香港ローカル幼稚園K1の申請プロセス – 2020/2021版

早いもので来年娘が3歳になり、幼稚園の年少にあたるK1の年齢に。インターも日系もやめてローカル幼稚園に申し込んでみようという方針転換により、申請プロセスを調べていました。複数の幼稚園に申し込めるのですが、全員の子供が幼稚園に行けるよう調整をするため、教育局に登録するプロセスがあります。これは幼稚園の学費補助スキームに乗るためにも必須なので、ちゃんとやっておく必要があります。

教育局のサイトはちょっと情報詰め込みすぎで読みにくいですが、下記ページに申請プロセスの情報がまとまってました。とりあえず教育局が発行するRC(Registration Certificate)を申請するフォームがあったので、記入して提出しようと思います。ちなみにRCは香港ローカルの子供向けで、うちの娘は母親が中国人なので該当しますが、両親とも外国人だと対象外となります。

Admission Arrangements for Nursery (K1) Classes in Kindergartens for the 2020/21 School Year

まだどこの幼稚園に申し込むか決めていませんが、大体今月から10月までぐらいが申し込み期間になっていて、11月に面接、12月20日までに幼稚園から合否の通達という共通のスケジュールが組まれているので、各幼稚園バラバラよりは分かりやすくて良いなと思いました。ちなみに教育局と関係ないインター幼稚園は共通のスケジュールはありませんが、大体申し込みは同じ9-10月、面接が年明けにあって合否判定は春前が多いようです。

香港の幼稚園と学校ランキングサイト「Book of School」

娘をローカル幼稚園に入れようかと思っていて、どこに申し込めばいいのか分からないという話を同僚としていたら、見せてくれたウェブサイトがBook of School。大学とか高校のランキングは見たことありますが、幼稚園や小学校からというのは初めて見ました。同僚曰くランキングが上になればなるほど、親の傾向として比較が大好きで付き合いの面倒くささが上がるということです。

他にも幼稚園のサイトを見ていると、「卒業生はどの小学校に入った」という進学実績が掲載されていたりして、今まで高校から大学の進学実績ぐらいしか見たことがなかったので驚きました。香港の教育は競争が激しいと言いますが、こういうランキングを熱心に作ったり見て比較する大人がいるから競争が激しくなるわけで、環境というのは勝手に出来上がるのではなく、そこに参加する人が作り上げるものなんだなと思いました。

わたしも妻もこういうローカルなランキングやブランドに全く価値を感じないため、どこの誰がどんな基準で作ったかも分からないランキングよりも、自分の基準で判断して選択しようと思います。一方うちは親が日本人と中国人なので香港ローカルな基準を軽視しても、ある意味「外国人だから」で済む話だし、ずっと香港にいるとも限らないのでいいですが、おそらく香港人同士の親だと親戚や友人や同僚などからのピア・プレッシャーが凄いのだろうと想像します。

香港の私立病院の入院費用

娘が生まれて初めて2日間入院して、昨日退院しました。だいぶ元気になって一安心でしたが、退院のときの支払いでビックリしました。1万香港ドル(約14万円)をデポジットとして払っていたので、まぁその中で収まるだろうと思っていたら、請求額は2日合計で1.4万ドル(約19万円)で、追加で4000ドル支払いました。大部分は保険でカバー出来るはずですが、入院したのも大部屋だったのに1日あたり10万ちかくするのかと。

うちの会社はちょっとてきとうなので会社で契約している医療保険はなく、年間予算いくらと決められて個人で保険を選んで買って会社に請求するスタイルです。ちなみに会社が契約する保険は通常従業員のカバーだけで(大手銀行とかだと別ですが)家族は自動的にカバーされず、わたしの場合は妻も働いてないので、予算の中で家族全員分の入院だけカバー出来る保険を買っていたのが幸いしました。外来までカバーする保険は値段が高いので、外来は全額自分で払っています。会社のお金で買う医療保険が自分で選べるのは珍しいと思うので、おそらく普通の香港人は子供の医療保険は自分で買っているのだと思います。

うちの娘は2.5歳にして初めての入院でしたが、特に子供はけっこう簡単に入院するものなので、買っておいた方が良いでしょう。民間民間の保険を買うのも使うのも初めてで、ちゃんと支払ってもらえるまで完全に安心はできませんが、親として香港住民としてちょっとした経験を積んだ1週間でした。

娘が入院しました

昨晩、娘が初めて入院しました。1週間ほど風邪気味で咳をしていて数日前から熱が出ていたんですが、1度医者に見せて熱を下げる薬を飲ませたら下がっていたので様子を見ていたら、薬を飲んでも熱が39度超えのまま下がらなくて心配なので夜8時頃いつも行っている病院に。熱と心拍数が高いのが心配なので一晩入院して様子を見ましょうということに。妻が付き添って、わたしは面会時間終了の10時頃に帰宅。夜中に普段見てくれている先生も来てくれて見てくれたそうです。

