10年とこれから

2021年も9月。思えば中国に来たのが2011年の8月末だったなあとパスポートのスタンプを見返してみたら、2011年8月26日でした。気づいたらあれから10年も経ってしまいました。

最初の半年は北京語言大学、次の半年は深セン大学で中国語をがっつり学び、2012年夏から前職の日系企業の深セン法人に採用されて初めて海外で働き始めました。それから色々あって2013年途中から香港に異動となり、そこから7年強を思いがけず香港で過ごすことになりました。で、2018年に転職した今の会社の香港法人から深セン法人に異動させてもらい、2020年9月に深センに戻ることに。

思い返してみると日本で新卒で入った会社を辞めて北京に来たときは収入はないし中国語は難しいし仕事の経験も特殊なスキルも大してないし、本当に中国語身に付くのかとか仕事見つかるかなとか、世の中から置いていかれているような気がして不安の多い日々でした。

結果的にはキャリアとしては一応良い方向に転がって、深センの小さなオフィスですがにわかマネージャーとして業務の責任者的なポジションにいるのは運がよかったとしか言いようがありません。香港にいるときはあんまり中国語使わなかったですが、言語が分かるからこそ深センに異動させてもらえたし、結果的にはやっておいてよかったという事になりました。人生どこかで関係なさそうな点と点がつながることがあるとよく言いますが、まさにそんな感じで7年の香港時代を経て色々つながった感じです。

そもそも何故中国に来たのかという最初の部分は、サラリーマンになることを選んだ自分がこの時代を生きていくにあたって自分自身に競争力とか価値がなければ他人に人生をコントロールされてしまうという危機感と、日本という国にすら依存せず海外でも働けるようになりたいという思いでした。日本の大企業の長期雇用は会社への依存を生むし、そもそも文化的に合わないので無理と判断して新卒で外資企業ばかり応募して運良くアメリカ企業の日本法人に入社出来たのを喜ぶのもつかの間、目の当たりにしたのは日本市場全体の凋落。

日本市場が国際的にプレゼンスを失っていたのは聞いてはいたものの、実際に働いている中で市場は多分どうにもならないし、会社に長くいても衰退していく市場の担当では自分が求めていた国際的な競争力とか価値は身につかないという実感がありました。そしてそれは同じ外資日本法人という枠組みで言えば他の会社も似たようなものだろうということも。

そんな危機感から日本を飛び出して10年経った今、自分は確かにちょっと珍しい経験とスキルを持つサラリーマンになり、当初の危機感をある程度は払拭出来てきたと思います。この10年がドラゴンボールの精神と時の部屋での修行期間だったとするならば、これからはセルや魔神ブウとの戦い。つまり、このスキルとか経験を使って何をするのかという事になってくるのかなと思います。まだコレという戦いは決まっていませんが、残りの人生におけるライフワーク的な、ミッション的な、自分にとってのセルや魔人ブウを見つけてみたいという気持ちが芽生えています。

ワクチン接種完了

シノバックワクチン1回目完了から約1ヶ月が経ち、2回目を打ってきました。中国ワクチンは不活化ワクチンということで有効性は低いですが副作用も少ないらしく、2回とも全く副作用はなく普通に過ごせました。

ちなみに中国のワクチン接種状況はなぜか%のデータが見当たらず、合計何回打ったかというデータばかり。現状17億回を超えたということなので1人2回で単純計算すると8.5億人。少なくとも1回摂取した人はおそらく70%は超えているのではないかと思います。わたしの身の回りでもまだ接種してない人の方が少数派になってきている印象です。

一方中国は入国規制や隔離政策を緩める気配はなく、東京オリンピックに参加した選手たちはほぼ全員ワクチンを打ち終わってましたが帰国次第もれなく3週間の隔離期間に入ったというニュースが入ってくるほど例外を許さない徹底ぶりです。

ワクチンを打ち終わったことで隔離がなくなるか短くなれば一時帰国も考えられるところなんですが、まだまだ先が見えません。日本どころか香港 – 本土間の制限も全く変化はなく、一応同じ国にも関わらずもう1年半も移動が制限され続けています。香港消費券も貰えたので行けたら爆買して香港経済に貢献したいところなんですが、有効期限が今年12月末なのであまり期待出来ない状況です。

夏休み突入

娘が幼稚園のK1(年少)の課程を終えて長い夏休みに突入しました。去年9月に深センに移住してきてからもうすぐ1年と思うと一瞬でした。住む環境と学校が同時に変わって最初は娘も適応に時間がかかってたようですが、後半からは完全に慣れて友達も増え、何やら話を聞いていると後半はクラスで結構人気者なようでした。せっかく仲良くなったと思ったらK2でクラス替えですが、今の感じだと慣れるのも早そうだなと思います。すっかり深センの生活に慣れてママ友パパ友も出来て、生活基盤が出来てきた感じがします。

自分は普段会社にいるので娘が夏休みでも正直あまり影響ないですが、娘と妻は朝早起きする必要がなくなるので、私は1人で起きて2人とも寝てる間にするっと家を出ていく日々の始まりです。今年は無理ですが、来年こそは2ヶ月の夏休みを有効活用して日本に行ってしばらく滞在したいなぁと思っています。

