという連絡が来たのでやってみました。このページにアクセスしてログイン後、アジアマイルのアカウント番号を入力するだけでサクッと完了します。両方のアカウントに登録している名前が同じじゃないと変換出来ないみたいです。

わたしは過去5年ぐらい年に1-2回のペースでHK Expressのフライトに乗っていましたが、そもそも安いフライトなのでマイルはほぼ期待してなかったんですが、アジアマイルに変換したら1万マイルぐらいになりました。8 reward U ポイント = 1アジアマイルのレートで高いのか低いのか正確には分からないですが、多分高めのレート設定な気がします。一方でアジアマイルはあっても全然予約できるフライトがなくてあまり使い道がないんですが、まぁ一応もらえるものは貰っておきました。

引越し完了

ここ数週間は深センと香港を行ったり来たりしつつ、香港にいるときは仕事と夜はひたすら1人黙々とモノを片づけて箱詰めしては郵便局に行って深センに送るという生活でしたが、ついに香港の家を引き払いました。最終日は1人では手に負えない大きい家具を義理の弟に手伝ってもらって捨てたりして助かりました。しばらく仕掛かっていた件が終わりスッキリしました。

仕事で引き続き香港に頻繁に来るのは変わらないのですが、6年半ぶりに香港に家がなくなりました。プロテストの影響で香港のホテルは激安になっているので、香港で仕事のときはホテルに泊まっても高い家賃を払うより断然経済的。柔軟に対応してくれている会社にも感謝です。

何かに呼ばれるように

週末を深センで過ごして仕事と引越しのため香港に戻ってきました。早いものでもう引越しも佳境となり、そのタイミングでプロテストの激化でここ最近は過去にない交通機関の死亡具合です。先週から今週にかけては学校も休校になったり大学が標的になったりと、特に子供がいる家族にとっては安心して暮らせる状況ではありません。そして、香港が大きく変わっていくこのタイミングで自分たち家族はこの街から出て行きます。

もちろん引越しや仕事など次の生活リズムが整うまでまだこれからやることが沢山あって大変ですが、いまこの時期に妻と娘が深センで家族に支えられて安心して生活できていることは不幸中の幸いというべきでしょう。外の環境と私生活が同時に大きく動くことになったのは偶然の一致なんですが全く偶然とは思えないほどのタイミングで、きっと神様の思し召しとか運命とかそういう類のようなものなんじゃないかとを感じざるを得ません。不思議なもので多分人生には時々こういう、何かに呼ばれるように物事が動いていくことがあるのだと思います。

断捨離中

引越し業者を使わずに香港から深センへの引越し準備を進めています。IKEAで買ってきたデカい段ボール箱にモノを詰めて、台車に乗せて郵便局に引っ張って行って郵送。これをコツコツと繰り返しています。送るものを選別する基準は厳しめにしたつもりでしたが、想像していた以上の箱の数になりそうです。そして同時に持って行かないモノは売ったり捨てたり、この狭い家のどこにこんなにモノがあったのかと思うくらい異常な量のゴミが出ました。ときどき要らないものは捨てるようにしていても、香港に6年半も住んでいたし、娘を新生児から2歳半まで育てた家なのもあり、相当モノが蓄積してました。大量消費社会にどっぷり浸かっていたなぁと思い知らされ、これからモノを買うときは気をつけようと一瞬思いましたが、深センは全体的に香港よりスペースが広いし、中国はEコマースの国なので香港ではほとんどなかったポチる誘惑に負けそうな気が既にしています。

深センの家賃相場

いま深セン移住準備中で、ひとまず妻の実家にお世話になるのでまだ気は早いんですが、状況が落ち着き次第また家を借りるので深センの家賃相場を調べてました。キレイに改装して家具なども一通り揃えた家を賃貸する「自如」というサービスが流行ってると聞いて見てみたら、福田など都心から地下鉄で2-30分ほどの距離で5000人民元(7万円強)からぐらいの家賃で50平米ぐらいの3人家族が十分住める物件が借りられます。似たような立地・広さの家は香港では軽く4倍はするので、香港がどれだけ狂っているのか改めて実感しました。家賃が比較的低いのに連動して飲食費など全体的な生活コストも低いです。深センが香港より高いのは輸入品とか、関税とか税金が多くかかってるモノぐらいじゃないかと思います。

さようなら香港

国慶節の連休から深センに行っていましたが、ここ3週間はまさに怒涛の日々でした。家族の健康上の問題が発覚して病院に入院となり、妻の実家からのサポートを受けつつ今はなんとか生活できていますが、香港での今まで通りの生活を続けるのは難しいという判断となりました。

というわけで急転直下で香港から深センに移住することにしました。仕事はとりあえずわたしが行ったり来たりすることで職場から了承を得たので、来月末には香港の家は引き払って妻の実家にひとまずお世話になり、落ち着いたところでまた家を探そうと思っています。

6年半も同じ町に住んだのは実家の埼玉の次に長い記録で、永住権までもう少しという状態で終わらざるを得ないのは無念ではありますが、人生というのは思ったようにはいかないものです。残念な一方で、香港の経済的・政治的プレッシャーからひとまず解放されるので、少しほっとしている自分もいます。というわけで、さようなら香港。

国慶節は深センで安心

来週火曜日は国慶節つまり中華人民共和国の建国記念日です。香港では最大規模のプロテストが行われる予定らしく、出かける時は注意が必要との事です。特にそれを見越したわけではないですが、わたしは有給取って休みをつなげて、家族と深センで長い平和な週末を過ごす予定です。思えばわたしが深センに住んでいた2012年には大規模な反日デモがあり、あまり外に出ないようにしてた時期もあったなぁと思い出したりして、「香港よりも深センの方が安全」という日が来るなんて想像してなかったので、ちょっとした隔世の感があります。

最近香港では街中にもプロテスト絡みのチラシが大量に貼られてたりして、不穏な雰囲気を醸し出すエリアに出くわしてヒヤッとしたりします。深センに行くとプロテストに怯えたりチラシにビックリすることなくどこでも子供を連れて自由に行けるので安心します。