就労ビザ延長の申請で困ったこと

今の就労ビザが来月で切れるので、延長の申請をしようとしたらちょっと困りました。オンラインで予約して必要書類を提出するプロセスなんですが、Application Reference Numberという現行ビザのラベルに書いてある番号を入力しても「記録と一致しない」とエラーが出て予約できず。メールで問い合わせたところ、数日後に電話番号を送ってきたので電話したら解決しました。

問題は2017年末に転職したときに雇用主の変更の届け出をして、そのときビザのラベルは変更されなかったんですが、実はApplication Reference Numberの記録は変わっていたということでした。おそらく転職の届け出を出して受理されたときに通知をもらっていたんだと思いますが「ビザのラベルはそのまま」と言われたことだけ覚えていて、全く気にしてませんでした。自分が悪いと言えばそれはそうなんですが、不親切だなぁと思いました。電話でIDを確認して正しい番号をもらい、無事にビザ延長の予約できました。

さようなら日本

香港からの脱出を希望している香港の若い人が増えているそうです。この家賃の高騰を見たらイヤになるのは理解出来ます。香港で教育を受けた人は英語出来るし、カナダやオーストラリアといった移住先の国の主要都市にはすでに華僑コミュニティもあるし、言語環境的にも心理的にもハードルが低いと思います。

さようなら香港 移住希望が急増 (グローバルViews)(写真=ロイター) :日本経済新聞

日本も給料は上がらないし、税金は上がるし、年金は減らされるしということで、若い世代を中心に「さようなら日本」となっていてもおかしくない状況だと思いますが、香港人にある上記のような言語や心理面でのアドバンテージが日本人にはなく、言語能力はむしろ弱点だし、なかなかハードルが高くて難しいんだと思います。実際に脱出してみた身としては、これはこれで楽しいですが色々大変なこともあるので、みんなにオススメしたいとは思いません。

あと日本は安い店でもなんでもサービスはいいし清潔だしモノも安いというのは本当です。香港のような物価や家賃の高騰からのプレッシャーはあまりないので、それはそれで平和で良いかもしれません。物価は上がってないけど、税金や社会保険料は上がるので可処分所得が減っていくのは同じですが。