鍵を握るのは各国のワクチン接種率、デルタ株の動向と今日ニュースが出たばかりのワクチンパスポート。これは中国含め他の国も検討している事で今年後半から来年にかけて広まっていくことを祈るばかり。中国と日本間でパスポートの対象となるワクチンを広げて欲しいところです。

「ワクチンパスポート」今月26日から申請受け付けへ

ワクチン1回目打ちました

どのワクチン打つか問題はあったものの、いつ香港 – 深セン間のボーダーが開くか分からないし、そもそも中国にいるなら中国製ワクチンを打ってしまった方が中国内での移動と中国入国に関しては少なくともメリットがあるだろうということで、中国製ワクチン打ってきました。打ったのはWHOが緊急使用を認めているシノバックのもの。2回目は4-8週間の間にまた予約して打つよづえす。今のところ副作用とか全くなく、至って普通です。

ちなみにヨーロッパやアメリカでは夏の休暇シーズンを前にお互いに使用を認めているワクチン(つまり欧米製ワクチンのみで中国製は対象外)を打ち終わった人に対して出入国を再開する動きがありますが、WHOはWHOが緊急使用を認めているワクチンは同様に扱われるべきだと訴えています。WHOの影響力がどれだけあるのか不明ですが、この方向に向かってくれると個人的は嬉しいところです。

WHO pushes Western countries to open borders to more travelers

もちろんワクチン接種率が上がって状況が落ち着いてからという前提ですが、日本は中国からのインバウンド需要が大きく経済的な関わりが深いので、いつかは中国製ワクチンを打った人にも国境を解放する方向に舵を切るんじゃないかと希望的観測をしています。

ワクチン事情考察

このあいだ親戚とコロナウイルスのワクチンについて喋っていました。

2021年6月現在アメリカではワクチンの接種率が4割を超えてますが、新規感染者の数はピークからは大分落ち着いたもののまだ毎日1.5 – 2万人います。一方各州もう行動制限などは緩めていて、ほぼコロナ収束に近い雰囲気です。日本はというと最近大規模にワクチン接種が始まったばかりで接種率は10%ちょい、感染者数も減り始めましたがまだ毎日1000人以上という状態です。ただワクチン接種はおそらく今年中には完了するだろうし、感染者数の数字はアメリカなどと同様にワクチン接種が進むにつれ改善していくことがほぼ確実です。

一方の中国。現在8億回以上のワクチンが投与されていて日本よりよっぽど接種率は高く新規感染者数も少ないですが、この間広東省で新規感染者が10-20件ほで出たことを受けて大規模なPCR検査したり、コロナウイルス感染の再拡大に対する警戒は全く緩めていません。

新規感染者は多いのに警戒を解いているアメリカ、感染者少ないのに警戒を解かない中国の違いはどこから来ているのかというと、それはワクチンに対する信頼度の違いかと思います。中国産の不活性ワクチンの有効度は50%とも言われており、全国民が接種を終えてもまだ集団免疫を獲得するに至らない可能性もあります。一方アメリカと欧州のワクチンは90%程度の有効度があるという結果もあり、アメリカやヨーロッパ、そして日本の政府はこの信頼度の高さを背景に制限を緩める方向に進んでいくと思います。

中国製ワクチンは「効果小さい」

今後の展開としてG7でワクチンパスポートについて協議されたというニュースもあったように、欧米製の有効度の高いワクチンを打った国同士で往来が再開したり国境を跨いで移動しやすい環境になっていくと思いますが、問題はそこに中国が入れるのかどうか。個人的に困るシナリオとしては来年あたりに各国でワクチンが打ち終わって制限を緩めるなか中国が取り残されて、いつまで経っても制限を取り払えない状態になることです。

英国、G7首脳会議でワクチンパスポート構築を呼びかけへ

将来的により有効度が高いワクチンが確立されたとしても中国は人口が多いだけに普及するまで時間がかかるし、中国はとにかくコロナへの警戒心が半端ではないので、ちょっと心配です。中国のいわゆる「ゼロコロナ」を目指す対策は初期は完璧に機能しましたが、徹底的に抑え込んだだけに制限を緩めるとなるとどう緩めていいのか分からないという状況になりつつある気がしています。

年男と中国のベテラン

旧正月が近づいてきて町の色々な場所で旧正月の飾りを目にするようになりました。年末年始に日本にいなかったので2021年の干支が何なのか意識してなかったですが、旧正月の飾りを見て今年は牛年だと知りました。3周目の年男です。娘もこのあいだ生まれたと思ったら来月4歳。一番上の甥っ子は高1で16歳とか、時が経つのが早すぎます。

日本で大学を出て働き始めたのがもう13年前とかちょっと信じられません。イギリス留学で初めて日本国外に住んだのが2007年でしたが、そこから14年間のうち11年も国外に住むことになるなんて、そしてそのうち10年が中国になるなんて思ってもみませんでした。こう考えると人生のほぼ3分の1の時間を国外で過ごしていることになります。ちなみに2011年夏に中国に来たので今年の夏で丸10周年。香港を含めるならもう中国のベテランと言っても良いかもしれません。