今日仕事に行く前の面会時間に様子を見に行ったら熱も下がってだいぶ元気になっていたので、今日中には家に帰れそうな雰囲気でした。喉がけっこうひどい炎症を起こして高熱を出したとのことで、扁桃腺の炎症はわたしも毎年2回ぐらいやるやつなので、こういうのも遺伝するのかなと思いました。とにかく、初めての入院でドタバタしてかなり疲れました。

娘の成長

夏休みで義理の妹が連れて深センに里帰りしていて、先日北京に帰っていったんですが、その見送りに空港まで行ったときの話。娘のいとこにあたる息子(2歳)を連れてきていたので、2週間ほどの滞在のあいだよく一緒に遊んでいてとても仲良くなっていたんですが、空港での別れに娘が号泣してました。わたしはその場にいなかったんですがビデオが送られてきて、このあいだ生まれたと思ったらもう別れを惜しむようになるなんて、いつの間にかどんどん人間らしくなっていきます。なんというか、とにかく可愛いです。

イースター休暇に専業主夫体験

4連休は元々は深センの妻の実家に行こうと思っていたんですが、家族が風邪を引いていて子供に感染ったらイヤだということで香港にいることに。一方で妻は大学院の論文に追われているので、わたしは4日間ほぼ娘の面倒だけをしてました。本当は海とか行きたかったんですが天気も良くなかったんどえ、朝から娘と一緒に近所にある公園、公共のSports Centreの中のプレイエリア、ショッピングモールの(高い)プレイエリアやらを制覇してました。昼食を外で食べさせて、帰ってきてお昼寝タイム。起きたらまた遊ばせたり夕食作ったり洗濯したり。昼寝している2時間ほどがボーっとする唯一の自分の時間でした。ちょっとした専業主夫体験をした4日間。娘と遊ぶのは楽しいけど、これ毎日は正直キツイなと思いました。毎日やってる妻はすごいです。

ついに達成したこと

娘が生まれて以来妻とツーオペでやってきているので子育てのほとんどのタスクは普通にやるんですが、夜の寝かしつけだけは横にいる妻にくっついて「ママがいい」とぐずるので手付かずのまま、基本的に妻に任せていました。ところが、週末に妻が大学の論文の追い込みで遅くまで外にいた夜、2歳2ヶ月にして初めてひとりで夜の寝かしつけに成功しました。ものすごい達成感に浸ると同時に、1人でも何とかなると自信がつきました。

イースターの連休も妻は論文を書かないといけないので、いっそのこと妻の実家に娘と二人で行ってこようかと思うぐらいです。連休は当然幼稚園もないし、4日連続で天気も悪そうだし、ずっと狭い香港の家で遊ばせるのはキツいので、むしろ義理の父母や妹たちの助けを借りたいところです。

ノラネコぐんだん中国語版

友だちに1冊もらって以来かなり気に入っている「ノラネコぐんだん」という絵本のシリーズがあるんですが、銅鑼湾のHysan Placeに入っている本屋でその中国語版を発見しました。繁体字でおそらく台湾版だったんじゃないかと思いますが、定番のノラネコだけでなくペンギンやあひるのシリーズも置いてあってかなりの品揃えでした。日本で買う日本語版と比べて割高だったので買うのはやめましたが、ノラネコぐんだんファンとしてはちょっと欲しくなってしまいました。

ノラネコぐんだん パンこうじょう (コドモエのえほん)

深センで病院に行ってきた

ロンドンから友だちが来ていたので週末深センに会いに行ってきましたが、娘が胃腸炎にかかって前日の夜から吐きまくるという状況で、全く家から出られず。友だちはわざわざ郊外にある妻の実家まで会いに来てくれましたが、後の予定も詰まっていたため1時間ほどしかいられず申し訳ない感じになりました。

深センの病院に行ったんですが、いつ行っても患者の多さに対して医者も看護婦も全く足りてないので、まぁ一言でいってカオスです。一応受付して番号をもらって待つことになってるんですが、まだ呼ばれてない人が勢い余って部屋になだれ込んじゃったり、医者が忙しすぎて助手もいないので、採血など検査をどこでどうするのかちゃんと説明してくれる人がいないので、義理の弟が一緒に行ってくれなかったらかなり混乱してました。

なんとか検査をして薬をもらって飲んだら、一日でだいぶ回復たので良かったです。週末は看病でほぼ潰れ、平日になると元気になるという育児あるあるでした。

Q1おわり

気がついたらもう3月末、2019年もあっという間にQ1が終わってしまいました。最近時間が経つのが早すぎます。仕事の面では昇進はあったものの去年から続いていた客先常駐案件もあったので急激な変化はまだなく、出張もマカオに1回行っただけで結果的にけっこう静かな3ヶ月でした。私生活では娘も大きくなってきて、断乳したせいか昼寝で寝かしつけるのがちょっとラクになったりもしました。

4月からは毎日自分の職場のオフィスに行く生活に9ヶ月ぶりに戻り、仕事の内容も変わっていく予定なので楽しみです。あと、妻の大学院の下半期が終わる5月頭に休暇の予定を決めたので、あと1ヶ月頑張ろうと思います。