急遽小旅行に

国慶節と中秋節が一緒になって、盆と正月が一緒にきた状態の中国は8連休です。なんの予定もなかったのですが、義理の妹と旦那が実家に帰るので「暇なら一緒に遊びに来れば」と言われたので急遽明日の夜から2泊3日で行ってきます。広東省の韶关(シャオグアン)市という深センから車で3-4時間ぐらいのところで、温泉や有名な寺があるそうです。実家は田舎の村の中にあるらしく、今まで中国では都市と観光地しか行ったことないので、ちょっと楽しみです。

今年は国境を越えるのが無茶苦茶大変ですが、中国は国境越えることなく色んなところに行けるので、これからしばらくは時間があれば中国の行ったことない場所を巡るのも良いかもしれません。中国は広いので、他にもチベットとか新疆とか成都とか昆明とか、行ってみたい都市は結構いくらでもあります。今まで休暇といえばついつい日本か東南アジアにばっかり行ってましたが、2020年は中国国内旅行のチャンスです。

快適な隔離

あっという間に隔離開始から一週間経過しました。あと残り1週間で晴れて自由の身です。ホテルではなく自宅隔離で仕事もしてるので、ほとんど香港で自宅勤務してるときと変わりないどころか、家が広くて通販が発達してる分ラクなぐらいです。中国の通販は発達していてモノによっては日本のアマゾン並に当日配送とか、夜買ったものが翌日朝届くとかはザラなので、ある意味隔離向きな環境です。

家族3人でホテルの一室に2週間缶詰でずっと出前ばっかり食べてたら相当きつかったと思いますが、キッチンがあって自分で料理出来るのは時間も潰れるし健康だし、越境当日とその翌日以外は普段のペースがほぼ乱れてない快適な隔離生活を送ってます。

中国の就労ビザ申請に暗雲

深センの工作許可証の申請から2週間が経過し、無事に承認されて「工作許可証通知」下りました。通常であればこの通知をもって香港で就労(Z)ビザを申請が出来るという状況になったところで、暗雲が立ち込めてきました。

今コロナで閉まっている香港の中国ビザセンターですが、5月頃に問い合わせたときは「Zビザの申請は今はオススメしないけど、申請しても下りるかわかりませんよ」というぐらいの感じで、とりあえず申請してみようという話だったのですが、閉まってるのでどうすればいいのかメールで問い合わせてみたらこんな回答が。

We don’t accept working (Z) visa application at this moment, if you want to entry China with necessary economic, trade, scientific and technological activities reasons, please provide Invitation letter (PU) from the Foreign Affairs Office, People’s Government of Chinese Province (人民政府外事辦公室), Department of Commerce of Chinese Province (省級商務庁) or Central State-owned Enterprises (中央企業總部) to apply emergency business visa.

ここ数ヶ月で政策が変わったのか、数ヶ月前に問い合わせたときの担当者が適当に答えたのか分かりませんが、今は直接Zビザは申請できず、出来るのは緊急商用ビザ(どうやらMビザ)のみ。この申請のために中国のたいそうな響きの機関からの招待状が必要とのことで、一応ビザのサポートをしている会社に問い合わせたところ、レターの申請は出来るが批准されるかどうかは深センの機関次第のため不透明とのこと。

調べてみると似たような状況で招待状とMビザを取得できた人はいるようで、特別措置としてこの緊急のMビザを越境したあとに現地でZビザに切り替えるプロセスが存在するようです。あとこの招待状が手に入らない場合には、どうやら申請自体はできそうな親族ビザを申請して国境を渡り、深センに着いてからMビザみたいに切り替えられるか聞いてみるとかでしょうか。

Zビザって、取得可能なのか?? | ラオフログ

緊急手配のMビザ、続報 ~6月11日 | 駱駝の蘇州便利手帳

さらにさらに、なんと香港でのビザの申請時にもPCR検査の陰性証明が必要という意味の分からない制限も加わっていました。国境渡るときに必要なのはまだ意味が分かるとして、申請のときに陰性かどうかなんて関係あるのかと。とにかく越境を規制したいのでビザを申請する人が減るように制限を増やしているのだと思います。

というわけで暗雲が立ち込めていますが、もうこの状況ではなるようにしかなりません。出来ることをやって、運に身を任せます。

「外国人来華工作許可証」の申請完了

やっとのことで、中国のWork Permit(正式名称「外国人来華工作許可証」)の申請が完了しました。まだまだ最初のステップに過ぎないのですが、1つ目の申請が完了してちょっとだけホッとしました。これが発行されれば次のステップであるZビザ申請に進めます。香港の中国ビザ申請窓口はまだコロナの影響で閉まってますが。

最近の香港の外出と集団規制が徐々に効いてきて、昨日はコロナの新規感染者数が久しぶりに100人を切りました。第3派の感染拡大のピークは過ぎたと信じたいところです。